パソコンとバイクが好きな男子によるメカニックブログ

バイクパーツ・バイク用品

バイクのサイドバッグでオシャレかつ機能性アップを目指せ!

投稿日:

どうも!チカゲです(^^ゞ

 

冬が終わり暖かい春になりましたが、こうも暖かく晴れた日が続くとバイクに乗りたくなりますよね!

 

僕も、最近は仕事の通勤以外にもバイクに乗る機会が増えたし、恰好も重装備じゃなくなったのですごい気軽に乗れるのが嬉しく感じます(笑)

 

ただ、どうしてもバイク乗る際に考えないといけないのが、荷物の有無です。

 

普段は財布くらいしか持ち歩かないので、ショルダーバッグで荷物は済むのですが、荷物が増えるようなら大変。

 

リュックを背負って荷物を対処したりすると今度は身軽に運転が出来なくなってしまいますよね。

 

そのような時に役立つのが、バイクに取り付けるサイドバッグ。

 

ちょっとした荷物を収納出来る他、突然の雨にも対応できるように雨具を入れたり、どこでも簡単なメンテナンスが出来るように六角レンチといった工具を入れておくなども出来るようになります。

 

バイクの種類にもよりますが、取り付けることでさらに見た目が良くなったりもするので、頻繁にバイクに乗るのであれば取り付けておきたいパーツですよね。

 

実は、まだ僕のバイクにはまだサイドバッグを取り付けていませんが、後々取り付けたいと思っているサイドバッグについて今回は紹介していきたいと思います!

 

是非あなたのバイクにもサイドバッグを取り付けてみましょう!(販促)

 

サイドバッグの取り付けで運転が楽になる!?

まず、サイドバッグがあることで荷物の持ち運び可能な量が増えることは分かりますよね。

 

ちょっとした荷物程度であれば、わざわざショルダーバッグを身に着ける必要も無くなり、全てサイドバッグの中に収納しておくことが出来ます。

 

このことで、バイクの運転で動作を少しでも阻害するものが無くなってかなりリラックスして運転が可能に!

 

僕の場合は、かなりの頻度でショルダーバッグやリュックを背負って運転をしますが、どうしても荷物がある状態での運転は走行中に荷物への意識を向けないといけないので、意外と疲れちゃいます…

 

背負っている時に肩紐がズレてきた時とかイラってしてしまうこともありますし(笑)

 

そういう点でも、何も背負わずに運転できるのは大きいと思いますね!

 

サイドバッグの取り付けは初心者でも比較的簡単に行える

実際に購入したものの自分で取り付けが出来るか不安に思うことありますよね。

 

かく言う僕も同じ気持ちですが、いくつか動画などをチェックしてみたところ、サイドバッグの取り付けの手順はそこまで難しいものではなさそうですね。

  1. リアシートを取り外す
  2. 取り外した部分にサイドバッグを設置(バタつかないように結束バンドでの固定も有り)
  3. リアシートを取り付ける

 

必要工具もリアシートを取り外すのに六角レンチを使うくらいで他には必要なさそうな印象でした。

 

別途で取り付け時にバッグサポートも用意しておくことで、よりしっかりとした固定が可能になりますね。

 

例として、ドラッグスター400のものを貼り付けてますが、車種別にバッグサポートがあるので購入する際は自身の乗っているバイクの車種で探すようにしましょうね。

 

バッグサポートは取り付けるのに絶対必要という訳ではなさそうですが、荷物の重さでバッグ自体が偏ることもあるので、バッグサポートで固定をしておくのが無難でしょう。

 

アメリカンバイクのサイドバッグは選び方に注意が必要

ドラッグスター250に乗っているということで、アメリカンバイクに合いそうなサイドバッグを見ていましたが、実はアメリカンタイプは選ぶ際に注意が必要なことがありました。

 

それは、左右で別々のサイズを用意しておかないとマフラーへの干渉でバッグが損傷してしまうことです。

 

ドラッグスターなどのバイクは2本マフラーである場合があって、構造上1本マフラーの時も高さが高くなっているため、20Lくらいのバッグを左右で購入してしまうと右側が正常に取り付けられないってことですね。

 

そこで、ドラッグスターやハーレーなどのアメリカンバイクは、左右でサイズ違いのバッグを取り付けるのが一般的ですが、実は一体型のバッグで左右で別サイズのバッグもありました!

 

それがDEGNERのダブルサイドバッグです!

Amazonですが、適度な容量にシンプル見た目もあって結構人気があるサイドバッグになります。

 

大半が「ドラッグスター250に取り付けました!」といった内容のレビューになりますが、ナイロン素材でもあるので耐久性はそこそこ期待は出来そうですね。

 

容量も左20Lで右12Lと少なくないので、日帰りツーリングくらいであれば荷物も十分収納できるかと。

 

Amazonレビューには取り付けた後のバイク画像を投稿している人が多かったのですが、やっぱりドラスタにサイドバッグは似合うな~って改めて感じてしまいましたね(笑)

 

実際に僕もこのサイドバッグの購入を視野に入れており、出費が落ち着いたら購入したいと思っています。高い買い物になるけど、決意としては固いですよ!

 

バイクにサイドバッグを取り付けてワンランク上の見た目に!

今回は簡単にですが、バイクに取り付けるサイドバッグについて書いてみました。

 

バイク自体、デフォルトでかっこいいデザインのものがほとんどですけど、アメリカンバイクのようにちょっとカスタムしていくとより見た目がオシャレになったり機能性としても上がったりもします。

 

取り付け自体も基本的に、リアシートを取り外してサイドバッグを取り付けるくらいの工程しかないので初心者でも難しい作業ではないでしょう。

 

その代わり、サイドバッグの費用がリーズナブルという訳ではないので購入する前には事前調査をしっかりと行っておくことをオススメします!

 

当サイトのように誰かのブログでレビューが見つかるはずですので、商品レビューの1つとして購入判断の材料にしてもらえればと思います。

 

では、今回はここまで!

 

僕は、7月に入る頃には購入できるように頑張ります!(目標)

関連記事

当サイトオススメのバイク盗難保険!

ZuttoRideClub

毎年発生するバイクの盗難事件ですが、検挙率17.3%(2018年調べ)と低く、盗まれてしまったら基本的に戻ってはきません

だからこそ、バイクが盗難されてしまった際の被害を最小限に抑える「バイク盗難保険」への加入がオススメされているのです。

数あるバイク盗難保険の中でも「ZuttoRideClub」はバイク本体の盗難に限らず、パーツの盗難や鍵穴へのイタズラといったものでも対応してくれます。

補償内容も充実しながら、ほぼ全ての車種が加入可能なうえに、新車・中古車問わずに加入できる数少ない保険となっているので非常にオススメですよ(*´ω`)

-バイクパーツ・バイク用品
-,

Copyright© 疾走するパソコン君 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.