パソコンとバイクが好きな男子によるメカニックブログ

装備品

電熱グローブがあれば冬のバイクでも全く寒くない!?

どうも!チカゲです。

 

冬本番となってきたこの頃、寒い日が続いています。バイクで走っているとハンドルを握る手が冷え、指先の感覚がなくなったり手が痛くなったりして嫌ですよね。

 

そんな寒い冬に力を発揮する電熱グローブというのをご存知でしょうか?

 

僕が最近頂いたものでもあるんですけど通常のグローブと比べて「暖かさがここまで違うのか!?」って衝撃を受けました(笑)

 

電熱グローブはグローブ内に配線が通っているので電熱効果で手全体を暖めてくれる仕組みになってるので、装着していれば冬にバイクで走ったとしてもかじかむ心配がないということです!

 

そこで今回は、「寒い冬でもへっちゃら!バイクで使える電熱グローブの紹介記事」となります。通常のグローブとは暖かさが全然違うので本格的な寒さで運転中の手が心配なら買っておくことをオススメします!

 

是非、今回の記事を読んで冬バイクも楽しんでください!

 

バイク走行時の指先の冷え対策は主に2種類

指先が冷えてしまうのを防ぐ手段って大きく分けて2種類あります。バイク本体にグリップヒーターやお手軽なハンドルカバーを付けたりする『バイクを弄る手段』と電熱グローブなどの『良いグローブの購入』です。

 

今挙げたグリップヒーターとハンドルカバーのメリット・デメリットについてはこのようになります。

メリット デメリット
グリップヒーター 暖かさは十分!
長時間の使用が可能
配線が必要なので初心者には取り付けが難しい
ハンドルカバー 風をシャットアウトして冷たくならない
付け外しが簡単
見た目がダサくなる
電熱グローブ 冷たい風でもへっちゃらな暖かさ 長時間の使用が厳しい(バッテリー容量からして)
バッテリー分グローブの重さが増す(個人的にあまり気にならない)

 

グリップヒーターは文字通りグリップ部分が暖かくなって手を暖めてくれる優れものです。効果が高く結構人気でもあるので冬場のライダーがお世話になっている方も多いんじゃないでしょうか。

 

しかし、取り付けるには配線などが関わってくるので初心者には難しいです。知識がいりますし、下手したら故障の原因になるんで。基本的にバイク屋にお願いするのが無難ですね。

 

ハンドルカバーは取り付けがしやすいうえに、防風性能は高く防寒対策としてはかなり優秀です。しかしながら、見た目がどうしても落ちてしまうのでカッコよく乗りたいという方には向いていないアイテムでもあります。

 

お金に余裕があればグリップヒーターにすればいいんですけど、工賃などもあるのでお手軽具合からすると電熱グローブがコスパ面で優秀でしょう。充電式なんで使いまわしもできるし比較的安く買ったりもできます。

 

実は電熱グローブはもらいものだった!

冒頭に電熱グローブをもらったということを書きました。ただ、どこでもらったのかというと職場での忘年会の会場です(笑)

 

実はこの記事を書く数日前に職場の忘年会で僕の誕生日プレゼントとして頂いたものなんですよ!

 

ちょうどバイクグローブについて考えていたので実用性のあるものがほんとありがたい(笑)

 

僕の行っている職場がそういう考えの人が多いので良かった良かった…

僕も飾り物よりかは実用的なものの方が嬉しいタイプになるので!

 

それで今回頂いたのがこの電熱グローブです。

 

数回しか着けていませんが、意外と暖かさなど気に入っているんですよね(笑)

 

電熱グローブの効果を体験!!

せっかく頂いたものでもあるので実際に装着です!若干ごつい…かな?

 

手のひら部分には滑り止めがついているのでハンドルをしっかり握ってる時に滑ってしまうことは基本的にないですね。もう1つの特徴としては人差し指でスマホ操作が可能なところです。

 

分厚いので操作が難しいですがタッチする際の角度とか意識すれば意外とサクサクに触ることができました!

 

 

手の甲側には、大きな反射材がついているので夜中の走行でも認識されやすいのが見た目の中でも大きな特徴ですね。ベルトで手首部分のきつさを調整ってところでしょうが、僕の場合はデフォルトでも問題なかったので特に弄らず。

 

手首近くのチャックには暖かさのメインとなるバッテリーを入れるスペースです。コードが出てくるのでバッテリーと接続してチャック部分に収納しておけば、どんどん温かくなるという仕組みです。

 

実際にバッテリーを繋げた状態で着けてバイクを運転しましたけど、暖かかくて指先がかじかむことはありませんでした。

 

また、防風防水でもあるこのグローブを一度バッテリーに繋がずに使用してみましたが、60km/hくらいで走ってもそこまで冷えたりはしなかったので、バッテリーを繋がなくても十分使えるグローブというのが感想です!

 

ただし、ごつさもあるのでクラッチ操作が最初は少し難しいってところです。ちなみに、僕は似たようなごつさで以前も運転していたので支障はそこまで無いです。もうちょっと着けて運転したら感覚が掴めそう!

 

冷え性でも電熱グローブの暖かさを実感!

電熱グローブはグローブ内が徐々に温かくなりますが、僕自身冷え性で手全体が冷たく、両親に「家族の中で一番冷たいんじゃ」って言われた経験があるので実際の走行でどうかなという疑問はあります。

 

普段は通常の手袋を使用している僕ですが、ドラスタに乗っていると風の影響をダイレクトに受けるのもあって「指がちぎれるんじゃ!?」って感覚になったことも数回あるんですよね…(さすがに冬装備としては弱かった)

 

一応、手袋を買い直してみたり手袋を二重にするなどを試してみましたけど、結局長距離を走ると指先の感覚が無くなるという(笑)

 

どうしても通常のグローブだと保温のみとなるので自分の手の暖かさが命です。冷えきった状態だといくらグローブを着けていたとしても効果はないので、一度お湯に浸けたりして手を温めないといけませんからね。

 

その点、電熱グローブなら電気の力でグローブ内の温度を上昇させるので、手が冷えてしまったとしても暖かさを取り戻せるんですよ。

 

この違いってめちゃくちゃでかくないですか!?

 

バイクに乗りたての方とかになるとまだバイク装備が揃っていないと思いますし、手元の防寒が疎かになりがちです。実際に使っている身としては電熱グローブの購入は優先度高めでもいいんではないかなって思えます。

 

他にも、最低限これがあると運転が楽になると思える装備をピックアップしてありますのでまだ装備がほとんどないという方はバイク運転に必要なものを紹介した記事を参考にどうぞ。

合わせて読みたい

 

電熱グローブにも弱点あり!?

今回頂いた電熱グローブはなかなか便利でしたけど、残念ながら完璧というわけではなくて弱点もありました。

 

電熱グローブの弱点!
  • 電源のオンオフがバッテリーの付け外しのみ
  • バッテリーを付けるためグローブが重くなってしまう

 

1つ目の弱点がバッテリーを繋いだ時点でオンになってオフにするためにはバッテリーをケーブルから外すしかないことです。

 

オンオフのスイッチがあれば気になる要素ではないんですがスイッチが無い点はどうしても両手のチャックを開けてケーブルを差したり抜いたりが地味に手間となるのでマイナス要素となります。

 

さらに、ケーブルの抜き忘れがあるとバッテリーが気付いた時には空になってしまう可能性もあるので注意が必要ですね!

 

それと、バッテリーをグローブの中に入れるからバッテリー分重さが増すことを知っておきましょう。若干腕が重くなりますけど、すぐ慣れます!

 

その2点が許容できたら結構使い勝手は良いかなと思います!実際に暖かさを実感すると多少の腕の重さはそこまで重要視することもないですし。

 

手がかじかんで運転できない方がダメですからね(笑)

 

電熱グローブで冬場のバイクが楽になる!

電熱グローブのおかげで今年の冬は乗り切れそうってのが率直な感想です。確かにごつさもあるので最初はクラッチやブレーキを握るのが少し難しいですけど、結局は慣れです。僕も数回運転したらある程度慣れたんで運転しにくくなるというのはそこまでありませんね。

 

慣れたら個人的に問題視する部分はないので快適に運転できるかなってところです。暖かさは何よりも正義です!

 

多少運転が難しく感じるかもしれませんが、ちょっと運転すれば気にする程でもないと思えますのであまり運転のしやすさは重視しなくても大丈夫ですよ。

 

電熱グローブも種類はたくさんあるので今回、僕が紹介した電熱グローブも1つの電熱グローブとして参考にしてもらえればいいかなって思ってます!

 

あなたにピッタリなものもあるはずですので握りやすさや重さもチェックしつつ気に入った物の購入が一番ですよ!暖かくしてバイクに乗れば冬もへっちゃらですので是非、検討してみてはいかがでしょうか。

 

今回紹介した電熱グローブは以下のものでした!

 

 

冬のバイクは寒さとの戦いでもあります。服装を意識することで寒さを気にする必要が無くなりますので、良ければ寒さ対策の参考にどうぞ!

合わせて読みたい

関連記事

当サイトオススメのバイク盗難保険!

ZuttoRideClub

毎年発生するバイクの盗難事件ですが、検挙率17.3%(2018年調べ)と低く、盗まれてしまったら基本的に戻ってはきません

だからこそ、バイクが盗難されてしまった際の被害を最小限に抑える「バイク盗難保険」への加入がオススメされているのです。

数あるバイク盗難保険の中でも「ZuttoRideClub」はバイク本体の盗難に限らず、パーツの盗難や鍵穴へのイタズラといったものでも対応してくれます。

補償内容も充実しながら、ほぼ全ての車種が加入可能なうえに、新車・中古車問わずに加入できる数少ない保険となっているので非常にオススメですよ(*´ω`)

-装備品
-,

Copyright© 疾走するパソコン君 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.