どうも!チカゲです(^^ゞ

 

ドラッグスター250が納車されてから早3週間程経過しましたが、何だかんだ普段の生活でも時間があれば「とりあえずバイクに乗ろうかな」ってことが増えてきました。

 

休みの日に天気が良かったらまずバイクのエンジンONというのが良くありますからね(笑)

 

そんな、日常もバイクで染まりつつある僕ですが、普段バイクに対してやっていることから実燃費についても書いていこうかなと思います。

 

記事内容として愛車であるドラッグスター250のことばかりとなりますので先にご了承ください。ドラッグスターに少しでも興味を持つ人が増えればいいな(笑)

 

 

現時点の自宅でバイク保管状況はまずまず

まずは、走る前の状態ですね。僕の場合は、画像のように自宅の軒下にバイクを置くという形で昔乗っていたフォルツァもここに置いていました。

 

ちなみに手前足元のブロックは、バイクをフォルツァを置くことにしたときに横幅確保のために家族がブロックを敷くのを手伝ってくれたんですよね…

 

ほんと家族には感謝ですよ。

 

現にサイドスタンドをするとブロックがないと置けない状態ですのでめっちゃ役立ってます(笑)

 

話を戻しまして普段はここに置くようにしてるのですが、乗らない時は当然バイクカバーを被せてタイヤチェーンして盗難対策をしています。

 

上の画像に左端にチラッとポストの足が映っていますけど、チェーンを巻くときはポストの足も巻き込むようにした『地球ロック』をするようにしています。地球ロックは防犯対策の一つとなるので試したことない方はお試しあれ!

 

通常のタイヤチェーンの巻き方だと盗難リスクはまだありますからね(ロックされている側を持ち上げて浮かせれば簡単にバイクは動くため)

 

屋外での保管ならバイクカバーは必須レベル!

 

屋外にバイクを置いているとどうしても日差しや埃、雨などの影響を直接受けてしまいます。過去に僕は原付を同じ場所に置いていましたけど何も対策をせずに雨ざらし状態で置いていました。

 

その結果ですけど、雨と日差しの影響でシート部分にまだらな跡がついちゃったんですよね。洗車しても取れないレベルでした。

 

最初のうちはバイクカバーをしていなくてもあまり問題はないですが、こうして長期間となると確実に車体に影響が出てきます。バイクをきれいな状態で長持ちさせるのであれば絶対バイクカバーを被せるようにしましょうね!

 

ちなみにドラッグスター250だとサイズは3Lになります!選ぶ際はサイズ間違いが無いように注意してくださいね。

 

ドラッグスターなら運転後すぐにバイクカバーを被せれる方法がある!?

 

バイクで走った後ってどうしてもマフラー付近やエンジン周りが熱くなってしまいますよね。その状態で耐熱仕様じゃないバイクカバーを被せると溶けてしまいます…

 

僕が購入したバイクカバーも実は耐熱仕様じゃないんですよね。ただ、僕はマフラー部分が冷えるまでそのままにするというのは嫌です。

 

単に忘れてしまう可能性もありますけど突然の雨とかもあるから、できるだけすぐに被せておきたいってのがあるんですよね。

 

そこで僕が普段からバイクの右半分はカバーが当たらないようにずらしてカバーを被せるという方法をとっています。

 

やり方としてはリア部分からカバーを被せていきますが、バイクの右側に立つように被せていくのが重要です。

 

そうすることで、カバーが右側に垂れてもすぐ対応ができるのでカバーがマフラー部分に触れることも減らせます。ハンドル部分にもちゃんと被せて、フロントタイヤまで被せば1段階の完了です。

 

後は、放置している時にマフラー部分に垂れさがらないように右側全体の裾部分を軽く巻いたら完了です。これなら雨が降っても濡れる箇所は最低限まで抑えることができます。

 

僕は会社が借りている駐車場にバイクを停める際も、念の為にカバーを持っていってこのように被せてフロントタイヤにチェーンロックという風にしています。

 

すごい個人的なやり方ですけどドラスタならマフラー部分がストレート状なのでやりやすいですし、これはオススメしたいなって思ってます(笑)

 

ドラッグスターの洗車は現環境じゃなかなか厳しかった

バイク乗りとしてやらないといけないことの一つでもあるバイクの洗車。細かい埃などはバイクカバーをしていても普段の走りとかで徐々に着いてしまうんですよね。

 

それに、ちょっとでも路面が濡れていたら水はねによって車体に泥がついたりするのでこれまた洗車しないと…ってなる。

 

僕もこの記事を書く1週間くらい前に初の洗車をしてみました。走行中に突然のにわか雨があって、ところどころに泥が着いたりしていたのでせっかくならと思って始めたって感じですね。

 

当時の写真になりますが、納車後初となるのでなかなか汚れがついていましたね。ステップ部分にも泥が…

※画像クリックで拡大できます。

 

洗車するのでとりあえず動かしてみたけど、リアのチェーン周りも結構汚れが目立っていました。これはきれいにしてあげないとなってことで洗車スタートです!

 

まずは表面の埃を流すためにシートを除くバイク全体を水で洗い流しながらブラシで軽く擦る。

これだけでも大分汚れは落ちるんですけど、ブラシが入らない箇所とかもあるのでそこは雑巾などで擦って汚れを落としていきます。

しかしながら、スクーターなどとは違ってチェーンやエンジン部分などが完全に出ているのでそれぞれの隙間がどうしてもキレイにできない…

 

悪戦苦闘しながら洗車を進めるもどうしてもエンジン回りがキレイにできなくて今回は断念しました。

手が入らないので割りばしにガーゼでも巻いた懐かしの「松井棒」でも作った方がいいのかなって思いましたね(笑)

 

後は、洗車の仕方も調べないといけないな…

 

20分程の洗車をした後にマイクロファイバーの布で水気をどんどんふき取って一部を除いてキレイにはなったのでとりあえずは満足した結果となりました。

 

MTバイクの洗車もなかなか大変だなと実感(;・∀・)

 

おまけ:ドラッグスターの給油!実燃費は如何ほどに?

また別の日となりますが、ドラッグスター250が2度目の給油をしてきました。せっかくなのでドラッグスター250の実際の燃費も公開しておきます!今後購入を検討している方は参考にどうぞ。

 

・ガソリン給油時の走行距離:235.9km

 

・満タンまで給油した時に入ったガソリンの量:7.46L

 

見てください!

 

ガソリンを満タンに給油してもたった1,022円しかかからないんですよ!(そこじゃない)

 

と、ガソリン代も安く済むこともアピールしたところで今回の走行距離235.9kmに対してガソリンは7.46L入りました。計算してみると約31.6km/Lという答えになりました。

 

カタログスペックとはかけ離れていると感じるかと思いますが、あれは環境をめちゃくちゃ整えての結果になるのでかなり差が出てしまうのは仕方ないところですね。カタログスペックの燃費から-20km/Lくらいするといいかもしれないです。

 

それでもリッター30km/L超えは車も乗っている身としては嬉しい結果ですよ!

 

普段はFitに乗っていますけどあれは18km/Lくらいですからね~

 

どうしても通勤でガソリンが食われてしまうのでガソリン代節約もできるのはありがたいです。

 

バイクの状態は普段からしっかりと見ておこう

最後にですが、今回は僕が普段乗っているドラッグスターの保管方法や洗車、燃費について書いてみました。大切な愛車だからこそ、普段からの保管状況や車体をキレイにしておきたいですよね。

 

まぁドラッグスターはサブ的な感じになりましたが、バイクというのは管理がすごく重要だと学生の頃からバイクに乗っていてすごく実感しています。見た目が悪くなるのもあるけど直接走りにも影響してきますからね。

 

大切なバイクだからこそ無造作にするのではなく、今一度置き方など環境を見直してみてはどうでしょうか。

 

いつまでもバイクを楽しめるのが一番ですからね(*´ω`)

スポンサーリンク