どうも!チカゲです(^^ゞ

 

今回もブログやサイト運営をして収益を出す副業に関係する記事となります!そして、前回はレンタルサーバーについてお話をしましたので、そちらとセットになるドメインについて今回は書いていこうかと思います。

 

ドメインって何?ドメイン取得って言葉を見るけどどういうこと?などなどちょっとした疑問になりそうな点を本記事で解消できれば幸いです(‘◇’)ゞ

 

また、今回はドメイン取得~WordPressインストール完了までの記事となりますので、良ければ参考にしてみてくださいね。

 

前回のサーバー同様に聞きなれない言葉になるから「難しんじゃ?」と感じるでしょうが例を出しながらお話していくのでそこはご安心を!一歩ずつですがサイト運営に関する知識も身に着けていきましょうね!

スポンサーリンク

ドメインというのはネット上の住所

まず、ドメインというのがどういうものか?

 

これは簡単に言うとネット上の住所です。例えば当サイトであればサイトURLが「https://mekadan.com/」になりますけど、ドメインは「mekadan.com」の部分となりますね。

 

レンタルサーバーの契約に加えてドメインの取得と設定をすることで、ブログの元となるWordpressを入れ、記事書いていくことができるんですよ。

 

住所と土地が無い状態でお店を営業するなんてことできませんからね。リアルっぽく考えると意外と納得できるんじゃないでしょうか。

 

ドメインは販売サイトで簡単に取得可能!




ドメインがネットでの住所というのがわかると、サイト運営をするにはドメインを取得しないといけませんよね。

 

しかし、ドメインってどこで取得できるのか?初めてだと全くわかりませんよね。

 

『ドメイン取得』という風に検索をかけても出てきますが、基本的に「ムームードメイン」や「お名前.com」などと呼ばれるサイトで簡単に購入することが可能です。大体のところが購入時の決済方法が以下となっていますね。

 

決済方法
  • コンビニ払い
  • 銀行振り込み
  • クレジットカード決済(オススメ

 

決済はコンビニや銀行振り込みなどですることができますが、オススメはクレジットカードによる決済です。ドメインは年更新になるので更新日がいつだったか?と意外と忘れがちになるからですね。

 

更新日が過ぎてしまうと当然ドメインが凍結されるのでサイトが動かなくなります。運営に直結する問題なので、振り込み忘れが無くなるクレジットカードの自動更新が一番最善策になりますよ。

 

ちなみに、僕の場合はムームードメインで取得したものとなりますが、全体的にどのサイトであってもドメイン取得の手順に差はほとんどありません。

 

ドメイン取得までの大まかな流れ

基本的に付けたい名称が重複していないかチェックし、「.com」や「.jp」、「.org」などといったものと組み合わせて取得するという流れになっています。

 

上画像は「ムームードメイン」でbikeinfoでドメインを取ろうとした場合の状況です。既に「bikeinfo.com」はネット上に存在しているので取得することができませんね。他であれば右横の価格で取得可能ということです。

 

価格例になりますが「.com」であれば1,160円で取得でき、1年の更新価格は1480円となります。それでも月額100円ちょっとと缶ジュース1本分程度になるのでこう聞くとかなり安く感じますよね(笑)

 

 

また、サイトによってはドメインを取得する際にはアカウント作成から行うこともあるので、必要な情報を入力しつつアカウント作成までしちゃいましょう!

 

アカウント作成時の時点で決済方法が指定できたりもするのでクレジットカードをお持ちであれば設定しておくといいですよ。

 

 

ドメインは1年~5年と年単位での契約となります。サイトの運営を辞めるで始めるという方はそもそもいないと思いますが、年数が長いほどトータルの支払いは安くなるのでお財布的に余裕があるのであれば長期的な契約にするといいでしょう。

 

もし、初めてでドメインをどれにしようか迷うのであれば「.com」とかが無難ですので選ぶといいでしょう。慣れてきたら1円で取得できたりする「.work」でサイト作成するといった冒険も面白いでしょう。

 

ドメインはサーバーと合わせて初めて使用できる

ドメインを取得したとしてもそれだけでは使用することができません。契約したサーバーにドメインを追加することで初めて使用することができます。

 

僕自身はムームードメインとXserver(レンタルサーバー)のユーザーとなりますので今回はXserverによるドメイン設定の説明とさせてもらいますね。最低限以下のことをしておけばサイト運営のスタートは切れますよ。

 

やるべきこと一覧
  • ムームードメインにてネームサーバー設定をする
  • Xserverにて取得したドメインの追加設定をする
  • Xserverにて取得したドメインにWordpressをインストールする

 

簡単にですが一つ一つの解説をしていきます。

 

ムームードメインのコントロールパネルからネームサーバーを設定

まずは、Xserverにドメインを設定するのにネームサーバーというのをいじらないといけません。専門的なことなのでやることが大変なんじゃ?と感じるかもしれませんが手順としてはとても簡単です。

 

①.画像のように右上の人物マークのところにマウスを合わせると「コントロールパネル」が出てくるのでクリックします。

 

②.表示されたページのすぐその場に「ドメイン一覧」というのがあるので、取得したドメインをクリックします。

 

③.下へと画面をスクロールすると「ネームサーバー設定変更」があるのでクリックをします。最初にサーバー選択をしますが、「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」を選び、下画像のようにネームサーバー1~5を書き換えて設定完了!

 

「ns1.xserver.jp」←をコピーして数字の部分だけ書き換えると簡単ですよ。キーボード入力が苦手な方はどうぞ!

 

 

以上のやり方でドメイン側の設定は完了です。

 

サーバー側によるドメイン設定

ドメインの設定は取得をしたサイトの他にもサーバー側で行わないといけません。xserverでの設定は以下手順で行うことができます。

 

①.xserverのインフォパネルへとログインをしましょう。IDは「pnd〇〇〇〇〇」でパスワードはxserver側が用意したものとなるのでご注意を。ログイン後はサーバーパネルをクリックします。

 

②.サーバーパネルのページにある「ドメイン設定」をクリックし、「ドメイン設定の追加」タブを選んで取得したドメイン名を入力し、ドメイン追加のボタンを押して確定させます。また、下の2項目のチェックは一応入れておきましょうね。

※サーバー側の設定は以上ですが、ドメイン追加の反映は数時間かかるので反映されるまで一旦放置となります。

 

WordPressのインストールをすることでサイトが完成

ドメインを追加してサーバーへと反映されたら最後にサイトの元となるWordPressのインストールです。

 

①.サーバーパネルページの下にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

②.WordPressのインストール先URLは画像のようにしておけばOK。サイト名を決めて、ユーザ名とパスワードを設定しましょう。

※ユーザ名とパスワードはサイト編集ページのログイン情報となりますので忘れないように控えを残すことが大事です。

 

③.サイトへの必要情報入力が完了したらインストールボタンを押して完了です。こちらも設置までに少し時間がかかるので、またしばらくの放置となります。

 

④.インストール完了後に編集ページへのリンクが表示されるのでお気に入りしておくとスムーズにログインページにいけるのでオススメ。

 

以上で、最低限のサイトスタートまでの設定は完了となります。

 

お疲れさまでした!

 

サイトができれば後はあなた世界を作っていこう!

とりあえず、WordPressのインストールまでお疲れさまでした。簡単なドメインの説明からサイトの設置準備の記事となりましたが、多少なりとも参考になったでしょうか?

 

WordPressがインストールできてログインまですることが出来たのなら無事スタートを切ることができましたね。

 

初めてだとドメイン取得やサーバーでの設定等で躓く方が多いので、一連の作業ができただけでもすごいことですよ(‘ω’)b

 

自分で調べていく力は今後運営していく中で非常に重要になってくるので少しずつ身に着けていってください!

 

それでは、今回は以上です。サイト運営に関しての記事もまた書いていきますので、その時にお会いしましょう。

 

スポンサーリンク