どうも!チカゲです(^^ゞ

 

以前、自賠責保険がどういったものかについての記事を書きましたが、実はコンビニでも自賠責保険の申請をすることができるんですよ!排気量が50cc~250ccまでのバイクで「車検の必要がないバイク」のみが自賠責保険申請できる対象となります。

 

しかし、初めてコンビニで手続きをしようとなるとやり方もよくわからないし失敗するかもしれないから怖いって思いますよね。そこで今回は、コンビニで自賠責保険の申請を行う際の手順などを加えてご紹介していこうかと思います。

 

「近くに郵便局や保険会社がないです!」という方でもコンビニで自賠責保険を更新できるようになればすごく便利なので是非、今後の自賠責保険の更新ための参考にしてみてください。

 

保険について合わせて読みたい記事

 

スポンサーリンク

自賠責保険の更新をコンビニで行うメリットやデメリット

自賠責保険がコンビニで更新できるようになるメリットはすごく大きいですよね。セブンイレブンやファミリーマートとかでも自賠責保険が更新できるので全国どこにいても更新場所には困らないのが最大のメリットです。

 

他にもコンビニであれば24時間受付をしているし、さらに自賠責保険証明書とバイクに貼るステッカーが即日発行されるんですよ!「期限忘れてた!ヤバイ!」ってなったとしてもコンビニに行けばまだ間に合うんですから。

 

反対にデメリットは、最初から最後まで個人で行わないといけないことです。「そんなこと?」って思うでしょうが、もしわからなかったとしてもコンビニ店員が対応できないかもしれないからです。

 

コンビニは多機能過ぎてアルバイトでは理解が追い付いていない可能性は結構ありますからね。コンビニのバイト経験ある自分ですが、賃金が安いだけで仕事内容の種類はかなり広いのが事実。通常の品出しやレジに加えて公共料金の支払いとか宅配便の受取など大変なんです。

 

それなのでマルチコピー機や複合端末の方まで把握しているのってそこそこ慣れた店員とかになりますね(;’∀’)

 

だからこそ事前にやり方を調べておく力も必要になって、操作が苦手な人は郵便局や保険会社で更新する方が無難だと僕は思います

 

後は、支払いが現金のみとなるのでクレジットカード決済ができない点が不便に感じるかもしれません。お金を卸しておくことを忘れずに。

 

コンビニでバイクの自賠責保険更新申請をする

まず、自賠責保険の更新を取り扱っているコンビニは

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

などの大手コンビニエンスストアくらいとなります。以前はサークルKサンクスも更新することができていたんですが、2018年2月28日で終了してしまいました。

 

そうだとしても、セブンやファミマ、ローソンはどれも日本全国に展開されているので必ず見つかると思いますけど地方になるとコンビニでも遠いって可能性はあります。

 

自賠責保険の申請に必要なものを準備

基本的に郵便居などで自賠責保険を申請する際には自賠責保険証明書が必要となりますが、コンビニであれば事前に必要となる情報だけをチェックしておけば書類等を持ち運ぶ必要はありません。

 

住所や電話番号など個人情報も入力しますが、必要となってくるのはバイク車両の情報になるので事前にメモをしておけば確認するための二度手間を防げますよ。

 

メモしておきたいバイクの必要情報
  • バイクの種類と排気量(何cc)
  • ナンバープレート番号
  • 車台番号
  • ナンバープレート交付時の都道府県名

 

最低でもこれだけはメモ書きしておけば、加入期間や開始希望日などはコンビニの店内で考えればいいので問題ありません。あ、年数で支払うお金が当然違うので加入年数も事前に考えておきましょう。

 

コンビニで自賠責保険更新を行う手順

コンビニに入るとコピー機とか複合端末って置いてありますよね。自賠責保険の更新はそういった端末から行うことになります。一応店舗別の名称は以下のようになります。

 

店舗別の使用端末名
  • セブンイレブン:マルチコピー機
  • ファミリーマート:Famiポート
  • ローソン:Loppi

 

また、コンビニによって手順が若干異なったりするのでそれぞれの店舗での手順を簡単にですが紹介しておきます。

セブンイレブンでの申請方法

セブンイレブンで自賠責保険を加入しておくと期限が近づいてきた時に更新通達のハガキが届きます。ハガキにはIDやパスワードが書かれているのでお店のマルチコピー機で更新を行います。

 

初めての加入やハガキが届かない場合だとインターネット予約というのがあり、予約完了後にメールでIDとパスワードが送られてきます。

 

セブンイレブン店内にあるマルチコピー機にて

  1. トップ画面から「保険」⇒「バイク向け保険」をタッチ
  2. 「インターネットで予約登録をされたお客様」を選択してからIDとパスワードを入力
  3. 予約時に入力した内容が表示されるので間違いがないかチェックし「OK」をタッチ
  4. 払込票が出てくるのでレジで支払う(忘れずステッカーなどを受け取る
  5. 再びマルチコピー機に行って「証明書の印刷」をタッチ
  6. 払込票に記載されている証明書印刷番号を入力して「自賠責保険証明書」を印刷

手順としては以上となります。

 

最後の自賠責保険証明書の印刷のし忘れだけは注意してくださいね。また、印刷はレジでの払い込み後60分以内に行わないと印刷できなくなりますよ!

 

ステッカーがあっても証明書がないと違反になるので印刷だけは忘れずにしてください。

 

ファミリーマートでの申請方法

ファミリーマートではファミポートを使用して自賠責保険の申請を行います。セブンイレブンと違い事前に予約をする必要がないのが特徴ですね。その変わり、注意点もあるので手順と一緒に紹介していきます。

 

ファミリーマート店内にあるファミポートにて

  1. ファミポートトップ画面の「代金支払い」をタッチ
  2. 「申込・申請・募金」をタッチ
  3. 「バイク自賠責保険」という項目があるのでタッチ
  4. ガイドに従い必要事項を入力
  5. 入力完了後にFamiポート申込券が発行されるので券を持ってレジにて会計(発行後60分以内まで有効)
  6. 保険料支払い後にレジで『ステッカー自賠責保険証明書自賠責保険のしおり』を受け取る!

ファミリーマートでの手順としては以上です。

 

気を付けてほしいのは支払い後にレジでステッカーと自賠責保険証明書を忘れず受け取ることです。あってはいけないことですけど、お店側も渡すことを忘れてしまうというケースがあるので『レジでステッカーと自賠責保険証明書を受け取ることを忘れない』という点だけは覚えておくといいですよ。

 

ローソンでの申請方法

ローソンでは複合端末である「Loppi」から自賠責保険の申請を行います。ローソンで申請を行うメリットとしては他店舗とは違って次回以降の自賠責保険が簡略化されることです。更新時のはがきに二次元バーコード(QRコード)がついているのでLoppiに読み込ませることで入力が省けるんですよ。

 

ローソン店内にあるLoppiにて

  1. Loppiのトップ画面にある「ほけん」をタッチ
  2. バイクのイラストに「東京海上日動」と書かれた項目をタッチ
  3. 必要項目を入力
  4. 申込券が発行されるのでレジにて支払い(発行後30分以内まで有効)
  5. 支払い後にレジで『ステッカー自賠責保険のしおり自賠責保険証明書』の3つを受け取る

ローソンでの手順としては以上です。

 

ローソンもファミリーマート同様にレジでステッカーなどを受け取ることを忘れないようにしましょう!

 

コンビニでの自賠責保険申請方法を知っておけば忘れてしまっていた場合でもすぐ対応できる

今回はざっとですけど、コンビニ別で自賠責保険の申請の手順について紹介しました。必要な情報を事前に用意しておかないといけませんが、どのお店も基本的に手順としては簡単です。ただし、セブンイレブンのように支払い後に自賠責保険証明書の印刷しないといけないなど「うっかり」忘れてしまう可能性もあるので注意してください。

 

また、バイクの自賠責保険もコンビニでできる世の中になりましたが、いつでもできるから大丈夫と思って更新期間ギリギリまで粘るのはやめましょうね。慌てて申請をすると何かしら間違ってしまうという可能性が高くなるし、受け取るものを受け取っていないなんてこともありますので!

 

いつでも申請はできますが、できるだけ時間に余裕を持って更新や申請をするようにしましょうね。

 

それでは、今回は以上です。ちゃんと自賠責保険を更新して、いらない心配をせずにバイクを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク