どうも!チカゲです(^^ゞ

 

500ccの原付バイクなどに乗っているけど、250ccや400ccなどの中型以降のバイクに乗り換えようかなって考える人は多いかと思います。しかし、排気量が変化するので125cc以下までが加入できる保険のファミリーバイク特約からは抜けないといけなくなります。

 

排気量が50cc⇒250ccとかになるとこれまで使用していた保険からまた新しくしないといけませんよね。「原付時代に何年も使っていた保険の等級って引き継ぐことができないの?」という声もあるけど実際どうなのか?そして、ファミリーバイク特約を抜けて新規で保険を契約しないといけないってなると面倒じゃない?などなど乗り換え時の疑問って意外とあるものです。

 

そこで今回は、等級の引継ぎについて126cc以上のバイク保険を効率良く探す!ということについて書いていきたいと思います。それと、原付⇒普通自動二輪へとアップグレードしたい人向けとなりますが、本記事で解決できれば幸いです!

 

原付と普通バイクで使用する保険は全くの別物!?

まずは、50ccバイク(原付)や125ccバイク(原付二種)で入ることのできるファミリーバイク特約についてから解説しますね。こちらはバイク保険とは違って自動車保険のオプションについてあるものとなります。

 

自動車保険になるので当然自動車を所持していないと付けることはできませんが、バイクの任意保険が月額1000円くらいとかすごく安いですよね。このおかげで原付などの維持費がめちゃくちゃ安く済むってのがありますが。

 

しかしながら、126cc以上のバイクになると自動二輪の保険として新規の契約をする必要があります。すると当然ながら新規契約という形になるので初期の6等級からスタートとなるのです

 

ここまで来ると少し察しが付くかと思いますが、原付とかで使っていた保険の等級ってのは引き継ぐことができないんです!結局のところ保険っていうのは「その保険に何年契約していたか」で等級が決まるのでファミリーバイク特約での保険を乗り換えで等級が引き継げるかってなるとNOとなるんですよね。

 

何度も言ってますが、ファミリーバイク特約は元々自動車保険なので保険種類としては全くの別物です。『バイクはバイクの保険』という認識の方がいいかもしれないです。一応ですが、バイク保険へと新規契約をしておけば次に大型とかへと乗り換えるときとかに保険の等級は引き継げるのでご安心を…

 

ただし、原付の場合でもファミリーバイク特約を使用するのではなく一般的な任意保険に加入していれば、250ccとかのバイクへと乗り換え時に等級も引き継げるので知っておくとお得になりますよ!

 

バイク保険を探すなら保険料の一括見積りが手早くオススメ

当然のことながら、ファミリーバイク特約⇒バイク保険へとなると支払う保険料というのは結構増えてしまいます。月々1,000円ちょっとだったのが新規加入で4,000円とか5,000円になりますからね。

 

できることなら補償内容が充実しつつ安いところになるでしょう。そこで一度試していただきたいのが、3分くらいでできる「保険会社の一括見積り」というものです。新規でしっかり見るのもわかりますが、保険料とかを見積ろうとするといちいち細かい情報まで入力して結果を後日郵送なんてことがありますよね。

 

それを複数サイトでちまちまするのはすごく面倒です。僕もバイクに乗っていた当時、現在契約している保険会社とはまた別3社の保険料がいくらなのか調べたことがありますが、いちいち条件入力をして見積り依頼を出してましたが、まぁめんどくさい(笑)

 

それぞれのページで同じことをするめんどくささを解消してくれるのが「保険会社の一括見積り」ができるサイトですね。1サイトで複数会社から一斉に見積り結果を表示してくれるので楽です。細かい条件があると見積り結果が若干変動したりする可能性がありますが大まかな料金を知りたいって時に利用してみるといいですよ。

 

また、保険料の見積りなので新規でなくても現在使用している保険から乗り換えようと考えている人にも参考になるかと思いますんでちょっと気になったら試してみてもいいんじゃないでしょうか。

 

↓一括で保険の見積りできるサイト

 

また、僕自身が250ccのバイク保険をリアルに見積りしてみた記事もありますので良ければこちらもご一緒にどうぞ!

チカゲのリアル条件の見積り記事

 

原付から普通自動二輪への乗り換えで保険加入は忘れずに!

今回は、原付or原付二種から普通自動二輪や大型二輪への乗り換えをした際の保険等級についてピンポイントでしたが書いてみました。たまたま、こういった疑問を持たれる方を見ましたので本記事でちょっとした疑問解消へと繋がれば幸いです!

 

また、どうしても原付とかと比べて普通自動二輪レベルになると保険料が数倍になります。高いという理由で任意保険に入らず事故をしてしまうというケースもありますが、自賠責保険だけではまず支払いきれるとは思えません。

 

また、自賠責保険って対人のみなのでガードレールや電柱などといった物が絡む事故になると保険が効かず全額自腹となりますからね!物損事故で修繕費として数百万の請求が来た時にあなたは支払うことができますか?

 

事故などのもしもに備えての「保険」なのですからケチらずにキチンと加入しておいて今後もバイクを楽しんでいってくださいね!

 

それじゃ今回は以上で!

また次の記事でお会いしましょう。

自賠責についての関連記事
スポンサーリンク