どうも!チカゲです(^^ゞ

 

250ccバイク400ccバイクって同じ普通自動二輪免許で乗ることができますよね。しかし、実際に購入をしようとした時に排気量はどっちがいいのか悩むってことはあるかと思います。(僕も検討する時にめっちゃ悩んでます(;’∀’))

特に免許とりたての初心者の方はどっちを選べばいいか悩むでしょう。維持費はどれだけかかるのか、値段はどれくらいするのか、大きさはどうなのか、走行性能はどうなのかなど疑問に思うことはたくさんあるかと思います。

 

そこで同じ普通自動二輪免許で乗れる250ccと400ccのバイクの違いはどういう点があるのかをいくつか比較してまとめてみようかと思います。

 

1年間のお金が関係してくる内容でもあるので実際に現在悩んでいる方がいるなら本記事を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

250ccと400ccそれぞれのメリット・デメリットとは?

まず最初に簡単な排気量別でのメリット・デメリットを説明しておきます。はっきりとした違いを知りたかった人向けですね。

 

排気量 メリット デメリット
126cc~250cc
  • 維持費が安く、ランニングのコスパが優秀
  • 高速走行時に車体がガタつく
  • 車体の軽さから横風の影響を受けやすい
  • ダンデム時にパワー不足感あり
251cc~400cc
  • 走行時の安定性が良い
  • ダンデム時のパワー不足は特になし
  • 維持費が高くついてしまう

大きなメリット・デメリットとして挙げるならこれくらいです。まずはこれを頭の片隅にでも置いておいてください。

 

250ccと400ccには3つの違いがある!

先程のメリットデメリットを踏まえて250ccと400ccには違いが3点あります。

250ccと400ccの違い
  • 車検の有無
  • 維持費
  • 車体のサイズ

 

結構ざっくりとした違いですが、以上の3点が主な違いになります。特に車検の有無と維持費というのは知っておいてほしい内容になります。

 

お金が足りなくてバイクを売らないといけないという事態を避けるためにもですね。

 

400cc以上になると車検が必須となる

まずはお金のお話からです。250ccと400ccの一番の違いとして400ccバイクには車検があることです。車検というのは新車購入したときは初回3年以降2年おきにあるバイクの大きなメンテナンスのことです。

 

技師による徹底的なメンテナンスで、基準値以下の消耗パーツは交換が行われます。

 

そして、この車検は交換パーツの種類にもよりますが4万円~10万円かかったりしてきます。これ以上の可能性ももちろんありますが、初回を除いて2年おきにこれだけの費用が必要になんですよ。

 

もし、車検費用が8万かかったと想定した場合、月額換算してみると3,333円もかかります。もし250ccであれば毎月1回飲みができるお金ですね。

 

車検のことを忘れていると整備不良で違法となりますし、車検費用で生活費が…となってしまう可能性もあります。400ccバイクを買うのであれば車検のことを忘れずにしっかりと車検費用分は蓄えておかないといけませんよ。

 

250ccと400ccでは年間の維持費にも違いが出てくる

同じ普通自動二輪という区分ですが、排気量の違いから年間の維持費にも違いというのがあり、バイクの維持費としてかかるお金は以下のようになっています。

 

バイクの維持費
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検代
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • パーツ・メンテナンス代

 

主に8種類がバイクを維持するのにかかるお金になりますね。基本的に400ccは250ccと比べてより費用がかかりますが、大きな違いとして挙げるなら車検代重量税になります。

 

他にも違いというのはありますが、車検代と重量税は分かりやすく表にして説明します。

車検
排気量 車検有無 車検費用
126cc~250cc × 0円
251cc~400cc 40,000円~100,000円

 

重量税
排気量 重量税で必要なお金
126cc~250cc 4,900円(新車購入時に1度だけ)
251cc~
  • 1,900円/年(0年~12年経過バイク)
  • 2,200円/年(13年~17年経過バイク)
  • 2,500円/年(18年以上経過バイク)

 

このように250ccでは車検が無くて、さらに重量税も新車購入時の一度だけしかかかりません。400ccになると車検もあって、さらに重量税も毎年かかります。

ちなみに重量税の支払いは車検時に車検費用として一緒に支払うことになるのでその点はお忘れなく!

 

意外と400ccバイクを乗ろうと思うとお金が必要になってくることがわかりますよね。

 

他にも4月1日にバイクを所持していた際に発生する自動車税にも違いはあります。こちらは毎年必要になってくるお金ですので差額の2,100円も年数が経てばバカにはなりませんね。

排気量 自動車税
126cc~250cc 3,900円
251cc~400cc 6,000円

 

後は、燃費の違いもあるので同じ道路を走ってもガソリン代にも差が出てきます。

 

簡単な例ですけど、僕が現時点で悩んでいるドラッグスター250と400の燃費の違いを比べて見ると以下のように!(画像はカタログスペックのスクリーンショットです!)

 

ドラッグスター400は39km/Lに対してドラッグスター250は51km/Lと12km/Lも違いがあり、250cバイクの方が燃費は圧倒的に高いことがわかりますよね。

 

バイクを維持していく上でもガソリン代はバカにならないので燃費も重要になりますが、その点を踏まえても250ccバイクはランニングのコスパが良すぎるバイクじゃないでしょうか。

 

250ccと400ccでは車体サイズにも違いあり

排気量の違いでボディやエンジンなどのサイズは変化します。先ほどの例で挙げたドラッグスターの250ccと400ccでもう一度比較してみます。(以下画像を参照に)

※ドラッグスターの場合には車体サイズにはほとんど変化がありません

 

左:400cc 右:250cc

エンジンサイズは数値でも見てわかるように400ccの方が内径は大きくなっています。内径というのは横幅と思ってもらってOKなのでこの場合は19.0mm分大きいと言えます。行程というのはピストンのストローク距離となるのでエンジンサイズにはあまり影響はありません。

 

エンジン内部のイメージはこちらの画像をご覧ください。

 

続いてはバイクのタイヤサイズの違いです。こちらも画像での比較となります。

左:400cc 右:250cc

 

少し拡大して色枠で囲ってみました。

見方としては赤丸がタイヤの全幅で緑丸がインチです。前後輪共にサイズとしては大きくなっていますよね。重量が重くなっている分タイヤもよりしっかりしたものを使用してあるということです。

 

ちなみに、タイヤサイズが違うということはタイヤ交換する際のパーツ代も大きい400ccの方が高くなるのでこの点はお忘れなく。

 

しかし、サイズが大きくなると走行時の安定度が増すので風に流されたりすることが250ccよりも減るメリットもあります。

他にも排気量(パワー)が上がることでダンデムした際のパワー不足の心配もないので友達や彼女などを乗せて走りたいなら400ccをオススメします。

 

今後をしっかりと考えた上でバイクの排気量は決めるべし!

今回は、よくある疑問の一つである「250ccバイクと400ccバイクの違いとはどういったことか」についての記事となりました。

250ccと400ccそれぞれ走行可能区間の差はないので一概にどっちがいいとは僕の方から言うことはありません。悩んで選んだ結果であればそれがあなたにとっての正解ですからね。

 

しかし、現在排気量でバイク購入を悩んでいるなら今後のことを一度考えてみるといいでしょう。「バイク買ったならやっぱり遠くへツーリングしに行きたい」とか「街乗りがメインになるだろうな」とかです。

 

個人的な結論としては以下のようになります!

バイク選びの結論!
  • 遠くに行くことが少ないのであれば維持費も比較的安く低燃費の250ccがオススメ!
  • ツーリングがメインになるなら走行の安定性とダンデムの可能性も考えて400ccにするのがオススメ!

 

個人的な意見なのでそこは悪しからずですが、一度バイクの使用用途をしっかりと考えてみると結論は出やすいかと思いますので是非本記事を参考にしてみてもらえれば幸いです。

 

それでは!楽しいバイクライフを…

スポンサーリンク