どうも!チカゲです(^^ゞ

 

カッコよくバイクを乗り越す人の多くが「ライダースジャケット」を着ていますよね。レザー素材が一般的なこともあって丈夫なことから走行時に転倒しても擦り傷はなかったというケースも多いです。

さらに、オシャレという面で外出時にちょっと上に着るだけでもカッコよくなれるので、バイクに乗っていなくても使うことができます。

 

そんなライダースジャケットについてですが、今回はライダースジャケットってどういうものかについてに書いていきたいと思います。

少しでもライダースジャケットについて興味を持ってもらって安全性はもちろんのこと、よりオシャレで快適にバイクを走らせてみてはいかが?

スポンサーリンク

 

バイクでライダースジャケットを着るメリットは安全性の他にもあり!

そもそもライダーがどうしてライダースジャケットを着ているのか?と思います。もちろん、生地が丈夫だから転倒時の擦りむく可能性を減らせるというメリットもありますけどケガ以外にもメリットは3点あります。

ライダースジャケットのメリット
  • 風をシャットアウトするから保温性が高い
  • 水を弾くので突然の雨でも服が濡れる心配がない
  • シンプルでおしゃれなデザインが多い

 

ライダーは身体を露出していることから風や外気の影響をかなり受けます。特に冬場の走行なんてガタガタ震えるレベルになるけど、ライダースジャケットであれば風を防げるので寒さの体感を和らげることが出来ます。

もちろん、インナーはしっかり着ておかないと気温の寒さは防げないので注意です。

 

冬場での走行はダウンジャケットも選択肢に入りますが実際に着て走行するとかなりごついシルエットになるので見た目はあまりいいとは言えませんよね~

 

大学時代に友達に弄られた経験が…

(´・ω・`)

 

レザー系のジャケットとかであればシンプルなデザインでもカッコいいものが多く、バイクに乗らない時でもカッコよくおしゃれに着れるというのもなかなかのメリットじゃないでしょうか。

 

例えば現在Amazonで販売されているお手頃価格なもので例を挙げるとこちらのライダースジャケット!

 

デザインは結構シンプルでかっこいいですよね。使用素材はレザーポリエステルを用いており、防水加工も施されているので突然の雨でも水を弾いてくれるので短時間の雨ならあまり濡れる心配をしなくていいというのはgoodじゃないですか。

 

スタイリッシュな見た目なのでインナーがTシャツやパーカーでも合わせやすく、普段のオシャレとしても着ることが出来るのはメリットだと思います!ついでに温度調整もできますしね。

 

また、襟元にあるボタン式のベルトがジャケットのワンポイントでありつつ風の侵入を防ぐ効果もあるんですよ。

 

また、価格ですが例に挙げたライダースジャケットは元々13,000円近くはします。ところが、現在セールの対象で3,980円(Lサイズ)とお手頃価格で購入が可能です!

 

冬間近になるとこういうジャケットの割引はしていないことも多いので安く購入できる今が買い時かもしれませんね。

 

ライダースジャケットに書かれているシングルとかダブルの違いは何?

ライダースジャケットのメリットは先ほど書いたように、オシャレでありつつ耐久性が高くて雨にも強いというメリットがあります。

しかし、実際にジャケットを選んでいこうとするとシングルダブルといった表記もありますよね。実際にどう違うのかは画像を交えつつ説明していきます。

シングルタイプは初心者でも着回ししやすいオシャレなものが多い

シングルタイプというのは前チャックの部分がシンプルで一直線のものになります。画像の赤枠部分である襟元のボタン止めや防風前立てなどはついていたりいなかったりしますね。

 

春や秋などシーズンにもよりますが、秋や冬といった涼しい時期や寒い時期であるなら防風前立てがあると風もしっかり防げるので使い分けも含めてジャケット選びの参考にしてみてください。

 

そして、バイクに乗っていないときの着方としてチャックをせずに開けて着るのも全然OKです!

 

↓参考画像の商品はこちら

 

ダブルタイプは防風性能が上がっているもののワイルドなタイプが多くてオシャレへのハードルあり


ダブルタイプというのはシングルと違ってファスナーの上部の前立てが二重になっているものとなります。そのためシングルとはまた違った印象でワイルド感が出てきます。

 

バイクに乗る際の性能面では折り返しがある分厚みが増すので保温性がシングルよりも高くなるんですよね。特に胸元などは一番風を受けるので赤枠で囲った分の面積が厚くなるのはかなり大きいです。

 

しかし、バイクに乗っていないときだとオシャレに着るのにカジュアルなものと合わせにくいのもあってファッションセンスが求められます。(僕にはファッションセンスはないので厳しいです…)

 

バイクに乗っていなくてもオシャレに着こなすならDcollectionというサイトで勉強してみるといいかもしれません!バイクから降りたときにもカッコいいオシャレへの参考にもなりますので!

 

↓参考画像の商品はこちら

ライダースジャケットの素材選びはPUレザーがおすすめ!!

ポリエステル素材やレザー素材などライダースジャケットの素材を見ていくといくつか種類があります。その中でもライダーに最適と言えるのがPUレザーという素材です。いわゆるフェイクレザーと呼ばれる人造皮革というものです。

 

本革と比べてのそれぞれメリット・デメリットがありますので簡単にまとめてみますね。

フェイクレザーのメリット
  • 感触は本革に近い
  • 安価に購入が可能
  • 水に強く突然の雨にも耐えれる
  • 本革と違って虫食いの心配がなくてお手入れが簡単

 

フェイクレザーのデメリット
  • 本革に比べて耐久力に難あり

 

以上のようにPUレザーは本革のように使い続けてフィットさせるというものではなくいかに快適に着れるかという点に注目した素材と言えます。

 

何よりライダーとして使うとなると突然の雨が降っても水を弾いてくれることや、お手入れが楽という点で家での保管も気軽にできます。

 

さらに、比較的安価で買えるので「ライダースジャケットってかっこいいから欲しいな」って思ったとしても購入しやすいのもメリットになりますね。

 

若干耐久力に難があるので長期間の使用は厳しいと考えておくといいでしょう。まずはライダースジャケットデビューとして買われてみるのがいいかもしれません。着心地や実際の運転の感じもあるので一度体験してみるといいでしょう。

 

ライダースジャケットを着てよりカッコよく快適にバイクに乗ろう

今回は、バイク乗りの定番装備でもあるライダースジャケットについて書いてみました。これまではダウンとかで済ませていた人も新たにジャケットを着てみてバイクを乗り回してみてはいかがでしょうか。

 

運転時の見た目も良くなり、転倒してもケガを防げる可能性があるのはとても大きいです。ついでにオシャレを気にするのであればTシャツの上にシングルタイプのジャケットを羽織るだけでOKですしね。

 

ライダースジャケットは実用性+オシャレとして1着は持っておくとオススメです(^^♪

 

最後に一つ、素材である本革とPUレザーのどちらとも言えることですが、最初は臭いが少し気になると思います。お手入れをして何度も着ることで少しずつ臭いが薄くなるので最初は我慢というのは覚えておいてください。

 

それでは今後も楽しいバイクライフを!

スポンサーリンク