どうも!チカゲです(^^ゞ

 

突然のタイヤパンクガス欠によるエンストといった走行不能トラブルになっても電話一本で対応してくれるロードサービスにあなたは加入していますか?実はロードサービスと言ってもメーカーが提供していたり任意保険についていたりと種類がいくつかあるんですよ。

どこも同じ内容と思うかもしれませんが、実はサービス内容が異なったりするのでバイクの乗り方次第では利用するときにお財布へ大きく影響することも。

そこで今回は、ロードサービスの比較をしつつあなたに最適なロードサービスが見つかればと思っての記事となります。新しくバイクを購入しようかと思っている方やロードサービス自体を見直そうかと思っている方は是非参考にしてみてください。

バイクのロードサービスを提供している主な会社

現時点でバイクのロードサービスを提供している会社は車と比べると少なくなります。しかし、数が少ないと言ってもサービスのグレードは車と比べて低いということはないので安心してください。それでは、いくつか提供をしているところを紹介していきます。

JAFのロードサービス

車のロードサービスでもおなじみのJAF入会金2,000円年会費4,000円が必要になりますが、「バッテリー上がり」「タイヤのパンク」「キー閉じ込み」などといったよくあるトラブルにもしっかりと対応をしてくれたり、バイクの不調を相談することも可能なことから事故や故障を未然に防ぐこともできるようになります。

他にも、会員特典として遠出時のトラブル対処としてレンタカー屋やホテルの紹介をしてくれるといったサービス付きです。突然の事態になっても安心出来るポイントですね。

無料レッカーによる移送距離が15kmであるため移動距離がそれ以上になると1km/720円が追加料金として発生するのでご注意ください。

JAFのバイクページはこちら

ZuttoRide Clubのロードサービス

バイク盗難保険の最大手であるZuttoRide Clubのロードサービスとなります。普段のバイクの乗り方からレッカーの移送距離別の3プランから選ぶことができ、一番上のプランになるとレッカー移送距離が無制限という他ロードサービスでも珍しい特徴を持っています。

元々バイクに特化した保険会社でもあるので大手のJAFにも劣らずのサービス内容です。また、レッカーによる無料移送距離はZuttoRide Clubの一番安いプランでも50kmであるので非常にコスパの良いサービスじゃないでしょうか。それと、入会費は特にありませんので気軽に入会できる点もいいですね。

 

3プランそれぞれの内容を簡単にしてみると以下のように

プラン 移送距離 年会費
ロード50 50km 5,900円
ロード100 100km 7,900円
ロード無制限 無制限 9,900円

 

デメリットとしてはJAFと比較して若干年会費が高くついてしまうことです。しかし、JAFと違い無料のレッカー距離50kmがとても魅力的でJAFで50km移送した場合、『720円×(50km-15km(無料分))=25200円』と結構高い費用がかかるのでツーリングで遠出を頻繁にする方はZuttoRide Clubのロードサービスに加入しておく方が実質安上がりになる可能性が高いです。

また、ロード無制限加入特典としてタイヤやチューブの交換をしないパンク修理を上限があるものの年一度だけ無料で行ってくれるサービス付きです。

ZuttoRide Clubのホームページはこちら

 

バイクメーカーにも盗難保険のサービス提供を行っているZuttoRide Clubについてより詳しく知りたい方は以下の記事もご一緒にどうぞ

合わせて読みたい

 

任意保険に付帯するロードサービス

任意保険にはロードサービスが自動付帯されているものもあります。自動車用と思われがちですが、バイクにも対応していることが多いので一度加入した際の条件を確認してみるのもありでしょう。

現在、他社と比べても格段に安い保険料と豊富なロードサービスの内容からして任意保険、ロードサービスとしても「チューリッヒのスーパーバイク保険」が一番最適じゃないでしょうか。

無料レッカー移送100kmに加えて遠出でのトラブル発生時に宿泊費や帰宅費用なども限度額無しで補償してくれるという太っ腹具合Σ(・□・;)。他にも修理後に自宅へのバイク輸送も全て補償してくれたりと他の任意保険と比較してもかなり手厚いサービスを受けることができます。

しかし、一応知っておかないといけないこととして無料で受けれるサポートは加入期間中1回のみという点です。2回目からは追加費用となるのでご注意くださいね。

 

ちなみに24歳でブルー免許証のチカゲが新規加入しようとしたら年間約66,000円と新規にもかかわらずかなり安いです。保険の乗り換えを検討されている方がいるなら一度見積りをしてみることをオススメします。

簡単に保険料の見積もりがチューリッヒのスーパーバイク保険はこちら

 

バイクの任意保険も見直したいという方はこちらの記事もご一緒にどうぞ。

合わせて読みたい

 

バイクショップのロードサービス

大手のバイクショップなどになると独自のロードサービスを提供していることがあります。加入条件があるなどして気軽には加入できませんが、1年間年会費無料で2年目以降4,000円~5,000円前後で更新することができるパターンが多いです。

また、レッカーが無制限であるところも多く、サービス内容も濃い点がバイクショップの強みになりますね。

 

例えばメーカーのHONDAは「Honda Dream Owner’s Card」というカードを所持していると自社のロードサービスを受けることが可能です。

レッカーでHONDA DREAMまで無制限で移送してもらえたり、トラブル時の宿泊費(上限:20,000円)や帰宅費用(上限:15,000円)といった上限があるものの負担もしてくれたりとかなり補償はしっかりとしています。(本当、任意保険並なんだよなぁ)

また、miniと呼ばれる125cc以下のバイクが加入できるタイプのものもあって、1年~3年の間、レッカー移送距離が最大200kmまで無料、鍵開けやガス欠(ガソリン代は別)の対応も無料で何度でも受けることができます。

 

Honda Dream Owner’s Cardは年会費(更新費)が3,780円/年と結構お手頃価格です。JAFと比較するとレッカー距離の差がありすぎるのでHONDAユーザーはこちらの方が断然お得です。

しかも、2018年3月以降にHONDAの新車バイク(126cc以上)を購入した人はHonda Dream Owner’s Cardが3年間会費無料という仕様になっています。これだけで3,780(円)×3(年)=11,340(円)もお得になるので今後HONDAのバイクを買おうかと思っている方がいたらロードサービスはHONDAで確定してもいいでしょうね。

Honda Dream Owner’s Cardのホームページはこちら

 

クレジットカード特典のロードサービス

実はクレジットカードを契約する際の特典として、ロードサービスが付帯されることがあります。※年会費無料のカードには付帯していることが少ない

ロードサービスの内容が車のみの場合もありますが、バイクにも対応しているサービスも存在するので今後クレジットカードを作る予定があるなら一度サービス内容をチェックしてみるといいでしょう。

バイク対応のロードサービスになると『CLUB AJカード』とかが有名ですね。50kmの無料レッカーや30分以内の無料軽修理などクレジットカードと言ってもしっかりと対応してもらえます。

しかしながら、ポイント付与率が若干低めという点がデメリットがあるので、ポイントを付けることが目的の使用はあまりおすすめしません。

CLUB AJカードのホームページはこちら

 

ロードサービスに入っていなかった場合のデメリットがものすごく大きい

突然の故障とか普段から整備ができてないからだろ!と考える方も少なくはありません。そこでもし、ロードサービスを受けれる環境じゃなかったらどうなるでしょうか?

一応JAFが非会員の人にも出張サービスを提供しているんですけど、それがまた高い!基本料金として少なくても8,230円が必要でそこからレッカーの移送距離×720円が必要になります。もし、20km移送した場合だと【8,230(円)+720(円)×20(km)=22630(円)】という風になり20,000円以上はお金がかかります。

もし、ロードサービスに加入していたらこれが0円ですからね。ロードサービスに加入しないデメリットは本当に大きいので絶対どこかのロードサービスを受けられる状況にしておくことが大切です。

 

ロードサービスへの加入はもしもの安心感に加えてお財布にも優しい

今回はロードサービスについて見直す記事として書きましたがどうだったでしょうか?事故や故障による走行不能を経験していないとロードサービスの必要性を実感できないと思いますが、バイクに乗るのであれば絶対に加入しておいた方がいいものです。

それと、何も考えずに有名だからJAFにしておこうという考えだと実は損をしているかもしれないってことも伝えられたかなと思います。JAFだけがロードサービスを取り扱っているわけではなく、保険会社やメーカーなど種類はたくさんあります。そのため、もし今後新規でロードサービスを検討するなら任意保険でもいいしクレジットカードでもいいわけです。

しかし、JAFやZuttoRideClubなどのロードサービスと違って任意保険やクレジットカードのロードサービスは種類別に1度のみ対応という点を覚えておきましょう。例えばガス欠を1回してしまうと次回同じガス欠をしたときに対応してもらえなくてJAFを呼ぶしかないということです。

非会員の状態でのJAFを呼ぶとお金も多くかかるので注意してください。

 

新規でロードサービスに加入するなら盗難保険とのセットがあるZuttoRide Clubがオススメ

当サイトではバイクの盗難保険とロードサービスのフルサポートセットを提供しているZuttoRide Clubをオススメしています。バイク盗難被害も2016年調べで1年間に24,304件も盗難が発生している日本です。あなたのバイクもいつ盗まれるかわからないのでロードサービス加入と一緒に盗難対策をしておく方が絶対にいいです。

フルサポートセット特典として全体的に価格が割安になる点で、これは表にしてみたのでチェックしてみてください。※条件は盗難保険5、ロード50にしていますが他条件でも割引額に違いはありません。

 

契約年数 盗難保険5(A) ロード50(B) フルサポートセット(C) 差額(A+B-C)
1年間 4,300円 5,900円 9,000円 1,200円
2年間 8,200円 11,200円 17,100円 2,300円
3年間 12,100円 16,600円 25,300円 3,400円

表データの参照元:https://zuttoride.jp/media/001/201803/zuttorideclub.pdf

 

このように契約年数が長いほど割引額も大きいですし、盗難保険やロードそれぞれの費用も年別で見たらお得になっています。長期的に大切なバイクを守りたいと考えているなら一度ZuttoRide Clubで見積りでもして検討してみてはどうでしょうか。

ZuttoRide Clubのホームページはこちら

 

また、よりZuttoRide Clubを詳しく知りたい方はこちらの記事もご一緒にご覧ください。

合わせて読みたい
スポンサーリンク