どうも!チカゲです(^^ゞ

 

ライダーにとってとても大切なバイクですが、「バイクの盗難保険は入った方がいいのかな…?」って考えたことありませんか?

日本でのバイク盗難被害は発生件数が多く決して他人事ではなく結構身近な出来事になります。そういった中で、「いつか自分のバイクも盗まれてしまうかもしれない」という意識は持つべきでしょう。特に盗難被害での検挙率は20%未満とかなり低く、「盗まれたら諦めるしかない」とまで言われています。

そこで、今回はバイク盗難保険の必要性について書いていこうかと思います。盗難保険の必要性を知り、もしもに備えておくことで被害を最小限にすることができますよ。

スポンサーリンク

一度バイクの盗難被害にあうことを想定してみる

「盗難保険の必要性ってあるのか?」と思う方にはまず、自分の愛車が盗まれてしまったらというのを想定してもらえるといいでしょう。

まず行動することは、警察への被害届を出すことですね。しかし、冒頭でも話したように検挙率は20%未満と低いため、無事に戻ってくるとはまず思えないです。バラバラに解体されてネットで売買されることが多く、パーツ自体も「このパーツだ!」と断定できる特徴がなければ犯人特定も出来ませんし。

当然のことですが、犯人が見つからなければバイクは戻ってこない、またはバイクが見つかっても何かしら修理をしないといけないということも…特に修理費用は自腹になるのでお財布にもダメージが大きいです。

とにかく盗まれてしまった時点で持ち主がだいぶ不利になってしまう状況なのが現状ですね。

 

盗難グッズで対策していてもバイク盗難被害は起きる

バイク盗難を防ぐのに便利なグッズはたくさんありますよね。タイヤチェーンやディスクロック、イモビライザーなどなどありますが、『盗難グッズを使っているから安心』という考えは絶対にやめましょう!

実はバイク盗難とういうのは個人での犯行ではなく集団による犯行が大半です。下見などの準備を行っているので例え対策をしていても盗まれてしまったなんてことがあります。

防犯グッズでタイヤチェーンを使用していたとしてもチェーンカッターがあれば数分もかからずに破壊されることもあります。他にもタイヤチェーンがついた状態で複数人に持ち上げて回収されてしまうなんてこともあります。

 

盗難防止グッズはあくまで防止策であって過信してはいけないということを忘れてはいけないってことになります。「盗難対策をしてもバイクは盗まれてしまうもの」という考えになると「バイク盗難保険への加入は無駄金でしょ」とは言えませんよ。

 

バイク盗難保険への加入によって起こる3つのメリット

バイク盗難保険とういうのはメーカーや販売店などで補償内容が変わってきますが、大体は以下3種類の補償内容となります。

  • 盗難車両が見つからなかった時に同じ車種のバイクを提供or車両価格分の現金を補償
  • 盗難車両が見つかった時にパーツ破損や紛失があったら修理費を補償
  • 盗難未遂で鍵穴へのイタズラの修理費を補償

 

特に一番目の盗難車両が見つからなかった場合の同じバイクの提供、もしくは車両価格分の現金を補償というのは大きいものです。盗難されるとバイクが見つかる可能性はかなり低いことから、オーナーがほぼほぼ泣き寝入りしてしまうという現状です。

また新しくバイクを買い直そうと考えても家計に大打撃は間違いなく、そのままライダーを引退してしまう人もいるでしょう。バイクのローンが残っている状態だとしても払い続けないといけないので余計ショックですしね…

もしもの時での負担を減らすという点でも、バイク盗難保険への加入は強くオススメします!

当サイト一番オススメのバイク盗難保険「ZuttoRide Club」

バイクは盗難防止対策をしていても実際のところ完全に防ぎきることは不可能に近いです。そこで、「いかに被害を減らせるか?」と考えてみるとバイク盗難保険に加入するのがベストと言えます。

しかし、バイク盗難保険と言ってもメーカー保険や販売店での保険など様々な種類があるのでどこへ加入したほうがいいのか迷ってしまいますよね。

メーカーや販売店などの盗難保険を補償内容や保険料などといった点で評価していくと当サイトでは「ZutoRide Club」という保険を一番オススメしています。

オススメポイントとして、基本的にどのメーカーの中古バイクでも加入が可能なことと18種類あるプランの中から自身のバイクに最適な補償を選ぶことが出来ることです。イメージとしては基本的に盗難時に発見されなかった場合にはバイク車体価格の全額を補償してくれるといった感じになります。

また、HONDAなどといった一部のメーカーに対してサービスを提供しているくらい実績は備わった保険と言えますね。

ZuttoRide Clubの詳細やサービス内容などもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もお読みください。

合わせて読みたい

 

バイク盗難の被害を減らしたいならバイク盗難保険に入るべき

最後にですが、バイクというのは常に盗難被害に会う可能性があります。自分のバイクは大丈夫だろうという考えは特に危険です。タイヤチェーンやイモビライザーなどは盗難の”抑止”程度にしかなりませんからね。あなたが普段保管しているバイク環境をもう一度チェックしてみてください。意外とあっさりと盗まれてしまう状況かもしれませんよ?

盗難の可能性を0にすることは出来ないので対策はライダーであるあなた自身が行わないといけないことです。バイク盗難保険に加入しておくことでより多くのお金を支払うということが無くなるので是非とも加入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク