どうも!チカゲです(^^ゞ

 

バイクタイヤにも種類があることは

既にご存知かと思われますが、

その中でもハイグリップタイヤという

タイヤについてはどのくらい

ご存知でしょうか?

 

ハイグリップタイヤと呼ばれるタイヤは

主にサーキットでの走りをメインに作られた

タイヤであり、公道での走行も可能です。

 

そのグリップ力の高さから峠を攻める人に

人気があり、一度体感すると通常タイヤには

戻れないと言われているほど…((((;゚Д゚))))

 

しかしながら、ハイグリップタイヤにも

弱点はありますし、知っておかないと

事故に繋がる可能性もあります。

 

今回はハイグリップタイヤってどういうもの?

という感じでハイグリップタイヤの特徴を

メリット・デメリットを交えつつ書いて

いこうかと思います。

 

ハイグリップタイヤのそれぞれの特徴を

理解することで今後のタイヤ選びの選択肢にも

なりますし、装着後に安全に運転ができるように

なりますよ。

 

バイクタイヤの種類についてはこちらの記事で

説明をしていますので、良ければご覧ください。

バイクタイヤの種類・空気圧・有名メーカーなどについて知って事故を減らそう

 

ハイグリップタイヤの特徴というのは?

冒頭でも簡単に書きましたが、

ハイグリップタイヤの特徴というのは

ソフトコンパウンドを使用しており、

地面との密着度が大きくて

とにかく高いグリップ性能を誇る

タイヤとなっています。

 

そういった特徴を踏まえて

メリット・デメリットについて

書いていきます。

 

ハイグリップタイヤの3つのメリット

ハイグリップタイヤのメリットは

主に3つです。

 

高いグリップ力から速度を出していても

路面をしっかりとつかんでいるので、

深いカーブも曲がることができるし、

ブレーキをかけた時の制動距離通常タイヤと

比べて短い距離となります。

 

そして、デザイン性も通常タイヤとは異なり、

独特のトレッドパターンになっているので

見た目からしても差別化ができます。

 

ここでメリットをまとめておきます。

ハイグリップタイヤのメリット
  • グリップ性能が高くてコーナリングに強い
  • ブレーキをかけた時の制動距離が通常タイヤと比べて短い
  • 独特のトレッドパターンを持っている

 

ハイグリップタイヤの4つのデメリット

しかし、ハイグリップタイヤにも

4つのデメリットがあります。

 

コンパウンド気温に左右されやすく

タイヤを温めるのに多少の技術が必要です。

温まっていないうちはグリップ力も低く

滑りやすいので注意しなければいけませんね。

 

まだ暖かいシーズンならタイヤを温めるのに

苦労はしませんが冬場の気温の低さでは

タイヤを温めにくく絶望的…

 

滑りやすくて時間かかるってなると

ものすごいライディングテクニック

必要になりますからね。

 

そして、グリップ性能が高い分、

タイヤの摩耗が激しいので寿命は短いです。

 

他にも、性能が高い分タイヤ一本の値段も

高いので、頻繁に交換するっていうのは金銭的に

厳しいでしょう。

 

また、ハイグリップタイヤは扁平率が低いものが

多く、厚さが薄くなってしまうのでちょっとした

石などでホイールを傷つけてしまう可能性も

あるので注意が必要です。

 

車体を倒しすぎてホイールに傷が入るってのは

例え転倒にならなくても悲しいことですので

実際に装着して走る際は気を付けましょう!

 

ここでデメリットをまとめておきます。

ハイグリップタイヤのデメリット
  • タイヤを温めるまでグリップが低い
  • タイヤの消耗が激しく寿命が短い
  • タイヤの値段が比較的高め
  • 扁平率が低くホイールを傷つける可能性もある

 

双方挙げてみましたが、ハイグリップタイヤは

メリットもデメリットも大きくあるので、

サーキット走行がメインで場合でなければ

通常タイヤでも十分でしょう。

 

費用もかかりますので、お財布事情と

相談しつつ購入することをおすすめします。

 

ハイグリップタイヤはライディングに慣れてから装着しよう!!

簡単にですが、今回ハイグリップタイヤの

特徴について書いてみました。

 

タイヤが温まればグリップ性能はとても

高いタイヤになりますが、温めるまでの

グリップ力は通常タイヤと比べて低いです。

 

温める方法もバイク初心者がするには

技術的に難しいので、装着するとすれば

運転に慣れた上級者の方と言えます。

 

特に冬場での装着は、気温の低さから

タイヤが温まりにくくハイグリップタイヤは

絶望的とまで言われています。

 

しかしながら、ハイグリップタイヤの

経験者の方によると

冬にハイグリップタイヤを履いて滑ってコケタ、事故ったはテクニック不足

と一部前後を省いていますが、

テクニック次第でどうにかなるとのことです!

 

僕個人としてはテクニックの有無に関わらず

基本的に冬場は通常タイヤにしておく方が

無難ですし、車体を傷つけるリスクも減ります。

 

もし、ハイグリップタイヤを装着される場合は

タイヤの温め方などを練習しておいて

転倒しないよう気を付けてください!

 

コケても自己責任になりますので、

慣れないうちは通常タイヤでテクニックを

鍛えておいてのちのちの履き替えにすると

いいでしょう。

 

 

スポンサーリンク