どうも!チカゲです(^^ゞ

 

バイクって風を切って走る感覚はとても楽しいものですよね!そして、ライダーを守る存在のヘルメットはライダーの方であればいつもお世話になっていることでしょう。

 

ヘルメットにも3種類あり、フルフェイスタイプジェットタイプ半ヘルタイプがありますが、あなたが使っているヘルメットタイプは何になりますか?排気量の大きいバイクになってくると安全性も考えてフルフェイスタイプを使っている人がほとんどで、それだけ何かあったときの頭への防御力は確かなものです。

 

 

そこで、今回はツーリング等の長距離走行でお世話になることが多い「フルフェイスについて」と「3つのおすすめヘルメット」について書いていきたいと思います。

 

「晴れの日=バイク日和」となる今、ツーリングとか行きたいですよね~。ヘルメットを新しくして走行時の安心安全を手に入れて今後のツーリングを楽しんでみてはどうでしょうか。

 

安全性と快適性の両方を兼ね備えたジェットタイプのヘルメットのおすすめを紹介やヘルメット別の特徴についてのヘルメット記事もありますのでよければご一緒にご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

バイク用のフルフェイスヘルメットは他のタイプのヘルメットと比べて一番の安全性!

まず、フルフェイスヘルメットがどういったものかをざっと紹介です。

 

フルフェイスというのは名前の通り顔全体を覆うヘルメットです。口元も覆い、目元のシールド部分が唯一の外気と触れる部分ですね。他のヘルメットと比べて安全性は一番高く転倒の状態にもよりますが顎を擦る可能性もあるのでフルフェイスじゃなければ大怪我に繋がることもあるんです…

 

走行中にガッツリとガードを固めたいならフルフェイスのヘルメット一択ですね!

 

安全性の高いフルフェイスにも実は弱点があった!!

実は安全性の高さが売りであるフルフェイスにも購入をためらう弱点があります。

 

それは、熱がこもりやすくて値段の高い点です。

 

冬などの寒いシーズンでは熱がこもっても暑いと感じることはありませんが、夏場が特に地獄で密着する分、熱が逃げにくく頭だけサウナ状態となってしまうんですよ。

 

通気性に関しては夏場だけでなく冬場にも影響しており、走行中に吐いた息でバイザーが曇ったりするなどなかなかに厄介です。一応現在は、メーカーそれぞれが改良を重ねて弱点克服をしたフルフェイスが登場しています。

 

また、値段の高さに関してはしっかりとしたヘルメットを買おうとすると最低でも3万円以上は必要になりますね。中途半端に安いものを買うと「装着時の付け心地や通気性がなんかなぁ…」と感じてしまうかもしれないですからね。

 

高い買い物になるので購入する際の予算はしっかりと見積もっておくといいでしょう。

 

フルフェイスの弱点を克服するヘルメットが登場している!

蒸れやすいなどの欠点を持っているフルフェイスですがご安心を。ベンチレーションと呼ばれるヘルメット内の空気の通り道があるものが最近のヘルメットではデフォルト設計になっているので、走行中であればベンチレーションの効果で放熱してくれて快適性が増します!

 

しかし、空気の通り道といっても走行中に受ける風の勢いがなければ蒸してきます。それなのでのろのろ運転となる渋滞や停止する信号待ちなどは快適の敵となるのでご注意を。

 

走行中の快適さは確実に良くなるのでフルフェイスの選ぶ点の一つとしてベンチレーション評価も見ておきたいですね。もちろん、値段相応の場合もあるのでそこは予算と相談になりますが!

 

フルフェイスヘルメットのおすすめ3選

ここからは、バイク用のフルフェイスヘルメットの人気商品をご紹介です。

 

国内ブランドや海外ブランドなどから良く売れているヘルメットとなるのであなた自身のヘルメット選びの参考にでもどうぞ!

 

2万円台というお手頃価格でアメリカ人気No.1を取得したICON:Alliance Dark Helmet

世界的な人気を持つ海外ブランド「ICON」のAlliance Dark Helmetはアメリカの顧客満足度でNo.1を取得したこともある人気ヘルメットです。

 

値段が20,000円台でありながら標準でスモークシールドが付いており、シールドの曇り止め処理もしっかりと施されているのが大きな特徴になりますね

 

そして何より、海外製と言っても国内仕様と変わらないくらいの安全性を誇るのでコストパフォーマンスとしてはかなり良いヘルメットになります。

 

また、内部のチークパッドは取り外しが可能で洗うこともでるので清潔感もありますね。

 

低予算でもしっかりとした安全性を考えるなら

Alliance Dark Helmetを選択肢として入れて

みてはいかがでしょうか。

 

消音設計で長時間の運転でも快適にできるYAMAHA:ZENITH

バイクメーカーとしてもお馴染みYAMAHA

グループのフルフェイスヘルメット。

 

消音設計に力を入れた作りによって

風切り音を大幅に減らすことができ、

高速走行時でも静かな走りを

楽しむことができます。

 

スリット幅を広くすることでメガネや

サングラスがスムーズに装着できて

ズレにくい構造に。

 

インナーバイザー付きでもあって

まぶしい中でも快適に走れるうえ、

ベンチレーションは大型エアインテーク

採用しているので空気の取り込み量を増やして

より効率的に放熱ができる仕様になってます。

 

ヘルメットの重心も細かく設計し、

首や肩への負担を減らすようにしているので

長距離ツーリングをする方向けのヘルメット

言えますね!

 

シンプルなデザインながらもスネル規格を取得した安全性能は抜群!ARAI:QUANTUM-J

世界的にも有名なヘルメットメーカーの

ARAIが手掛けるフルフェイス「QUANTUM-J」

で、JIS規格よりも厳しいスネル規格を取得

したモデルでもあります。

 

ARAI独自の「かわす性能」という衝撃の

分散方法を盛り込んでいるので転倒時の

頭への衝撃はかなり軽減することが可能に

なったことで、事故の場合でも頭部は無傷で

済む可能性が高まります。

 

頭全体を包み込むような被り心地

頬への圧迫感もないという快適さに加えて

高速走行でもブレにくいフィット感から

長距離ツーリング向けのヘルメットと言えますね。

 

通気性をよくするためのダクトも多く

ベンチレーション性能はもちろんのこと

インナーダクト6の採用でヘルメット内の

通気性が向上して涼しい気分で走れます。

 

価格は60,000円前後とかなり高級ヘルメット

なりますが、安全性から快適度まで格別の仕様と

なっているのでより安全を意識するのであれば

購入を検討してもいいのではないでしょうか。

 

バイク用ヘルメットだからこそ妥協はしないこと

最後にですが、今回は簡単なフルフェイスの

説明とおすすめ3選という形で記事を書きました。

 

フルフェイス=熱がこもる」というイメージは

最近のベンチレーションがしっかりとした

ヘルメットであれば十分解決したことだと

個人的に思います。

 

値段が比較的高い分、安全性が高くなりますし

何より装着時のフィット具合走行時の爽快感

かなり違ってきます。

 

装備品だからと言って疎かにはしないこと

しっかりと選んでヘルメットを購入してください。

 

そして、安全で楽しくこれからもバイクを

楽しんでくださいね(´▽`)

 

 

スポンサーリンク