どうも!チカゲです(^^ゞ

 

バイク走行って風を切る感覚がとても

楽しくて一度体感したら病みつきに

なりますよね(笑)

 

そして、そんな楽しいバイクを安全に

乗るために必須なものはヘルメットです!

 

万が一の事故で頭を守る唯一の装備品

なるので選び方はとても重要になります。

適当に選んでしまうともしもの時、

大怪我に繋がりますしね。

 

しかし、安全面のみに目を向けてしまうと

快適じゃなくなる可能性もあります。

 

長時間装着するヘルメットは安全面は

もちろんのこと、蒸れる、頭がゴワゴワする

など不快感が無いように適度な快適性も

必要になってきます。

安全性や快適性からして、

ジェットタイプのヘルメットは

安全面も考慮しつつ通気性が良いので

一年中を通して快適に被ることのできる

ヘルメットではないでしょうか。

 

もちろん、ジェットタイプにもデザインが

おしゃれなものからかっこいいもの、

かわいいものなど様々あります。

 

そこで今回は、デザインも多数発売されている

ジェットタイプのおすすめヘルメット4つを

紹介していきたいと思います。

 

新しくバイクに乗ろうかと思っている方、

一番最初のヘルメットはジェットタイプに

してみて風を切る感じを味わってみませんか?

 

そもそものバイク用ヘルメットについて

詳しく知りたいという方はこちらの

ヘルメットについて書いた記事をご覧ください。

バイク用ヘルメットの特徴を種類別に説明【ヘルメット選びに迷うなら】

 

シンプルなデザインながら安全性が非常に良い!SHOEI:FREEDOM

日本で有名なヘルメットブランドの

SHOEIのブランドヘルメットです。

 

SR-FREEDOMのシェル構造をリニューアル

安全性を保ちつつよりコンパクトを実現した

フォルムで、フィット感はもちろんのこと

内側の生地には吸汗性素材を採用しているので

夏場の暑い時期でも運転を快適に楽しむことが

できます。

 

シンプルなデザインですがカラーは

オフホワイト、ブラック、マッドブラックの

3種類から選ぶことができ、価格も

16,000円前後とコストパフォーマンスが

抜群なヘルメットですね。

 

スタイリッシュなデザインに加えインナーサンシェードを搭載したOGK KABUTO:ASAGI

バイク用ヘルメットから自転車用の

ヘルメットまで幅広く販売している

OGK KABUTOブランドです。

 

安全性能はもちろんのことスタイルにも

こだわっており、プロ仕様からお子様仕様まで

幅広く取り扱っています。

 

そんなOGK KABUTOのヘルメットの

一つであるASAGIシリーズは有名ですね。

 

スタイリッシュでかっこいい見た目に

加えてスタビライザーが一体化したフォルム

走行時の首回りがスムーズに行えます。

 

さらに、インナーサンシェードを搭載して

いるのでまぶしい日差しも軽減が可能です。

重さも1.74kgと比較的軽量なのがGood。

 

内側には衝撃吸収ライナーを採用しているので

安全面はもちろんのこと、メガネやサングラスが

スムーズにかけれる形状になっているのが特徴

かなりライダー思いの設計になっています。

 

値段は20,000円前後とコストパフォーマンス

としては良いヘルメットです。

 

サイズが若干小さめという声もあるので

ワンサイズ上を選ぶと良いでしょう。

 

女性の味方!おしゃれなデザインでバリエーションも豊富:スモールジョンヘルメット

スモールジョンから発売された

レディース用のヘルメットになります。

 

デザインにも力を入れたヘルメットで

星や花柄などもあるうえ、全8色と

バリエーションが豊富という

女性ライダー向けのデザインですね。

 

少し前のAmazonのCMで起用された

ヘルメットでもあって一時期注目を

浴びていました。

 

重量は1.0kgと軽く、シールドには

UVカット処理が施されているので

これだけ見ても女性向けに設計された

デザインだなと感じます。

 

サイズは54~57と小さめであるので

購入する際は、サイズの間違いが

無いよう気を付けてください。

 

値段は6,980円とお手頃価格で、

原付の運転に適したヘルメットですね。

 

お手頃なビンテージヘルメットとして有名TT&CO:スーパーマグナム

続いてはハーレーダビッドソンの

ヘルメットとして有名なTT&CO

ヘルメットです。

 

ビンテージ感あふれるデザイン

アメリカンバイクにぴったり!

 

深くかぶった時にヘルメットが

浮いてしまうマッチ棒状態になりにくい

構造でシンプルながらかっこよく決める

ことができます。

 

後頭部にはゴーグルストッパーもついて

いるのでゴーグルを取り付けることも

できて実用的にも十分ありです。

 

公道使用可能の基準を満たしたことにより

若干大きさはありますが、フィット感に

問題はなくビンテージヘルメットの中でも

人気のあるヘルメットです。

 

値段も9,800円と意外と安価

ビンテージものを探している方向けの

ヘルメットになりますね。

 

ジェットタイプのヘルメットは安全性と機能面も大事

今回は4点のジェットタイプヘルメットの

紹介でしたが、いかがだったでしょうか?

 

ヘルメットは安全性はもちろんのことですが

装着時の快適性も結構重要になってきます。

 

ジェットタイプのヘルメットは、

安全性を考慮しつつも快適性に

比重を置いたヘルメットです。

 

お手頃のものから20,000円前後とちょっと

値の張るヘルメットとかも挙げましたが、

値段が高い分快適性はグっと高まります。

 

予算と比べつつですが、もし迷ってしまうなら

高い方を買うのが絶対に良いです。

長期間お世話になるなので、

妥協をするべきではないからです!

 

そして、実際にヘルメットのお世話になる

ことがないよう安全運転でバイクを楽しんで

くださいね(´▽`)

スポンサーリンク