どうも!チカゲです(^^ゞ

あなたは250ccバイクについてどういう印象を持っていますか?

 

高速道路を走ることができるバイク」、「車検が無くて維持費の安いバイク」、「燃費が良くてリッター40km/h以上とか普通」などなどといった感じでしょうか。

 

もちろん、速度制限は自動車と同じで法定速度は60km/h。移動から維持費まで高評価である250ccバイクですが、現在販売されているバイクで一番種類が多いのも250ccバイクになるのです!

 

まずは免許を取ったら250ccバイクという豊富な種類の中から一台選んでそこからバイクに慣れていくのもすごくいいかなって僕は思います。種類が多い分、「これから乗るバイクはどれにしようかな?」と迷ってしまう方も多いので今回は、250ccバイクのメリット・デメリットに加えておすすめ10選!として記事を書いていきます。

 

すでに生産終了しているため中古でしか手に入らないバイクもありますが、当記事をきっかけにあなたが乗ってみたいと思えるバイクを見つけて大切な相棒にしてみませんか?

スポンサーリンク

250ccバイク最大のメリットは維持がしやすいこと

冒頭でも書きましたが、250ccバイクのメリットには維持費が安いことです。車と同様に高速道路やバイパスも走れると考えると年間の維持費なんて車と比べるとものすごく安いんですよ。

 

250ccバイクのメリット
  • 車検無し・重量税も一度のみ
  • 自動車税も軽自動車の1/3程度
  • 低燃費でガソリン代が安上がりになることが多い

 

毎年支払う自動車税ですが軽自動車は現在10,800円するのに対して、250ccであれば3,600円で済みます。車と同じように走れる250ccバイクって実はかなり安く維持ができるんですよね。

 

他にも250ccは燃費がいいです。カタログスペックとはいえ、40km/L~50km/Lくらいで表記をされているものがほとんど。実燃費だとカタログより下がってしまうものの30km/L以上は十分可能と言えます。僕が昔通学で乗っていたフォルツァも燃費35km/Lくらいは余裕だった覚えがあります!

 

燃費でどう変わるのかというと、そのままガソリン代へと直結していくのです。例えば、燃費30km/Lで片道100kmのツーリングをしたとしても、ガソリンが大体7L分あれば行き帰りができる計算です。150円/Lのガソリン7Lで1050円しかかかりません。

 

走る楽しみはそのままで維持費などのコスパ最強な点が250ccのメリットと言えますね。

 

しかし、安いからと言って整備をサボるとバイクの故障の原因となります。突然のパンクやタイヤの溝のすり減りによるスリップとかですね。事故で危ない目にあうのは乗っているあなたなので定期的な整備はしっかりとしましょうね。

 

また、中古バイクで購入する時はバイクの状態などをお店の人としっかりと話しをして選ぶのがポイントです。「見た目はきれいだけど実はオイル交換してなくてエンジン内部がボロボロだった」となるとトラブルの原因にもなるし買ったあなたもショックですし(;’∀’)

 

250ccのデメリットは長時間の運転で疲れやすい

250ccって高速道路も走行できるから結構高スペックだよねと思われがちですけど、デメリットもあるんですよね。

 

250ccバイクのデメリット
  • 車体が軽く、風の影響が受けやすい
  • 100km/hなどの高速走行時に車体がガタガタと揺れる
  • ダンデムが若干不安定になりやすい
  • 古い車種だと燃費が400cc並の場合もある
  • 長距離のツーリングだとパワー不足もあってキツイ

 

デメリットの主は高速道路や長距離時のものになります。それなので街乗りとかがメインであれば上記のデメリットはほとんど気にしなくても大丈夫です。

 

ただし、高速道路や長距離走行を考えているのであれば400cc以上のバイクを選ぶ方がいいかもしれませんね。車体の重さやガタガタ揺れるというのは長時間の走りによる体の疲れに出てきます。

他にも400cc以上のバイクと比較してもパワーの差は結構あります。ツーリングとかになるとパワー不足からスピードが出せず、周りに置いて行かれるなんてことにも繋がりかねないので250ccバイクを選ぶ際はこの点も知っておくといいでしょう。

 

250ccバイクのおすすめ10選

今回紹介するバイクはネイキッドアメリカンビッグスクーターオフロードの中からメーカーやジャンルは問わず選んでいます。今後も更新して追記していく予定です。

町乗りから遠出まで楽々に走ることが可能【Forza】

 

最高出力 22PS/7,500rpm
最大トルク 2.2kgf・m/6,000rpm
重量 201kg

 

街乗りで荷物が増える場面などに活躍すること間違いなしのForza

 

スクーターながら任意でMT走行にすることが可能で右手スロットル部分にあるボタンを操作してギアチェンも行うことが出来るハイスペックバイクでもあります。

 

最高出力は22PSとビッグスクーターの中では高い方で高速域も問題なく走行することはできます。ただし、加速面ではMTバイクと比べて遅く感じることはあります。日常の街乗りで使う分には気にすることではありませんが。

 

また、若干取り回しが重いという点はあるものの走行時は比較的ハンドリングが良好です。

 

シート下には63Lもの収納スペースがあり、買い物をした際にも荷物の収納には全然困りません。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

中低速域のパフォーマンスは250ccビクスクの中で一番!【マジェスティ】

最高出力 19PS/6,500rpm
最大トルク 2.2kgf・m/5,000rpm
重量 188kg

 

『スポーツセダン』というのを掲示してきたマジェスティ250。YAMAHAの人気バイクでこちらも街乗りメインで買うという人が多く、Forzaに負けず劣らずの走行性能を持っています。

 

Forzaと外観は似ていますが、性能面ではよりユーザビリティを追求したバイクでForzaに劣らず人気のスクーターでもあります。スマートキーシステムの導入やバッテリー上がり防止のアラーム機能約60Lものシート下収納スペースなどなど街乗りにはすごく便利ですよね。

 

走行面ではオートマ走行に特化しており、中低速域でのパフォーマンスの高さが売りとなります。他にもFI(フューエルインジェクション)の最適化によって、ライダーの運転により応えてくれるようになっています。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

数少ない4ストロークエンジンで圧倒的速度が出せる【ホーネット】

最高出力 40PS/14,000rpm
最大トルク 2.4kgf・m/11,000rpm
重量 151kg

 

2006年に生産終了してもなお未だに根強い人気を誇るHONDAのホーネット250。日本の中でも数少ない4気筒エンジンを搭載しており、速さに関しては250ccの中でもトップクラスの性能があります。

 

回転数も17000rpm近くまで回すことが可能で250ccの中でもBALIUS Ⅱと同じく群を抜いています。試しにspeedrpmにて計算をしてみると最高速度180km/hまで出るという…

 

これで250ccですよ(笑)

 

「250ccバイクでも速さを求めてみたい!」という方はホーネットを探してみるのが良いかもしれませんね!

生産終了して10年以上経つので見つけてもしっかりと整備を受けてから乗るようにしましょうね。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

取り回しから運転のしやすさまでド安定【BALIUS Ⅱ】

最高出力 40PS/14,000rpm
最大トルク 2.1kgf・m/13,000rpm
重量 151kg

 

kawasakiのBALIUS Ⅱはホーネットと同様に4気筒エンジンを搭載しているバイクとなります。ネイキッド特有の取り回しの良さ足つきの良さなど非常に乗りやすいバイクと言われています。最高出力40PSで14000rpmというホーネットと同様にかなりの高回転で回すことが可能。

 

その反面若干トルク数がホーネットより下回っているので最高速度は劣ります。それでもspeedrpmで計算すると、最高速度164km/h出ますね。

 

こちらも2007年を最後に生産終了となっているのでGooBikeやバイクブロスなどで探してみるといいでしょう。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

kawasakiで大人気なNinjaシリーズの250cc版【Ninja250】

最高出力 37PS/12,500rpm
最大トルク 2.3kgf・m/10,000rpm
重量 166kg

 

kawasakiでめちゃくちゃ人気のあるNinjaシリーズの250cc版となるバイク。最高出力が37PSと高く、何より加速が良いです。400ccバイク並の加速をすることもあって高速道路も十分走行可能。

 

しかし、250ccなこともあってか重量166kgと軽くて、少々風に流されやすいというデメリットがあるので高速道路での走行には注意が必要。他にも250ccバイクは高速走行をすると車体がガタガタすることもあるのでこちらも注意が必要です。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

スーパースポーツでも乗りやすく、走りやすい運転が可能【YZF-R25】

最高出力 35PS/12,500rpm
最大トルク 2.3kgf・m/10,000rpm
重量 167kg

 

元々はインドネシアで販売されていたYAMAHAのYZF-R25は最高出力35PSと250ccの中でも高性能です。ハンドリングが良くカーブに強いので山道といった峠の走行にも向いているバイクとなります。他にもシート高が若干低めというのもあって、足つきのいいバイクでもありますね。

 

Ninjaと比べられることも多いですが、中々に甲乙つけがたいスペックでもあるので迷ったらフィーリングで選ぶのもありかと言えます。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

最高出力38PSと走りへの妥協は無し!【CBR250RR】

最高出力 38PS/12,500rpm
最大トルク 2.3kgf・m/11,000rpm
重量 167kg

 

HONDAにより2017年5月に発売された新型のCBR250RRです。何と言っても特徴が水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒というエンジンを使用し、最高出力12,500で38PSまで出るハイパワーなバイクです。年々強くなる排ガス規制によってパワーのあるバイクが生産終了していく中、規制ラインに引っかからずにパワフルな走行が可能なバイクを生み出すことはすごいことですよ。

 

スロットルバイワイヤシステムと呼ばれる電子制御式スロットル装置を導入したことで標準、加速的、安定という3種類の走りが楽しむことが可能となっています。このシステムにより、一人での走行時には『より加速的な走り』を楽しんだり、ダンデム時には『快適で安定した走り』が可能になるというすごいシステムです。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

車体の大きさから安定した走りが可能【ドラッグスター250】

最高出力 20PS/8,000rpm
最大トルク 1.9kgf・m/6,000rpm
重量 160kg

 

YAMAHAによって販売されていたアメリカンバイクの人気車種のドラッグスター250です。2017年9月に生産終了となった国内最後の250ccアメリカンバイクとなります。

 

全長2320mmという長さに加えシート高670mmという低さから男女関係なく乗りやすく扱いやすいという特徴を持つバイクです。最大出力20PSと他のMTバイクと比べてパワー不足が感じられますが、町乗りなどでは車の流れにも十分乗れるのでゆったりと走るのが好きな方におすすめ出来るバイクになります。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

アメリカンの中でもスピード特化型【エリミネーター250V】

最高出力 35PS/12,500rpm
最大トルク 2.4kgf・m/9,500rpm
重量 161kg

 

kawasakiによって発売されたエリミネーター250最高出力35PSというかなりスピードタイプなアメリカンバイクとなります。

 

ゆったり走るのがアメリカンのイメージですが、エリミネーターだと加速もそこそこ良いので高速道路も余裕を持って運転できちゃうんですよ。足つきはアメリカンなこともあり、べた足が十分可能なので安定感もありますね。

2007年に生産終了となり、現在は中古のみとなりますが走りに特化したアメリカンバイクに乗ってみたい方におすすめですね。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

アウトドアスポーツとしてバイクも楽しみたい方向け【セロー250】

最高出力 20PS/7,500rpm
最大トルク 2.1kgf・m/6,000rpm
重量 133kg

 

YAMAHAによって発売されたセロー250強靭でタフなボディに加えて低中速域の扱いやすさから力強い走りができるオフロードバイクとなります。

 

サスペンションが225mmストロークでかなりのゆとりを持っており、ちょっとの衝撃ではものともせず走ることが可能です。最高出力は20PSと高くはないものの、低中速域の強さから出だしの加速はトップクラスと言われるほど速いです。

 

アウトドアスポーツとしても楽しみたい方はセローなどオフロードバイクを乗ってみるのがおすすめです。

バイクブロスで【新車・中古バイク】を探す

250ccバイクの種類はとても豊富だから乗りたいバイクはきっと見つかる!

今回は簡単にですけど250ccバイクのおすすめ10種類を紹介してみました。250ccバイクは種類がかなりあるので紹介しきれなかったバイクの中にも良いバイクはたくさんあります。

 

これから免許を取られる方や乗り換えようと考えている方も、どのバイクがいいかめっちゃ悩むかと思います。まずは、アメリカンやネイキッド、スーパースポーツなどといった自分の想像するバイクをイメージをしてみるのもありと言えますよ。

 

イメージして思い浮かんだものから絞り込んでいけば乗りたいなって思えるバイクは見つかると思いますので!

 

当記事を読んでバイク選びが決まったという方がいれば幸いです。

また、400cc以上の大型バイク(アメリカン)や50ccの原付バイクなども見てみたいという方はそれぞれ記事もありますのでそちらも合わせてお読みください。

合わせて読みたい

 

バイク選びが決まった時は保険選びも大事です。盗難保険などもしもの事態への備えておくと被害は最小限にとどめることができます。

合わせて読みたい
スポンサーリンク