パソコンとバイクが好きな男子によるメカニックブログ

初心者向け

大型バイクの年間維持費はいくらかかる?月に必要な額も説明!

更新日:

どうも!チカゲです(^^ゞ

 

大型バイクってライダーなら誰もが憧れてしまいますよね~。僕もいつかは大型バイクの中でも有名なハーレーダビッドソンを所持したいと思っています!

 

しかし、大型バイクは所持するハードルって結構高いですよね。バイクローンにガソリン代や税金などといった維持費が原付や普通二輪と比較すると結構高くなりますので。

 

せっかく大型バイクを買えたとしても毎月の維持費が払えず売ってしまうというパターンも少なからずあります。

 

そこで今回は大型バイクを購入したら年間の維持費がどれくらいになるのか、一つずつ解説していこうかと思います。

 

今回の記事で年間の維持費を知ることで、お金が足りず大型バイクの維持が出来なって、泣く泣く売るという事態を避けられるかもしれませんよ?

 

当サイトでは「大型バイクと言えばアメリカンバイクでしょ」と思って、アメリカンバイクに関する特集記事もありますので、是非こちらもご覧ください!

合わせて読みたい

大型バイクの維持費は6つの費用から割り出す!

「維持費と言ってもガソリン代とか保険代くらいでしょ?」と思う方もいますが、排気量250cc以上のバイクになると維持をしていくために以下の6つが維持費の項目として挙がってきます。

 

維持費内訳

  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 軽自動車税
  • 重量税
  • 車検費用(パーツ交換込み)
  • ガソリン代

 

内訳の項目についてはそれぞれ説明をしていきます。

 

自賠責保険と任意保険について

バイクを運転するために必ず加入しておかないといけない自賠責保険と、自賠責保険では補いきれない部分を補償する任意保険の二種類があります。

 

自賠責保険で意外と知られていないことが、250cc以上のバイクは125cc~249ccバイクの自賠責保険と比べて、少しだけ安くなります。

数百円くらいですけど

 

しかし、250cc未満のバイクとは保険契約の期間が異なっており、12か月~37か月までとなっているのでご注意を。

 

2019年4月1日時点で250cc~の自賠責保険の費用は以下のようになります。

12か月 13か月 24か月 25か月 36か月 37か月
8,290 8,560 11,520 11,780 14,690 14,950

 

契約期間から1月あたりの実質負担額というのを出してみると次のようになります。

  • 12か月契約:1月あたり約691円
  • 13か月契約:1月あたり約659円
  • 24か月契約:1月あたり480円
  • 25か月契約:1月あたり約472円
  • 36か月契約:1月あたり約409円
  • 37か月契約:1月あたり約405円

やっぱり長期契約による割引というのは大きいですね。もし、契約をするのであれば車検に合わせての24か月にするかそれ以上で検討すると良いでしょう。

 

そして、任意保険に関しては保険会社や年齢によって値段はかなり変動するため、一概に「この費用です!」とは言えませんが、21歳以上の新規契約で年間70,000円くらいになります。

 

実はバイクの任意保険は排気量が126cc~であれば保険料はどれも同じとなりますので、250ccバイクからの乗り換えで大型になったとしても保険料が高くなるってことはありません。(車両保険に入っている場合は別です)

 

より詳しく自賠責保険任意保険について知りたいという方はそれぞれの解説記事がありますので良ければご覧ください。

合わせて読みたい

税金関係について

続いては軽自動車税や重量税といった税金に関係する解説です。

 

まず、軽自動車税というのは4月1日時点でバイクを所持していたら発生する税金のことで、250cc~のバイクだと6,000円かかりますね。

 

そして、重量税は250cc未満のバイクでも支払うことはありましたが、新車購入時に1度だけ支払うという形でした。しかし、250cc以上になると毎年必要となってくるため、250cc未満のバイクとは大きな違いでもありますね。

 

250cc以上のバイクの重量税は、経過年数によって課税が変化し、細かい費用は以下の表になります。

経過年数 課税額
0年~12年 1,900円/年
13年~17年 2,200円/年
18年以上 2,500円/年

 

経過年数が経つほど一年間の税金が上がっていくということです。また、重量税は車検の時に支払うことになります。

 

新車で3年、それ以降2年おきに車検を行いますので新車購入時だと重量税は1,900×3=5,700円が車検の時に必要となるということですね。毎年少しずつ貯めておくと支払いも楽になりますね。

 

バイク車検について

250cc~のバイクには車検が必要となってきます。

 

250cc未満のバイクと比べて特に大きな違いとなる点です。車検を一言で言うなら定期メンテナンスとなりますが、車検費は数万円~10数万円と結構な額になります。計画的にお金を貯めておかないと出費でピンチになってしまうことも…(;'∀')

 

気になる車検のタイミングは新車購入で3年、それ以降2年おきに受けることになります。車検時にパーツ交換が必要と判断されたものは全て交換することになるので、費用が高くなってしまう原因でもありますね。

 

車検はお願いする業者によって値段に差が結構ありますが、相場からすれば約80,000円くらいとなるので、2年で80,000円以上は貯めておきたいところです。

 

また、車検費用の差というのはパーツ費用とかではなく工賃手数料となります。ここで豆知識ですが、指定工場認可を受けた工場で車検を受けると手数料が安くお得に済ませることができます

 

下記記事で紹介しているホリデーの車検は、一般的な車検費用よりも約20,000円も安く受けることができるのでおすすめですよ。

合わせて読みたい

 

一応、80,000円という費用には自賠責保険や重量税も含まれますのでご安心を。

 

当然のことですが、車検時に基準を満たしていないパーツは全て交換となるのでさらに費用はかかるでしょうが、これも運転するあなたの安全のためですので仕方ないことです( ˘ω˘ )

 

ガソリン代について

後、維持費でお財布に直結してくるのはガソリン代でしょうか。大型バイクの多くはリッターで20km/l~30km/lの燃費になります。

 

路面状況や走り方でさらに燃費は変化しますが燃費20km/lとした場合、年間で10,000km前後の走行距離だと大体65,000円となります。(ガソリン:1リットル130円換算)

 

これはあくまで目安ですので、ツーリング回数が多い方は走行距離もガソリン代もさらに伸びていきますよ

 

 

大型バイクのトータルの維持費はいくら?

それぞれの項目でおおよその費用を出してみましたが、トータルの維持費ってどのくらいになるのか?年齢やバイクの年数も影響してきますので、例を挙げて出していきましょう。

 

例:22歳男性:中古バイク購入(経過年数6年)

※自賠責保険は36か月加入で1年換算とする

 

上記バイクでの一年間の維持費はこちら

1年間に必要なもの 費用額
自賠責保険 6,000円
任意保険 70,000円
軽自動車税 6,000円
重量税 1,900円
車検代(パーツ交換含む) 40,000円
ガソリン代 65,000円
合計額 188,900円

 

大体のざっくり計算になりますがそれでも188,900円必要になりますね。

 

任意保険は等級が上がればもっと安くなりますので、のちのちは15万~16万くらいの維持費でいけるんじゃないかなって計算になりますね。

 

大型バイクの維持費はそれなりだが若くても維持は十分可能!

今回、簡単にですがシミュレーションとして、大型バイクの維持費を計算で出してみましたがどうでしたか?

 

年間の費用を見ると意外なことに、大型バイクは計画を持って購入すれば若い方でも維持が十分可能ということがわかりますね!

 

一年間の維持費が約190,000円だとしても一月換算にすると約15,000円くらいとなります。もし、バイクローンを組まれた場合でも月25,000円~月30,000円くらいで大型バイクに乗ることが出来るかと思います。

 

以上で終わりますが、今後大型バイクに乗りたいなって思っている方にこの記事が参考になれば幸いです!

 

 

また、短期間で大型二輪免許取得までするのなら合宿免許がオススメ!無駄なく教習を受けることができるので、通常の教習所よりもさらに早く二輪免許を取得することが可能なんです。

 

「仕事をしているから2週間丸々は休めない!」という方でも一時的に帰宅が可能な「オフシーズン一時帰宅コース」で仕事と免許を両立することもできます。

 

何より、合宿免許だと「追加費用なし」の場所もあるから、時間をかけて卒業したとしても追加でお金がかからないメリットもあるんですよ!

合宿免許についてチェックしてみる!⇒【合宿免許受付センター】

関連記事

当サイトオススメのバイク盗難保険!

ZuttoRideClub

毎年発生するバイクの盗難事件ですが、検挙率17.3%(2018年調べ)と低く、盗まれてしまったら基本的に戻ってはきません

だからこそ、バイクが盗難されてしまった際の被害を最小限に抑える「バイク盗難保険」への加入がオススメされているのです。

数あるバイク盗難保険の中でも「ZuttoRideClub」はバイク本体の盗難に限らず、パーツの盗難や鍵穴へのイタズラといったものでも対応してくれます。

補償内容も充実しながら、ほぼ全ての車種が加入可能なうえに、新車・中古車問わずに加入できる数少ない保険となっているので非常にオススメですよ(*´ω`)

-初心者向け
-, , , ,

Copyright© 疾走するパソコン君 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.