どうも!チカゲです(^^ゞ

 

突然ですが、

新車や新品タイヤの購入した時に

皮むき」をちゃんとやっていますか?

 

購入した際、店員の人にも

皮むきはちゃんとやってくださいね

って言われることがあります。

 

なんのこっちゃ?と思う方もいるだろうけど

簡単に言うと「ならし作業」です。

これが結構重要なことなんですよ。

 

どういうものかを知っていないと

転倒事故になりますからね。

 

ということで今回は、

バイクタイヤの皮むきについて解説して

いきますので、良ければ参考にしてください。

 

購入してすぐの新品タイヤは滑りやすい?

何故、皮むきの作業が必要なのかと言うと

表面を触ったりしてみるとわかりますが、

つるつるしているので滑りやすいからです。

 

つるつるしている主な理由としては2点

  • タイヤ表面にワックスが塗られているから
  • 離型剤が付いているから

このどちらかが理由で滑りやすく

なっているんですよ。

 

タイヤに塗られているワックスは劣化防止のため?

どうしてワックスが塗られているのか?

これは製造してから売れるまでの間の

タイヤのゴム劣化を防ぐためにあります。

 

カーショップなど車での例えになりますが

お店の外にタイヤが置いてある光景とか

見たことありませんか?

 

店の外に出せるのも、ちゃんとタイヤに

ワックスが塗ってあるからですし。

じゃないと日光や風とかで劣化が

早まりますからね

 

このように、劣化を防ぐことが目的で

ワックスが塗られているので本格的に

走る前には皮むきしないといけないんですよ。

 

離型剤はタイヤ形成する際に使用される

続いて離型剤というのはどういうものか、

こちらはタイヤを型から剥がれやすくする

ために使われます。

液状ゴムを型に流し込んで形成しますが

形成後、型から取りやすくするためです。

 

最近のタイヤは劣化防止剤が元から

含まれていることが増えたので

表面がつるつるしているのは

離型剤がほとんどなのではないかと

言われていますね。

 

バイクタイヤの皮むきとして挙がる3つの方法

実際にタイヤの皮むき作業に入るとして、

どういう方法があるのか?

 

皮むき方法としてはこの3つ
  • 食器用洗剤でタイヤを洗う(おすすめ)
  • 紙やすりで削る
  • 乗って道路を走行する

 

以上3つの方法がありますが

一つずつ内容を解説していきますね。

 

食器用洗剤によってタイヤのワックスを落とす

いきなりタイヤを洗うという行動に

驚くかもしれませんが、実際の皮むきとして

行われる方法の一つです。

 

使うのは食器用洗剤ブラシ

 

ブラシにしっかりと洗剤を付けて

ゴシゴシとタイヤを洗ってみるという

だけになります。

 

そして、どうして食器用洗剤の使用するのか

というと油を分解してくれるからです。

洗剤の使用でタイヤ表面に塗られている油を

溶かしてしまおうということなんですよ。

 

タイヤの側面などカーブを曲がる際に

地面に接する場所は念入りに洗うことが

ポイントです。

 

油が落ちたかどうかは洗い終わった後に

水をかけてみて水捌けが遅いなと思えたら

もう落ちているので大丈夫です。

 

後は、軽く走行して皮むき完了ですね。

 

紙やすりでタイヤを擦る!!

紙やすりでタイヤを擦るというのは

皮むき方法としてある一つの方法です。

 

紙やすりでタイヤ表面を擦っていき、

表面についている油を削り落とすって

感じになります。

 

しかし、慣れていない場合は

タイヤをこすりすぎて逆にタイヤを

傷つけてしまうという事態になりますので

あまりおすすめできる方法ではありません。

 

あくまでも、一つの方法としての紹介!

 

実際に道路を走行してワックスを落とす

実際に走行するというのが皮むきとして

一番思い浮かぶ方法ですよね。

 

実際にバイクを走らせて、

道路などのアスファルトとタイヤの摩擦で

ワックスを落とすという方法です。

 

走行目安は約100kmと言われており、

お店などでタイヤ交換をした場合は

整備士さんに皮むきの目安の距離を聞くのも

いいでしょう。

 

走行するに当たっての注意点は

基本的に速度は通常よりも抑えて走り、

カーブなどで車体を倒しすぎないよう

気を付けることです。

 

とにかく、最初は滑りやすいから

速度は出さないこと!

無茶な運転しようとしたら

ツルーンってなりますからね。

 

そして、雨天時など路面が濡れている場合は

走るのを控えた方がいいです。

水により摩擦が減るので余計に滑りやすく

皮むきにも適さないので!

 

新品のタイヤにしたら皮むきは絶対に行おう!

以上で簡単にですが、皮むきを行う

必要性や方法についてです。

 

方法は3つですが、バイクタイヤを

一度洗ってから皮むき走行をするのが

一番安全かつ素早く完了させられます。

 

タイヤの皮むき走行中は国道などの

大きな道路は避けるようにして

ゆっくり走れる道を走行するのが一番です。

 

新品のタイヤを購入した際の

皮むき作業として参考になれば幸いです。

 

グリップ性能が低いうちは

とにかく危険なので素早く終わらせて

安全にバイクライフを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク