どうも!チカゲです(^^ゞ

 

突然ですが、あなたはバイクタイヤの

空気はちゃんと入れていますか?

 

タイヤの空気は日が経つごとに

少しずつ抜けていくものです。

 

そして、空気でなくなると滑りやすくなったり

パンクしやすくなったりと良いことは

ありませんので空気はちゃんと入れた方が

良いんですよ。

 

そこで今回は、バイクタイヤへの空気の入れ方や

入れれる場所、空気を入れる道具などについて

書いていきます。

 

タイヤの空気は結構簡単にできますので

セルフチェックとして習慣に取り入れると

いいですよ。

 

適正の空気圧を知るためにバイクをチェックしよう

まずは、バイクタイヤそれぞれで適正空気圧

異なるので知る必要があります。

 

メーカー指定されており、基本的にはタイヤ付近の

フレームチェーンガードにシールが貼って

あるのでそこで確認しましょう。

シールに貼ってある空気圧は全4パターンです。

 

記載している空気圧の4パターン
  • 一人乗り時
  • 二人乗り時
  • 一人乗り(高速道路)
  • 二人乗り(高速道路)

 

50ccの原付だと当然一人乗りしかできないから

ここまで細かくは書いてません!

 

二人乗りは事前に分かっている時にはしておく

「明日ツーリングでダンデム予定だから」

とかそういうのである場合に空気圧を

二人乗りにしておけばいいです。

 

一応、一人乗りの空気圧でも問題はないですが

少し沈むのでグリップ性能は落ちてますが…

 

もし、シールが剥がれて無くなっていた場合、

購入時についてくるサービスマニュアル

呼ばれる整備書に書かれているので

そちらで確認してください。

 

意外と空気を入れることのできる場所は多い

バイクタイヤの適正空気圧が分かったら

空気入れの方法についてです。

 

どこで行えるのかというと

ガソリンスタンド自転車屋です。

ガソリンスタンドは無人スタンドでも

隅っこに置いてあることが多いですよ。

 

そして、意外と自転車屋でも空気入れは

してもらえるんですよね。

いきなりバイクで行ってお願いするのは

勇気はいりますが(笑)

 

一番手っ取り早い手段としては有人の

ガソリンスタンドに行って店員さんに

空気入れをお願いすることでしょう。

空気圧はどのくらい?と聞かれるので

事前に確認しておいた空気圧を言えば

後は店員さんが空気を入れてくれます。

 

空気入れは基本的に無料で行ってくれますので

ガソリンを入れるついでに確認してもらうのが

いいですね。

 

自分で入れる際はメーターをしっかり見ること

もし、近場にはセルフの

ガソリンスタンドしかないって場合、

自分で入れることになります。

 

そして、セルフで入れる場合には

注意点がチラホラと…

 

注意点
  • タイヤ周りが密集していたらそもそもバルブが取り付けられない場合もあること
  • バルブが四輪タイプのものが多くつけにくいこと
  • メーターからは基本的に目を離さないこと

 

若干被っていますが、1と2はセルフスタンドだと

四輪用としてバルブが直線になっていることが多く、

構造が異なるバイクだとつけにくいことが多いです。

そういった際にエアバルブというものを

持参しておくと取り付けが簡単にできますよ。

 

画像のエアバルブはPCX125やPCX150、

モンキーに適したものになります。

Amazonで愛車に適したバルブを探して

常備しておけばセルフで入れる場合に

あまり苦労せず空気を入れることができます。

 

そして、次はメーター!

ガソリンスタンドによって違うことが多いので

これ!と断定して言えませんが、

ちょっとした見方を紹介しておきます。

 

上画像メーターの場合は内側の赤文字ではなく

外側の黒文字数値を見ます。

1bar=100kPaとなっているので、適正が

220kPaだったら黒の2.2まで入れればOKです。

 

目を離さないと言ったのは入れすぎると

空気圧が高くなりすぎて、乗り心地が悪くなったり

最悪の場合バースト(破裂)してしまうからです。

 

今のコンプレッサーは空気圧が一定以上になると

自動で止まることもあるのであまり関係ないかも

しれませんが、もしもって場合もあるので

基本的には確認しつつ入れましょう。

 

初めて空気入れをするから戸惑う場合は

ゆっくりと入れていけばいいです。

入れ終わったらしっかり栓をして空気漏れが

無いよう気を付けましょう!

 

実は自宅でも空気入れはできちゃう!

ガソリンスタンドでも入れることはできますが、

毎度毎度はガソリンスタンドまで行くのって

面倒かもしれませんよね。

 

そういった場合には自宅でもできる空気入れです。

道具は必要になりますが、比較的安価での

購入ができますし毎日のタイヤチェックも

出来るようになりますよ。

 

一応、自転車の空気入れでもバイクタイヤの

空気を入ることができます。

すごい疲れるし圧調整が難しいので

おすすめしませんが(;´・ω・)

 

自転車の空気入れ以外で自宅で行う場合は、

エアコンプレッサーという機械を用意するのが

おすすめです。

 

個人的にエアコンプレッサーで勧めるなら

ダイレクトテレショップという通販サイトで

販売されているエアホークプロです。

↓画像クリックが販売ページに飛べます。

ダイレクト・テレショップ電動エアコンプレッサーエアホークプロ

 

エアコンプレッサーのデメリットって

音がうるさいとか、安いものの電源は

シガーソケットがほとんどなんですよ。

AC電源で探すと高いことが多いんですよね。

 

車持ちの方ならシガーソケットの

エアコンプレッサーで十分ですが、

そうでない方にはエアホークプロが

あると便利です。

 

コードレスで持ち運び自由だから

どこでも使用することは可能です。

 

家から駐輪場までが離れている場合でも

気軽に持ち運べるからハンディタイプって

便利ですよね。

 

それと、ダイレクトテレショップ直売になるから

購入する際にレビューを書くと8,000円の割引

効いちゃいます。

 

Amazonなどで同じ価格のものを探しても

なかなか見つからないですね。

しかもハンディタイプとなると尚更。

 

こっちはおまけみたいなものですが

スポーツや遊び道具といった道具の

空気入れとして使えるんで

日常使いも出来るのが良い点です。

 

値段として見る場合は、車を持っている方は

シガーソケットタイプのエアコンプレッサーが

おすすめになります。

 

人気のある商品はこちら

 

これもサイズ的には結構コンパクトな方なんで

車に常備しておくことができますよ。

 

どちらも空気圧設定が出来るので

適正空気圧に設定をしておけば自動で

その圧まで空気を入れてくれます。

 

シガーソケットタイプは比較的安いものが

多いからお財布に優しい点ではいいですね。

 

注意点としてエアコンプレッサーを使い過ぎて

車のバッテリーが上がるなんてことがない

ようにしましょう。

 

バイクタイヤの空気入れは細めにやろう!

バイクに限りませんが、タイヤは日に日に

空気が少しずつ抜けていくものです。

 

ガソリンスタンドで簡単に入れることも

できるので細めな空気圧チェックをしておけば

急なパンクを防いだり燃費アップにも

繋がるのでだるいと思わずしっかりと

やっておきましょうね。

 

また、空気圧チェックの目安は理想が週一

出来れば一か月に一度はやっておくといいです。

 

自分の身は自分で守る!

意外と侮れないタイヤの空気入れは

とても大事なことです。

今回の記事が参考になったら幸いです。