どうも!チカゲです゚(^^ゞ

 

通勤通学に便利な小型二輪の免許を取りたいと思ったことはありませんか?

 

しかし、教習の料金や期間がどのくらいになるのかわからないから手が出せないという方もいるはずです。

そこで今回は、「小型二輪の免許取得までにどのくらい料金や期間がかかるのか?」について書いていきます。

 

特に料金面がある程度分かれば計画持ってお金を準備すればいいので気持ち的にも楽になれますよ!

スポンサーリンク

 

小型二輪の講習費用はとある免許所持で約半額まで安くなる!?

小型二輪免許を取得するためには、自動車学校に入校しないといけませんよね。

 

しかし、「免許取得に必要なお金がよく分からない…」ってこともあります。

僕なりに調べてみたので簡単にですけど講習費用を表にしてみました!

普通自動車免許(無し) 普通自動車免許(有り)
小型MT 約180,000円 約96,000円
小型AT 約170,000円 約87,000円

※費用はおおよその目安です。自動車学校によって費用が上下します。

 

一般的に小型二輪MTの講習費用は180,000円前後が多いです。これは実技+学科の合計費用ですね。

ちなみにAT限定の場合はMTより約10,000円安いと考えてもらえればいいです。

 

そして、普通自動車免許を持っている場合は学科を受講する必要が無くて、費用も約100,000円まで安くなります。

 

学科が不要な理由として普通自動車免許と小型二輪免許の学科は同じ1種であるため、免許をすでに持っているということは学科を合格していることになるから不要になるんですよ。

 

小型二輪の技能講習は意外と少なく短期間で終えれる!

続いては技能講習数

こちらも簡単に表にしてみたのであなたに当てはまる条件で見てください。

普通自動車免許(無し) 普通自動車免許(有り)
小型MT 12回 10回
小型AT 9回 8回

MTの場合でも多くて12回の技能講習で終わるという短さなので、週2回仕事終わりに講習受けた場合でも5週間で終わりますね。

時間が厳しいサラリーマンの方でも土曜日講習もあるので比較的短期間で終えることができますね!

 

普通自動車免許を持っていない方でも同じように週2回ペースで講習を受ければ6週間になるから2ヶ月もかからず終わります。

 

小型二輪は講習時間が少ないので忙しい人でも比較的短期間で終わらせるっていうのがメリットですよね。

 

 

そして、上記の技能回数を受講したら卒業検定です!

※学科がまだ終えていない場合は終わらせないとと受けれません。

 

事前にコースを覚えてから走り、採点されます。採点は減点方式で70点以上で合格!

もしここで不合格になってしまった場合は、再補修を受けて、再検定という形になります。(再補修と再検定の追加費用としてかかる…

正確な費用は教習所によって変わるのでわかりませんが、再補修、再検定をそれぞれ1回ずつ行った場合およそ1万円はかかると思いますので、不合格にならないようしっかり気合入れていきましょう!

 

小型二輪の学科は自動車免許や普通自動二輪免許にも有効

すでに普通自動車免許を持っている方は受講する必要のない学科ですが、持っていない方のことも考えてこちらに記載。

 

学科は計26時間分の受講になります。

学科の内訳
  • 第一:10回(原付免許の範囲と同じ
  • 第二:16回(車でいう仮免取得後の範囲)

 

内容は交通ルールはもちろんのこと、自動車タイヤの付け替えチェーンの巻き方など車のことについても勉強します

 

同じ1種の学科ってことなので免許センターで筆記を受ける時には自動車のことについても出題されますので車乗らないから必要ないやって思ってはいけませんよ。

 

前にも似たことを書きましたが小型二輪免許を所持しておけばその後、普通自動車免許を取る際に学科を受ける必要がなく楽ができますよ。

 

小型二輪の講習を終えたら免許センターへ!

無事教習所を卒業まで行けたら後は免許センターで免許証の交付です。

 

普通自動車免許をもっていない方は学科受験料1,750円を支払って学科試験を受けて、合格することで免許証が交付されます。

 

内容はこのように。

学科内容
  • 文章問題90問、イラスト問題5問で計100点満点
  • 100点中90点以上取れれば合格
  • イラストは1問2点の問題なので落とさないように!

 

不合格の場合は後日再受験となり、追加で学科受験料で1,750円かかりますので、しっかり勉強してから受験するようにしましょう!

 

無事学科を通過したら免許証の交付して終わりで、交付手数料は2,050円となります。

 

すでに免許を持っている場合は交付手数料の2,050円だけなうえ、受付してから約30分で交付してくれるのですごくスムーズですよ。

 

小型二輪免許は取りたくなった時に取れる手軽さが一番

結構簡単にでしたけど、小型二輪免許取得までのおおよその流れはわかってもらえたかと思います。

普通自動車免許の有無で学科を受ける必要があるかないか分かれますが、比較的費用も安くて期間も短いので、気軽に取れる免許になります。

 

まだ免許を持たれていない方は交通ルール標識など命に関わることなのでしっかりと知識を身に付けましょうね。

 

すでに免許を持っている方は通勤や通学でほしいなって思ったらぱぱっと取れちゃいましょう!

のちのち250や400に乗りたくなった時にでも限定解除すればいいのであまり深くは考える必要はないと思います。

 

もし、この記事がきっかけで新たなライダー誕生ってことがあればうれしいです(∩´∀`)∩

スポンサーリンク