どうも!チカゲです(^^ゞ

 

普段、何気なくバイクという単語を耳にすることは

多いと思いますが、実際のところ結構漠然とした

内容ですよね。

 

バイクでも種類はもちろん分けることができて、

原付、小型二輪、普通二輪、大型二輪と

いった感じに。

 

じゃあここで言う普通二輪というのは

どういうものなのか?って思いませんか?

 

運転するためには普通自動二輪免許が必要と

なりますが、今回の記事は普通二輪というのが

どういうものか3つの特徴を挙げていきます。

 

本記事でよりバイクへの関心を

深めてもらえると幸いです。

 

普通二輪に分類されるバイクはとても多い!

まず、バイクというものは排気量で区分が

分けられていますが、今回の普通二輪という

バイクは排気量が126cc~400ccとなっており、

幅がそこそこ広いのが特徴です。

 

51cc~125ccまでが小型二輪という区分になるから

126ccからが普通二輪ってことです。

 

小型二輪の特徴に関しては良ければ

こちらの記事を参照してください。

【小型バイクって何?】小型バイクのナンバープレートや車体の見分け方を分かりやすく説明!

 

あまり気にすることではないでしょうが、

小型以上となるので法定速度は

60km/hで車と同様になります。

 

パワーに関しては小型と比べると格段に上がり

スピードの伸びが良いので爽快感はありますよ。

 

メジャーとなる普通二輪のバイクの排気量は2種類!

排気量に幅がある普通二輪ですが、

一般的に販売されているものの多くが

250cc、もしくは400ccとなっています。

 

もちろん、それ以外の排気量バイクも

ありますが、あまり数はないですね。

 

個人的にTwitterで見ることの多い車種の

CBRとかNinja、ドラッグスターなどは

250cc、400ccと2種類あるんですよ。

 

250ccだけのモデルや400ccだけのモデル

などもあるので一度見て回るのがいいでしょう。

 

また、一般的でもあることから日常でよく見かける

バイクの多くが250ccや400ccということがあります。

それに、タイプ別でも普通二輪の種類は多いですね。

 

レパートリーがかなりありますが、

年々排出ガスの規制強化で生産終了してしまうのが

悲しいところです。

 

ドラッグスターの生産終了のお知らせは

僕へ大ダメージを与えたよ…

 

普通二輪のバイクはどのでも道路を走れちゃう!

普通二輪になると二輪車通行禁止区間と呼ばれる

道路以外は基本的に走行することができます。

 

小型二輪では走行不可だった

高速道路バイパスなども

走行できるんですよ!

 

高速道路が走れるようになると

本当、ツーリング行くって計画を

立てる時に楽です。

 

僕みたいに広島から関東の方まで行きたいと

思っても下道移動だけで確実に丸1日は

つぶれますし(笑)

 

下道も楽しいですが時間がかかりすぎるのが

難点なので、走行制限がない普通二輪は便利ですよ!

 

どこでも走れる普通二輪はお財布へのダメージが…

走行の制限がほとんどない普通二輪ですが

維持費が上がるというデメリットがあります。

 

維持費の内訳はこんな感じ

  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車税
  • ガソリン代
  • 車検(400ccの場合)

この中だと特に保険料が上がりますね。

 

ちなみに、ガソリン代は走り方にもよりますが、

250㏄バイクでリッターが30km~40kmくらいの

燃費となるので参考程度にでも。

 

普通二輪は任意保険でファミリーバイク特約が使えない!

自賠責保険や任意保険がそれぞれ

250ccや400ccと別の区分に分けられるので

新規契約という形となります。

 

小型二輪のように、

家族の誰かが任意保険に加入していたら

オプションとして付けれる

ファミリーバイク特約もありません。

 

これは僕の例ですが、19歳の時に

250ccバイクの任意保険を加入しようとしたら

月々8000円程かかった記憶があります。

 

ちなみに、小型二輪を購入して

任意保険を家族のファミリーバイク特約に

すると、月々1000円程…

 

大違いだよ(;´Д`)

 

もちろん、等級も関係してきますし

21歳になってからは月4000円くらいまで安くは

なりましたが、それでも比較すると差があります。

 

400ccバイクになると車検が必要に…

もう一つこちらも維持費に関連することですが、

400ccバイクは車検が必要です。

 

車検により、重量税や工賃といった費用がかかります

費用は車検を依頼するお店によって変動はありますが

大体10万円と見積もっていた方がいいでしょう。

 

車検というのは簡単に言えば「より細かい整備」。

普段自力では行わないような部分もプロの整備士に

よって、しっかりとチェックしてもらうのが目的です。

 

車検はタイヤ交換や、ブレーキの摩耗といった

消耗パーツの交換も含まれますよ。

 

車検にも有効期間満了日があり、これが切れると

道交法「無車検車運行」に引っかかるので

罰則の対象になるんです。

 

車検の期間は車と同様に

新車購入の初回は3年次回以降は2年おきとなるので

期間はしっかりとメモに書いたりして忘れないように

する工夫が必要ですね。

 

また、改造をしまくっていると

車検が通らない場合もありますのでご注意を。

 

普通二輪のバイク購入で県外進出がより簡単に!

簡単にでしたが、普通二輪の特徴は

わかってもらえましたか?

 

普通二輪は小型二輪と比べて維持費などの

出費がそこそこ増えますが、走行面での

制限が減ってより走りやすくなります。

 

これまでは下道でしか走れなかったけど

これからは高速道路も走れる!

遠出が簡単になれば県外にも行きやすく

なる、必然的に楽しみも増えてくるって

言えますよね。

 

また、任意保険は等級が一つ上がるだけでも結構

保険料も安くなりますし、加入する会社でも

結構変わってくるものです。

 

保険会社は複数あるので「この保険会社にする!」と

いきなり決めるのではなくて一度見積もりを

出してもらってから保険会社に加入というのが

おすすめです。

 

保険会社の料金比較は「ズバットバイク保険比較」という

サイトで簡単にできますので一度お試しください。

 

保険会社の一括料金比較はこちら

≪ズバットバイク保険比較≫

 

細かい点ですが、抑えれるところは抑えて

長くバイクに乗れるのが一番です。

これから普通二輪を検討される方は

以上のことを念頭に入れておくといいですよ!

 

スポンサーリンク