どうも!チカゲです(^^ゞ

 

あなたは、小型バイクというものを

ご存知でしょう?

 

正式な区分は原動機付自転車(第二種)

原付二種とも呼ばれており、排気量が

125cc以下のバイクのことを指します。

 

50ccである原付バイクとは違って

法定速度60km/h二段階右折は必要なしなど

上位互換になるんですよ。

 

通勤や通学といった場面で使用される方が

多く、とても利便性が高いです。

 

そんな小型バイクには4つのメリットが

ありますので、今回は小型バイクについてと

小型バイクのメリット・デメリット記事と

なります。

 

そもそも小型バイクがどういうものを

知らない人はこちらを先にお読みください!

 

今回の記事を読んであなたも

是非原付二種である小型バイクにも

興味を持ってもらって是非乗ってみて

欲しいと思います!

 

スポンサーリンク

小型バイクに乗るためには?

まず、125cc以下のバイクを乗るための条件は

普通自動二輪免許(小型限定)という

125cc以下のバイクが乗れる免許以上が必要です。

 

普通自動二輪(小型限定)はさらに

AT限定とすることもできます。

※免許取得までの費用が安くなるメリット

 

小型限定MTで免許を取る場合、

自動車免許を持っていると技能数10回、

費用が約10万円でとることができます。

AT限定だと1万円ほど安くなります。

 

小型バイク4つのメリット

小型バイクは原付バイクの完全上位互換、

燃費の良さ、二人乗り、小回りの良さの

4つがメリット!

それぞれを見ていきましょう。

小型バイクは原付バイクの完全上位互換!

冒頭で少し触れていますが、

小型バイクというものは原付バイクの

完全上位互換と言える存在です。

 

原付バイクとの比較を表にしてみました。

小型バイク 原付バイク
法定速度 60km/h 30km/h
二段階右折は? しなくてよい しないといけない
自賠責保険(1年間) 7,500円 7,500円
任意保険(ファミリーバイク特約) 加入可能 加入可能
重量税 0円 0円
軽自動車税 2,400円 2,000円

 

どうですか?

原付での制限にもなっていた法定速度や

二段階右折の必要などが小型バイクでは

無くなっていますよね!

 

その分維持費が高くなるかと思われますが、

軽自動車税が400円高くなったくらいです。

 

家族の誰かが任意保険に入っていた時に

加入できるファミリーバイク特約は小型バイクも

使えるので保険料も原付バイクと同じ!

 

維持費の安さと利便性の高さから

バイクの二台持ちの選択肢に

小型バイクがよく上がるのも納得です。

 

小型バイクは二人乗りも可能

小型バイクは原付バイクでは出来なかった

二人乗りをすることが可能です。

 

免許取得後1年が経過していないと

違反になりますが、二人乗りできることで

友達や家族などと気楽にバイクを

楽しむことができますよ。

 

男性の方であれば女性を後ろに乗せてあげる…

実現してみたいものです(笑)!

 

という冗談は置いておき

二人乗りも可能ということで楽しみ方も

増えてきますよね!

 

原付バイクから劣らぬ燃費の良さ

小型バイクの売りは他にも燃費の良さです。

250ccバイクや車と比べても圧倒的に高く

ガソリン代も安く済ませられます。

 

カタログスペックではありますが

人気車種の燃費を見てみましょう。

 

HONDA:PCX(52.9km/L)

 

YAMAHA:YBR125(約48km/L)

 

YAMAHA:マジェスティ125(約43km/L)

 

HONDA:スーパーカブ110(62.0km/L)

 

道路の状態や乗る人の体重、走り方などで

燃費が変化するので表示数値よりも

悪くはなりますが、125ccであれば

大体40km/Lは超えるくらいの燃費の良さです。

 

スーパーカブ110に関しては現在ある

小型バイクの中で一番燃費が良いとまで

言われています。

 

110ccとはいえリッター60km越えですしね。

郵便など配達用として使われるって思いますよ(笑)

 

当時乗っていた250ccのフォルツァZは

燃費30km/Lちょっといったかな?くらい…

比較しても十分お財布に優しいですね!

 

車体サイズが大きすぎないので小回りや狭い道も楽々

バイクを乗るうえでのかなりのメリットと

言えるんじゃないでしょうか。

小回りの良さや大きすぎない車体で

車の横も通り抜けることが可能です。

 

渋滞回避もしやすいので、

小型バイクはとても人気があるんですよ。

 

ただし、無理な横抜けは車を運転されている方に

迷惑となるのし事故の原因にもなるので

控えるようにしましょう!

小型バイクは遠出好きには決定的な欠点あり!?

たくさんのメリットがある小型バイクですが、

残念ながら1つデメリットとなる点があります。

小型バイクでは通行できない道路がある!

現在の道交法では125cc以下のバイクは

高速道路や自動車専用道路が走行不可で、

上二つの標識があるところは走っては

いけないということです。

 

125ccとは言え100km/h以上を出すというのは

スペック不足が否めません。

 

それなので遠出するのが好きな人にとって

高速道路が走れないは厳しい点ですよね。

ずっと下道を運転するのは時間もかかるし

結構疲れますから。

 

また、走り性能のスペック不足という点を

踏まえると、走るのが好きな人にとっては

物足りなさがあるかと思います。

 

加速や最高速などを250cc、400ccと比べると

差がどうしてもありますから、爽快に走りたい人は

普通二輪以上のバイクが向いているでしょう。

 

通勤や通学でバイクを使用するなら小型バイクがおすすめ

今回は小型バイクについての

メリット・デメリットを書いていきましたが、

通勤・通学でのバイク使用が目的なら

小型バイクを一番オススメします。

 

維持費の安さや燃費の良さ、

走りでは渋滞を避けることができるなど

良い点がたくさんあります。

 

高速道路は走れませんけど、

法定速度が60km/hだから少し不便と

感じるくらいだと思います。

 

そういったデメリットも

あまり気にならないくらいくらい

小型バイクはとても便利ですので

本記事が参考になれば幸いです。

 

しっかり理解して楽しいバイクライフを!

 

スポンサーリンク