どうも!チカゲです(^^ゞ

 

いきなり質問ですが、

あなたはバイクと原付の違いって

知っていますか?

 

ざっくりし過ぎてわからない!と思う方が

ほとんどでしょうがここで言う違いは

免許を含めて全体についてです!

※バイクは普通自動二輪車免許で

運転できるバイクのことを指します

 

そして、僕があげる違う点は全部で3つ!

  • 乗れるバイク
  • 交通ルール
  • 維持費

となっています。

 

まだ、原付免許や普通自動二輪免許を

持たれていない方にとっては二つの免許の

違いは分かりにくいのではないか?と

思ったので今回記事として取り上げました。

 

これから免許を持ちたいと思われている方には

是非とも読んでもらってそれぞれの違う点を

知ってもらいたいです!

 

知っておくことで無駄な出費も減らせますので

今後の免許取得の参考にしていただければと

思います。

 

スポンサーリンク

普通自動二輪免許と原付免許でそれぞれ運転できるバイク

まずは、免許による運転できるバイクの違いです。

 

すごく簡単に書くと以下の様になります。

原付免許≦普通自動二輪免許

 

原付免許では乗れないけど

普通自動二輪免許であれば

乗れるバイクがあるんです。

 

それでは、それぞれの有名なバイクを

見ていきましょう。

 

原付免許では51cc以上のバイクは運転できない!?

原付免許で乗ることのできるバイクは

排気量が50cc以下のバイクとなります。

 

排気量というのはエンジン性能のことで、

数値が大きくなるほど出力が上がり

ガソリンの消費量が増えます(燃費DOWN)

 

それでは、50cc以下のバイクをご紹介!

 

HONDA:Dio(ディオ)

HONDA:スーパーカブ50

HONDA:エイプ

などなど…

 

HONDAしか載せてない?

それは自分が今まで乗ってきたバイクが

HONDA車のみだからです!

 

という冗談は置いておいて

知名度的に高いのはこれらじゃないかな

って思ったのでこうなりました。

他意はありません(笑)

 

画像を見るとわかるかと思いますが

原付バイクは一人乗りとなります。

二人乗りは出来ません!

違反で捕まりますのでご注意を…

 

普通自動二輪免許で車体の大きいカッコイイバイクにも乗れちゃう!

普通自動二輪免許になると排気量400cc以下の

バイクを運転することが可能になります。

 

もちろん、排気量が50ccである原付バイクも

運転することが可能です。

 

原付で50cc以下なので数値だけで見ると

かなり差がありますよね。

 

ではどういうバイクが乗れるのか?

 

HONDA:フォルツァZ

 

YAMAHA:ドラッグスター250

 

KAWASAKI:Ninja250

などなど…

スクーター含めて250ccをメインに載せましたが

運転できるバイクはこのようになります。

 

車体も大きくなって一気に様変わりしましたよね。

二輪バイクになると一部を除くバイクで

二人乗りが可能となります。

 

二人乗りは普通自動二輪免許を取得してから

一年経過するとできるようになります。

しかし、一年未満だと違反になりますのでご注意を!

 

また、普通自動二輪免許というのは

4つに分けることができます。

  • 普通自動二輪
  • 普通自動二輪(AT限定)
  • 小型限定
  • 小型限定(AT限定)

※小型限定は125cc以下のバイクが運転可能

 

下にいく程乗れるバイクに制限がかかりますが

免許取得までの費用が安くなったり、

講習時間が短くなったりします。

 

もし、バイク購入までの費用を抑えたい場合は

自分の乗りたいバイクに合った免許を取るのが

一番いいでしょう。

 

ちなみに小型限定やAT限定で取った場合でも、

自動車学校では限定解除の講習も行っているので

のちのち解除することもできます!

 

その分費用が追加でかかりますが…

 

トータルで見ると限定解除を行う方が

高くなりますので最初から大きいバイクに

乗るのが目標である方なら限定つける必要は

ないでしょう。

 

ちなみに、僕が実際に自動車学校に

普通自動二輪のAT限定解除の問い合わせを

した時、大体5万円必要と言われました。

良かったら参考にしてください!

 

原付免許は手軽に取れる分、交通ルールが厳しい!

先ほどまでは免許による運転が可能なバイクが

どういうものかでありましたが、ここからは

排気量別に設けられた交通ルールについて

説明していきます。

 

原付バイクは手軽に免許が取れる分、

51cc以上のバイクよりも2つの点で

交通ルールが厳しくなっています。

 

原付バイクは道路に関係なく法定速度が30km/h

51cc以上のバイクは法定速度60km/hに対して、

原付バイクは法定速度30km/hとなっています。

 

そのため原付バイクは、上画像の様な

道路上で見かける速度制限の標識に関係なく

30km/h走行となります。

それ以上出すと速度超過で捕まります!

 

また、速度が抑えられることにより

2車線以上ある道路を走る際は、

原則左車線を走行しないといけません。

 

スピード差もあり交通の流れを

妨害してしまうからと考えられます。

 

車線を変えて良い時は右折時

左車線が左折レーンになっている場合

2つですので覚えておきましょう!

 

二段階右折をする必要があること

こちらも原付バイク特有の交通ルールで

原付バイクは信号機のある交差点を右折する時、

交差点の状況によっては二段階右折という

行動をしないといけないことがあります。

 

二段階右折とはどういうものか?

 

動きとしては以下の画像となります。

 

このようなことを原付バイクは行わないといけません。

正直面倒ですよね(笑)

 

ただ、どうしても車とかとのスピード差があるから

こういうルールがあるのだと思います。

 

それでどういう状況でこの二段階右折を行うのか

 

以下の条件に一つでも当てはまる場合となります。

  • 二段階右折の標識
  • 片側が3車線以上
  • 一方通行道路で3車線以上

 

二段階右折の標識はこのようなもの

左側の標識がある場合は二段階右折を

行う必要がありますが、右側の二段階右折禁止

という標識がある交差点では車と同じように

右折してもいい交差点となります。

 

車線数に関しては交差点進入時の車線数が

3車線以上の場合となります。

 

以上の条件以外であれば二段階右折は

しなくてもいいので車と同じように

交差点を右折しても問題ありません!

 

原付のメリットは維持費の安さ!

先ほどまで挙げた点だけを見ると原付は制限が

多すぎて大変ですが、維持費の安さという

メリットもあります。

 

維持費は主に

自賠責保険、任意保険、重量税、軽自動車税が

当てはまりますが、原付バイクはそのどれもが安く、

重量税は払う必要がありません。

軽自動車税も2,000円とかなり安い。

 

250ccバイクに乗っていると重量税だけで4,900円、

軽自動車税で3,600円必要になります。

 

バイクの排気量が大きくなるにつれて

それだけ維持するためのお金も必要に

なってくるんです。

 

特に違いが出るとすれば任意保険じゃないでしょうか。

 

125cc以下のバイクはファミリーバイク特約という

家族の誰かが任意保険に加入している場合に

付けることができる保険がとても魅力的で、

月々の支払が1000円くらいになる場合があります。

 

僕がフォルツァZに乗っていた時の保険料は

月々5000円前後でしたのでかなりの差が

ありますよね…

 

このように原付は手軽に免許も取れるし

購入した後の維持も比較的簡単なんです!

 

原付はバイクへの好奇心のきっかけに最適

簡単にでしたが、原付とバイクの違いは分かって

もらえたでしょうか?

 

原付免許は手軽に取れる分乗れるバイクも少ないし

交通ルールがより厳しいです。

 

しかし、購入した後の維持はとても楽なので

バイクに触れてみようかなと思ったら

まずは50ccの原付バイクを買って実際に

走ってみるのがおすすめです!

 

そして、バイクに乗る楽しさを知ったら

51cc以上のバイクへとランクアップをするのが

いいでしょう。

 

これを読んで原付の制限のことも理解しつつ

事故のない楽しいライダー生活を

送ってほしいです!