どうも!チカゲです(^^ゞ

 

あなたはPCマイクを使用していますか?

 

PCマイクは

LINEやSkypeなどの通話、

生声でのゲーム実況、

YouTubeやニコニコ動画への歌ってみた動画

などなど様々な用途で使うことができます。

 

特にSkypeといった通話可能アプリを

使用する方が多い現在は

PCマイクがあるとすごく便利ですよ!

 

手がふさがらないってのもありますし

調整をちゃんとすれば長時間の通話も

楽な姿勢ですることができますので。

 

僕は友達とTRPGのオンラインセッションをするのに

購入ボタンをポチッと押しました(笑)

 

今回、マイクの組み立てやセットアップから

実際に使用しての使い勝手などを

レビューしていきたいと思います。

 

SONY製のPCマイク「ECM-PCV80U」

今回はSONY製の「ECM-PCV80U」を

購入しましたが、届いてすぐの画像がこちら

袋を外しておらず、正面から撮ると反射して

ほとんど見えなかったので斜めからの撮影です。

 

ちなみにAmazonランキングの

楽器・音響機器部門で1位になった商品です。

お値段は送料込みで3920円(当時価格)

結構お手頃!

 

 

PCマイクの組み立て工程はたった2つ

そして、中身を取り出してみると細々した

パーツは特になく組み立てもすごく簡単です。

 

そして、良いところは電源がPC供給であること!

コンセントを一つ潰すことが無いのでとても便利。

 

マイクのサイズが約16cmということなので

電動シェーバーのBRAUNと並べてみました。

ん~同サイズだ(笑)

カラオケ店に置いてあるマイクよりも小さめです。

手元にON/OFFスイッチもあります。

そしてマイクコードは約2mと長さは十分。

 

えっと、話を戻して…

先ほどの組み立て手順を分かりやすくするために

画像を少し弄っての解説です。

赤丸の①と②はスタンド部分になります。

 

取り付けは①の左側を②の中央部分に重ねて

時計回りに回すだけ!以上!

 

組み立て後はこんな感じ

 

そして、青丸の③にマイクとスピーカーの

イヤホンプラグを差し込んでPCと

付属の専用USBケーブルで接続します。

 

配線後の画像になりますがこのような感じに。

マイクマークAUDIO OUTが表示されているんで

プラグの差し間違いとかはないです。

 

組み立て、配線等が終わってこんな感じです!

何か実況者っぽい感じになりました(笑)

(相変わらずのちゃぶ台だけど…)

 

マイクの組み立てに関しては以上で終わりです。

 

組み立てと配線の所要時間は約1分!

手順がとても少ないので誰でも簡単に組み立て

できますね!

 

セットアップも非常に簡単

組み立ての後はセットアップです。

実際にパソコンを触りだすと難しいと

思われがちですが実際は非常に簡単です。

 

すぐに使えることも多いですが、

有効化になっていなかった場合も考えて

手順を踏んで紹介です。

 

僕のパソコンはwindows10ですので

windows10を想定して以下の手順で

セットアップできます。

スタートメニューから設定をクリック。

その後、デバイスをクリック。

 

画像右のサウンド設定をクリック。

 

新しくサウンドのウィンドウが出てくるので

録音タブをクリックします。

 

すると、インストールされている

オーディオデバイスが表示されます。

 

ここでもし、「UAB-80」表記のマイクが

無効になっていたら右クリックを押して

有効化」をクリックすることで有効状態に

することができます。

 

次はマイクの音量調整ですが、

「UAB-80」表記のマイクを

クリック選択後プロパティをクリック。

 

プロパティ画面が開いたらレベルタブをクリックします。

ミキサー(台形のつまみ)で0~100の間から

マイクの音量調整ができるのでお好みの調整を。

 

僕の場合は100のままで使っていますが

相手側からうるさいと言われていないので

今のところ問題はなしですね。

 

以上が音量調整までのセットアップ手順となります。

単純なので簡単にできますよ~

 

実際に使ってみてヘッドセットよりも使いやすいと実感

ここからは実際に使ってみてのレビュー!

冒頭でも書きましたが、

僕自身マイクを購入したのは友達と

TRPGをするための通話で必要になったからです。
(TRPG=テーブルトークロールプレイングゲーム)

 

通話アプリは「Discode」と呼ばれるアプリです。

Discodeについてはまた別記事で書いていきますね。

 

それで、TRPGって雑談も入るから自分たちの場合は

一つのシナリオでも約8時間とかかかることがあります。

 

そんな長時間の中で今回のPCマイクがデビューした

訳ですが、結論としてめちゃくちゃ使いやすかったです。

マイクから約80cm程離れていてもしっかりと

相手と会話することができるんですよ!?

 

だから、度々マイクを近づけないといけない

なんて必要はありません。

 

そうなるとノイズも結構拾うのかと

考えますが、一度近くでスマホアプリをして

遊んでましたが、音を取り込んでいなかったので

ある程度の指向性マイクじゃないかと言えます。

 

マイク購入より前はヘッドセットの使用でしたが

マイクが口元にあるので会話中にちょっとした

鼻をすする音も拾ってしまうので

結構使いにくかったです(;´・ω・)

 

まぁ2000円という安いものだったので

比較してはいけないと思いますが…

 

PCでの通話をされるなら絶対にオススメ

最後にですけど、僕個人としてSONYの

PCマイク「ECM-PCV80U」は非常におすすめです!

 

パソコンを使うことがある方ならわかりますが

両手がふさがらないしマイクをいちいち近づける

必要がないってのはすごく楽ですよ。

おまけに音声はクリアで雑音もあまり入らない。

 

もし、今後PCでSkypeなど通話を検討されるなら

購入してみて実際に話されてみては

いかがでしょうか。

 

 

また別の機会にですけど、通話アプリである

Discodeのセットアップに関しても

書く予定なので、良ければそちらも

見ていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク