どうも!チカゲです(^^ゞ

 

あなたはバイクタイヤについて

どこまで知っていますか?

 

地面と接する唯一のパーツ

何よりライダーの命に関わってくる

とても重要なパーツになります。

 

タイヤの種類、空気圧など

バイクを乗るなら知っておきたいことばかり

でもありますので今回はバイクの基礎となる

タイヤに関しての記事を書いていきます。

 

タイヤについて知ることで

日々の整備にも役立ちますし

トラブルを未然に防ぐこともできます。

 

ちょっとしたことでも知っておけば

より安全にバイクを楽しめますよ!

 

スポンサーリンク

公道で走ることのできるタイヤは主に3種類

まずバイクのタイヤと言っても、

公道を走ることができないタイヤもあります。

 

主に公道で走ることができるのは

  • バイアスタイヤ
  • ラジアルタイヤ
  • トレールタイヤ

の3種類となっています。

 

バイアスタイヤ

バイアスタイヤの特徴は

タイヤの骨組みであるカーカスが

斜めに並んでいることです。

 

両サイドから複数折り重ねた構造により

タイヤ全体で衝撃を吸収する柔軟性が出てきます。

また、ラジアルタイヤと比べてバイアスタイヤの方が

比較的値段も安めという点でもメリットと言えます。

 

性能は柔軟性の高さから

グリップ力や、クッション性の高く、

低速時や悪路でも安定した走りが

可能となっています。

 

しかし、耐久面はラジアルタイヤよりも低く

消耗しやすいこと、急カーブで深いバンクするのに

グリップ力が足りない場合があるという点が

バイアスタイヤのデメリットとなります。

 

一般的に使用されているバイク車種は

スクータータイプやアメリカンタイプ、

ネイキッドタイプなどとなります。

 

ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤの特徴は、

カーカスがタイヤの中心から放射状に

並んでいることです。

 

バイアスタイヤと違ってカーカスを

折り重ねていないことから、トレッドが

変形することがありません。

 

タイヤ全体で衝撃を吸収するのではなく、

サイドウォール部分のみで走行時の衝撃を吸収している

ことになりますが、接地面積が減る分として

消耗しにくい燃費アップといったメリットがあります。

 

それにラジアルタイヤは走行によっての

カーカスのズレが生じることがないので

グリップがよく、スピードを出した場合でも

操縦が安定して乗り心地がいいです。

 

デメリットとしては

値段がバイアスタイヤと比べて割増で

出費が大きいことです。

タイヤの耐久力はあるので度々交換とは

なりませんが、値段が高いというのは

知っておいた方がいいですね。

 

一般的に使用されている車種は

スポーツタイプと一部のネイキッドタイプの

バイクとなります。

 

トレールタイヤ

トレールタイヤの特徴は、

4種類あるオフロードタイヤの中で

唯一公道を走行することのできるタイヤです。

 

他の3種類は競技タイヤと呼ばれ、

舗装された道路を走ることを考えられていないため

公道を走ることは禁止されています。

走っているのがバレたら違反で捕まるってことですね。

 

オンロードとオフロードのどちらも

走行することができるので高速道路を走って

その後林道コースを走るなんてこともできちゃいます!

 

また、トレースタイヤは

タイヤに台形のようなブロックがついており

ブロックサイズを見ることでオンロード向きか

オフロード向きかが分かりますよ。

 

ブロックサイズが大きいとオンロード向き

反対にサイズが小さいとオフロード向き

なっています。

 

どこでも走行できるタイヤですが、

他のオフロードタイヤと比べると

オフロードでのグリップは劣ります。

 

さらに、オンロード時のグリップも

バイアスやラジアルと比べると劣ります。

 

トレールタイヤは良い意味で

バランスの良いタイヤ、悪い意味で

中途半端なタイヤと言われています。

 

ただ、通常走行時に影響ある訳ではないので

中途半端と言っても気にする必要はないですよ!

 

タイヤにはチューブタイヤとチューブレスタイヤがある

運転する方であれば一度は聞いたことが

あるかと思いますがタイヤには

空気を入れるチューブが入っているタイヤと

入っていないタイヤの2種類があります。

 

チューブタイヤは簡単に言うと自転車のタイヤのような構造です。

タイヤの内側に空気を入れるチューブを仕込んであるってだけ。

 

チューブレスタイヤになるとタイヤ内部にある

ゴム素材のビートがリムにくっついてチューブの

役割をしているので空気が漏れることがありません。

 

 

画像はスバルから引用しましたが

リムの位置っていうのが分かってもらえれば

と思ったので貼っています。

 

多少の構造が分かったところで

チューブレスタイヤのメリットはどのようなものか。

 

チューブレスタイヤのメリット

釘などを踏んでも空気が抜けにくい

従来のチューブタイヤの場合、

パンク時にすぐ空気が抜けてしまいますよね。

そうなると運転はできませんし、走行中のパンクは

制御できてなくて転倒なんてこともあります。

 

チューブレスタイヤは、

釘を踏んでもすぐに空気が抜ないので

パンクによる転倒を未然に防ぐことができます。

 

タイヤ内の排熱効果あり

チューブレスによって、

タイヤ内の空気とゴムの当たる範囲が広くなるので

熱がこもりにくいというメリットもあります。

 

特に熱によってタイヤの劣化が早まるので

排熱効果は長持ちさせる意味でも重要なんですよ!

 

チューブレスタイヤは定期的に確認しておかないとパンクの発見が遅れる

穴が空いてもゆっくり空気が抜けていく構造上

気付いたら空気が抜けているなんてことは

よくあり、パンクしているかどうか

分かりにくいです。

 

例えば朝の通勤で乗ったバイクが帰宅する際に

パンクしていたなんてことも…

 

さらに、パンクに気づかずに走り続けていると

タイヤとリムの固定するビート部と呼ばれる箇所に

傷が入る可能性があります。

 

そうなると今度は空気漏れになる可能性も出てきます。

 

最悪タイヤ交換になるので、

定期的にでもタイヤの確認をしておくのは大事ですよ。

 

タイヤの空気圧はこまめにチェックしよう

今度はタイヤの空気圧になりますが、

空気圧も疎かにしていると危険です。

 

タイヤの空気圧というのはタイヤ内部から

外側に向かって反発する力の大きさと

思って頂ければいいです。

 

タイヤそれぞれの適切な空気圧でないと

グリップ性能や燃費にも関わってきます。

 

バイクのフレーム部分にシールで

貼られていることが多いので

一度確認してみてください。

 

それと実はバイクの場合、

一人で乗る時と二人で乗る時とでは

空気圧を変える必要があるんですよ。

 

それらを踏まえて空気圧が適切より高い場合と

適切より低い場合ではどうであるか。

 

バイクタイヤの空気圧が高いとグリップの低下に繋がる

 

バイクタイヤの空気圧が適正より高いと

地面との接地面が減るので摩擦が低下し、

グリップ性能ブレーキ性能が下がります。

 

他にもちょっとした段差でも跳ねるので

乗り心地が悪くなるうえ、タイヤの衝撃吸収能力も

低下してタイヤが裂けたり傷が入ったりすること

あります。

 

バイクタイヤの空気圧が低いと燃費が悪くなる

反対にバイクタイヤの空気圧が適正より低いと

地面との接地面が増え、摩擦が増加するので

スピード維持しようとして燃費が悪くなります。

 

他にもタイヤが変形してグリップ力が弱まるので

カーブを曲がろうとした時に転倒する可能性もあるうえ、

タイヤの両端がすり減ってくる何てこともあります。

 

最悪の場合、走行中にタイヤ内部の発熱が大きくなって

スタンディングウェーブ(タイヤの後方が波状に変形)が

発生してそのままバーストする可能性もあります。

 

このようにタイヤの空気圧は運転するのに

とても重要になってきます。

 

空気圧はガソリンスタンドで確認できる!

空気圧は道具があれば自宅でも確認することができますが

持っていない場合、ガソリンスタンドで確認ができます。

 

セルフスタンドでも店員の方がいる場合が多いので

空気圧をチェックしたい場合は声をかけることで

簡単に見てもらうことができるので是非お試しください。

 

自宅で空気圧を確認したい場合はエアーコンプレッサーを用意

もし、自宅で空気圧を確認したい場合は

エアーコンプレッサーの購入を用意する必要があります。

 

最近は比較的値段が安めなものも多く、

性能も十分なので僕個人がオススメする

エアーコンプレッサーをご紹介です。

 

lovtenは電源が車のシガーソケットのみだがコスパは十分

 

AC電源が使用できず車のシガーソケットのみという

デメリットはありますが、3000円と安くて

しかも60db(普通に会話する程度)と静音です。

 

空気圧はデジタル画面で設定することで

自動で設定した空気圧まで調整してくれます。

目を離しててもいいのは楽ですよね。

 

タイヤ以外にもボールや浮き輪などにも使えるので

レジャー施設に持って行って使うこともできます。

本体自体も結構コンパクトなのはGood

 

これなら住宅街などで使用した場合でも

近所迷惑になるという心配もありませんよ。

 

充電式でコードレス!どこでも持ち運びができるエアーコンプレッサー

 

車を持っていない方も当然いると思いますが、

そんな方でも使用できるのがコードレスの

エアーコンプレッサーです。

 

充電式でどこでも持ち運びが可能

一回の充電で15分程使用できます。

 

こちらも空気圧の設定が可能で、設定しておけば

自動で空気の注入を止めてくれます。

 

もちろん、ボールなども使用できるので

一家に一台はあってもいいアイテムだと思いますね!

 

タイヤはライダーの命に関わるからしっかり確認しよう!

最後に今回はタイヤに関する基本的なことを

書いてみましたが、ちょこちょこ大雑把になっている

部分はあります(;´・ω・)

 

全部書くと記事の長さがかなり長くなりますからね(笑)

細かいことは関連記事として書いていくつもりです。

 

話を戻しますが、普段何気なく乗っている

バイクのタイヤ一つでもいろいろな種類が

ありますよね。

 

いざ知ろうとなるとチェック箇所がとても多い…

しかし、知っておいて損はありませんので

少しずつでも知っていって事故の発生を

未然に防いでいきましょ!