どうも!チカゲです(^^ゞ

 

突然ですけどあなたはバイクハンドル

意識したことありますか?

 

ハンドルは運転するうえで大切なパーツですが、

運転時の姿勢や走り方に関わってきます。

 

バイクにはセパレートハンドルバーハンドル

2種類があって、バイク車種によってつけられている

ハンドルが異なるんですよ。

 

バーハンドル

1本のバーからできていることが特徴

 

セパレートハンドル(通称セパハン)

左右のハンドルが別々になっているのが特徴

 

2種類のハンドルの画像を比べてみても全然違いますよね。

セパハンは左右の支柱からハンドルが出ていますが、

バーハンドルはハンドルが1本の長いバーになっています。

 

そこで、今回は2種類のバイクハンドルの

メリット・デメリットについて書いていきます。

 

ハンドルの特徴を知ることで、

バイクの購入やカスタム時の参考にもなりますよ。

 

スポンサーリンク

バーハンドルはハンドル位置が高く長距離向き

バーハンドルは黄色の丸で囲った

クランプでハンドルを挟んでいるので、

トップブリッジからさらにクランプの高さ分

ハンドル位置が高くなります。

 

バーハンドルのメリット

ハンドル位置が高いのでポジションが楽になる

ハンドル位置が高いことによって

余計な力を入れる必要がなく運転ができます。

 

そのため長時間の運転でも疲れにくく

長距離運転向きでありますよ。

 

ネイキッドタイプスクータータイプ

バーハンドルを採用していることがほとんどですね。

 

取り回しが良い

ハンドルをしっかり切ることができるので

取り回しがよくUターンなどもやりやすいです。

 

Uターンをする場面って駐車した後の切り返しや

道を間違えた際の切り返しが思い浮かびますけど

日頃乗っているとやる場面多いですよね。

 

バーハンドルだと取り回せる角度が大きいから

切り返しも楽でめんどくさいとは思いませんよ。

 

バーハンドルのデメリット

セパハンと比べるとカーブは曲がりにくい

そこまで大きなデメリットではありませんが、

バーハンドルだと姿勢が起き上がっているので

セパハンの様に急カーブを攻めるのは難しいです。

普通にカーブを曲がる分には影響はありません!

 

ただ、デメリットはそれくらいのことなので

他には特にないですね。

 

セパレートハンドルはハンドル位置が低くカーブが曲がりやすい

セパハンはトップブリッジよりも

下にハンドルを取り付ける形になるので、

バーハンドルと比べてハンドル位置が下がり

自然と前傾姿勢になります。

セパハンのメリット

前傾姿勢でカーブが曲がりやすい

ハンドル位置の低さによって前傾姿勢となりますが、

通常ポジションよりも重心移動が行いやすく

カーブで曲がりやすいメリットがあります。

 

スポーツタイプとかになると

膝が擦るくらい車体を傾けることもできますからね(笑)

それができるからこそカーブに強いです。

 

ハンドル周りがよりかっこよく見える(個人的)

人それぞれ好き好きですけど僕個人は

セパハンのバイクのようなハンドル位置が低く

下を向いているバイクの見た目は

かっこいいなと思います。

 

運転するかしないかは抜きにして

見た目の良さというのもバイクはいいって

考えでありますので(笑)

 

セパハンのデメリット

常に前傾姿勢になるので疲れやすい

前傾姿勢を維持するというのは結構しんどいもので

腰が痛くなることもあります。

さらに、腰痛の原因にも繋がることも!

 

そのため、長距離運転にはあまり向いておらず

こまめな休憩を取ることがとても大切です。

体を伸ばすことも忘れずに!

 

ハンドルを切る角度が狭く切り返しが大変

セパハンの場合、バーハンドルと比べて

ハンドルを切れる角度が狭いです。

 

ハンドル位置が低いため、

バーハンドルと同じようにハンドルを切ると

ハンドルがタンクに当たるからですね。

 

タンクに当てないためにストッパーをつけるのですが、

ストッパーによりさらに可動域が狭まります。

 

バーハンドルでは2回で切り返せるところが

セパハンでは3回以上しないとダメな場合もあるので

その分大変ということです!(実際結構疲れる)

 

バーハンドルとセパレートハンドルはそれぞれに良し悪し

最後ですけど、バーハンドルとセパハンは

それぞれにメリット・デメリットがありましたが、

特徴を十分理解しておけば対応はすることもできます。

 

ハンドル自体もカスタムで取り換えが可能なので

自分のスタイルに合ったハンドルで走るのが一番です!

 

今回は2種類のハンドルの特徴を知ってもらえると

嬉しいなと思います(超個人的)

 

それでは楽しいバイクライフを!

 

バイクに関係する商品を買うならバイクブロスがおすすめ!
バイクブロスの通販なら車種別カスタムパーツ検索OK!