どうも!チカゲです(^^ゞ

 

今回は家の軒下にある原付(DIO)を

洗車したので洗車記録です!

まぁ自賠責も切れて任意保険も外しているから

今は乗れる状態ではありませんが(笑)

 

それで引っ張りだしてみたらめっちゃ汚い…

父親が最後に使った記憶があり、

約2年分のホコリを被ってます!

 

軒下とは言え風通しはいいから雨で濡れるし

タイヤ周りとかすごい汚れが(;´・ω・)

クモの巣張ってるやん(笑)

 

汚れも気になるけど全然動かしてないから

そもそもエンジンかかるん?」ってなったので

セルスターター押してみたけどエンジンかからず

 

キックは試してないのでわからないですけど

バッテリー上がっているだろうな~

 

まぁ今は乗らないしバッテリーのことは忘れましょ。

 

そもそも何故急に洗車するのかという。

 

きっかけはTwitterで他のライダーさん方の

洗車を見て、ふと自分の原付の状態が

気になったから!

何ともしょうもない理由(;’∀’)

 

ということでこの度、

洗車して綺麗にしてみようかと。

どれだけ綺麗になるか楽しみですよ!

 

洗車風景交えつつどういう道具を使っているか

今回は書きたいと思います。

 

先にボディの砂汚れを水で流すとキズが付きにくい

初歩中の初歩!

まずはボディについている砂といった汚れを

水で洗い流します。

 

スポンジを濡らしているし本体に

水をかけなくてもいいんじゃ?」と

思う方もいますがこれは間違い!

 

先に水で流しておかないと

スポンジで擦った際にボディについている砂で

細かいキズが付く場合があります。

 

キズをつけないためにも、

水で一度流してから洗いの作業に入るんです。

 

スポンジに洗剤をつけてゴシゴシ

ここでスポンジに洗剤を付けて洗っていきます!

今回使用したの洗剤はこちら。

WILLSONの「洗う艶出しWAX」という洗剤。

一度の洗いでワックス効果もある洗剤ですが、

車用のやつです(笑)

 

一応裏の使用用途とかを確認したところ

問題なさそうなんで使ったって感じです。

スポンジも車の洗車で使用しているものを拝借!

 

このスポンジの凸凹具合を見てたら

毎度スポンジ〇ブの姿が思い浮かぶ…

何故だ!?

 

そんな僕のことは置いておいて

スポンジに洗剤をタラーッとしてみると

白濁液で泡立ち自体はまぁまぁって感じ。

スポンジが古いのもあるかも?

 

 

泡立ち確認しつつ洗っていきますか!

フロント部分は特に汚れが酷かったので

洗っていくとまぁ泡が灰色になること(笑)

この画像じゃわかりにくいかもしれませんが

真ん中部分とか泡が灰色になってるんですよ!

 

そしてシートなどリア部分。

こっちも泡がどんどん灰色に変色していて

気付いたらシートの上の泡が消滅してました。

 

そんなこんなでタイヤ周りを除いて、

全体を一通りスポンジで擦ってこんな状態。

メーターのところとかもう全然違いますよね(笑)

 

一旦水で洗い流して洗い残しが無いか確認して

タイヤ周り、エンジンといった部分に移行。

 

マフラー周りやタイヤ周りは洗車ブラシで!

エンジン、マフラーやタイヤといったパーツは

スポンジではなく洗車ブラシで洗います!

 

砂が付きやすいパーツをスポンジで擦ると

スポンジの中に砂が残る可能性が出てくるので

次の洗車でキズが入るかもしれないからです。

ちょうど家で使っていたものと同じやつがあったので掲載!

洗車ブラシの毛は硬くなくて柔らかめなので、

ボディにキズをつけることなく汚れを落としてくれます。

 

水をかけながら擦っていくと前輪はこの様に変化!

汚れが落ちたな(確信)

 

それとマフラー周りはこんな感じに。

クモの巣も取れて見違えるほどきれいになりました!

 

拭き上げはマイクロファイバータオルがおすすめ

最後に拭き上げですけど、ここで拭き残しがあると

乾いた後に跡が残ってしまいます。

せっかく洗車したのに跡がつくとかもったいですよね?

 

雑巾で拭いた場合、拭いて絞ってをしっかりしても

拭き残しが起こりやすいです。

 

そんな拭き残しには吸水性の高い

マイクロファイバータオルがオススメ!

使用されたことがある方も多いでしょうが

マイクロファイバーは繊維がとても細かいので

吸水性がめっちゃいいです。

 

それに絞った時の水切れもいいので

乾かさなくても再使用可能です。

拭き上げ用の一枚あるだけでもかなり変わりますよ。

 

 

そんなマイクロファイバータオルで拭き上げたらこんな感じに。

 

シミとかは仕方ないですけど

汚れは落とし切ったので綺麗に!

 

しっかり洗ったら元の位置に戻す!

最後は元々置いてあった軒下に再配置!

流石にまた汚れてしまうってのは避けたいので

今回はビニールシートを被せて雨よけに。

 

また乗る機会は来るかもしれないし

ちゃんとした状態にしておこうと思いました(笑)

 

自賠責に任意保険、バッテリー交換…

いつになるかな~(遠い目)

 

それと、今回の記事が洗車の参考になれば幸いです。

今回は原付スクーターでしたが、洗い方の手順と

しては250ccなどの普通バイクでも全く同じです。

 

あなたのバイクもピカピカにしちゃいましょう!

それではまた別の記事にて!

 

 

原付バイクについて合わせて読みたい記事!
スポンサーリンク