どうも!チカゲです(^^ゞ

前回書きました「バイク車種シリーズ」の続きを書いていきます!

 

バイクに乗りたいけどどう選べばいいか悩んでいる方に向けたもので

購入の参考になればと思っての車種シリーズですが、

今回書いていくのはネイキッドタイプについて。

 

自動車学校のバイクとして使用されることが多いため

バイクに詳しくない人でもバイクと聞いて真っ先に思い浮かぶくらい

ネイキッドタイプはメジャーなバイクじゃないでしょうか。

 

かく言う僕も小学、中学の時はバイク=ネイキッドタイプをイメージしてました。

車種名とかも全然詳しくはないですけど、

バイクと言えばあのフォルムという風に思っていたので(笑)

それに本屋でバイク雑誌の表紙でネイキッドタイプを見ることが多かったのも

イメージの理由として挙がりますね。

 

それじゃあメジャーとも言えるネイキッドバイクの

メリット・デメリットがどういうものかを書いていきます。

 

前記事のバイク車種シリーズのビッグスクーターについてはこちらから!

【バイク車種シリーズ1】ビッグスクーターのメリット・デメリット

 

誰が見てもかっこいいと言えるフォルムなうえエンジン性能も良い

まずは、何と言ってもバイク=ネイキッドと言われるくらいメジャーなフォルム。

シンプルな見た目!」それがかっこいいと言えます。

自分の語彙力が無くてうまく書けないのが申し訳ないですが

僕から言えることはこの一言に尽きます(笑)

 

楽なライディング姿勢で長距離に向いている

ネイキッドタイプの多くがバーハンドルというハンドルを採用しています。

ハンドル位置が高くライディング姿勢が起き上がった状態になるので

体への負担が少なく長距離ツーリング向きとなります。

 

他にもハンドルをしっかり切れるため、取り回ししやすく

小回りが利きやすいという利点もあり。

 

ハンドルにはもう1つセパレートハンドルというものがありますが

セパレートハンドルはNinjaYZFCBRといった

スポーツタイプのバイクに採用されているものと思ってもらえるといいです。

※ハンドルについて詳しくは別記事で

 

エンジン性能は低くなく十分な走りが可能

見た目が良くても実際の走りはどうなのか?

ネイキッドタイプは全体的にバランスのいいバイクと言われていますが

スポーツタイプに劣るもののスピード性能としては十分申し分ないです。

 

極端な話、峠を攻めたいとか高速で一気に加速したいとか言わない限り

あまり気にする必要はないかもしれませんね。

 

そういった方はサーキットで走られる方がいいかもしれませんが。

 

カウルが無いため風の影響を大きく受けるデメリットあり

ネイキッドタイプはメジャーな見た目故に

個性が出しにくいとかも言われます。

 

そんなことよりも、カウルがついていないことから

風をダイレクトに受けてしまうデメリットがあります。

 

バイクが初めての方だと風がどう影響するのか

分からないかもしれませんが、簡単に言うと

走行時の快適感疲労感に関わります。

 

走行中の空気抵抗が大きいと体に力が入ってしまうので

余計に疲れちゃうってことです。

 

カウルがあることにより空気抵抗を分散してくれるので

見た目じゃなくて実用性もあると思ってもらえればいいです。

 

ネイキッドタイプにはハーフカウルのついたバイクもあるので

風が気になるという方であればそちらを検討されると

いいかもしれませんね。

 

バイク選びに悩むのであればネイキッドタイプが一番

最後は個人的な意見になりますが、バイクに乗りたいけど

なかなか選べないって方はネイキッドがおすすめです。

 

スピード性、取り回しといった性能も十分なため

失敗したバイク選びにはまずならないでしょう!

 

それに、バイク買ってすることと言えばやはりツーリング!

比較的乗りやすいというもあって長距離にも向いていますからね。

 

唯一デメリットの風の影響を受けやすいということもありますけど、

カウルを取り付けたりとカスタムで対処は可能です。

 

といった具合でざっくりだけど、

ネイキッドタイプのメリットデメリットについての記事でした。

楽しいライダー生活を迎えましょう(*’▽’)

 

スポンサーリンク