どうも!チカゲです(^^ゞ

 

寒くなってくるとバイクに乗るときのズボンはどうしようかなって悩むことありますよね。これで大丈夫だろうと思っていても実際に走ってみたらめちゃくちゃ寒かったなんて経験は誰もがしたことがあるかと…

 

僕も大学生のころに「今日は暖かいしそこまで気にしなくてもいいだろ」って思って冬場にジーンズのみで走ったことがありましたが、足が死にかけた覚えがあります(笑)

 

本格的なバイクウェアがあれば寒さもへっちゃら!と言えるんですが、値段が高いのでなかなか手が出せないですよね。さらに、暖かさばかりを求めているとバイクから降りて歩いた時とかに「ダサい…」ってなる可能性もあるんですよ。

 

そこで今回の記事は冬場の寒い時期でも履ける安く暖かいズボンや、運転中も暖かくするための方法について書いていきたいと思います。

 

また、今回はズボン記事となりますのでシャツなどといった上半身に関しては以下の記事をご覧ください。

【冬の寒さ対策!】バイクはインナーシャツで暖かさが全然違う!?

スポンサーリンク

大前提としてインナータイツを履くこと!

まずは大前提として、タイツなどのインナーは履くべきです。タイツと言っても女性物だけでなく男性物もあります!

例えば、アウトドアブランドのEXIOが発売するレギンスは値段が1000円未満という安さですが、起毛量が一般的なレギンスよりも20%以上多いため暖かいです。

 

僕もバイクに乗るようになってからレギンスを買いましたが冬場になると必需品ですよね。履いているのといないとでは差がありすぎます。

 

バイクに乗るならインナーは絶対履くべき装備ですね。(間違いない)

 

個人的にサイズは大きめではなくぴったりがいいです。理由として、大きめでダボってするようであるとズボンの裾から入る風で肌とインナー間の熱がもっていかれるからです。足元は肌が露出しやすいのもあるので熱が持って行かれるのはすごくキツイですよ。

 

一応、サイズに関係なくインナーの裾を靴下に入れるというやり方をすることで肌の露出を防げてより暖かくすることができるので、是非試してみてください。

 

冬場のバイクは防風加工のズボンを選ぶべき

次は何と言ってもズボンですが、ズボンは防風加工がしてあるものを選びましょう。暖かいズボンだとしても、風を通すようでは簡単に冷えてしまいますからね。

 

防風加工がされたズボンってどういうものかと言うと、暖パンとかがいい例ですね。

暖パンでも種類があり、ライダースーツのようなものもあれば、見た目は普通のパンツというのもあります。そこで、バイク運転以外に普段履きをすることを考えるとVallettaのズボンはいいかと思います。

 

スリムパンツなのでシルエットもダボっとしなくておしゃれに履くことができます。また、ストレッチが効いているため、動きやすくシュっとしたかっこいいライダーになれますよ!

 

裏起毛があるズボンを探そう!

いくら遮風性が高くても、ズボンを履いてひんやりは嫌ですよね。そんな時のために、裏起毛があるズボンも選ぶ基準となります。特に冬場なんてズボンを履いた瞬間にめちゃくちゃ冷たいなんてことがありますからね。

 

裏起毛のあるズボンであれば履いた瞬間から暖かいと感じますし、外の冷たい風を受けてもズボンの中まで冷えることはないです。

アウトドアプロダクツパンツは実際にバイク乗りの方が使用されているズボンとなります。裏起毛なので暖かさは十分、いくつかポケットもあるのでちょっとした小物を入れるのに便利ですね。

 

完璧なコスパを求めるならワークマンのイージス

ズボン選びのことについてお話をしていきましたが、「マジでバイクに乗るならこのズボンがオススメ」っていう風なものになると僕はイージスをオススメします。

 

今じゃすごいメジャーですね(笑)

 

一応ですがワークマンってご存知でしょうか?作業服、作業用品などを販売しているお店なんですが、実はバイク用として十分使用できる商品があるんですよ。

 

↓イージスの紹介写真

イージスというのは防水防寒スーツのことで遮風性、防寒、防水とバイク乗りに必要な機能が全て備わってるんです!突然の雨もへっちゃらなのは心強いですよね。

 

数年前に2ちゃんねるでバイク乗りがイージスを着て運転したら全然寒くないというのがスレで話題となり一気に人気になった商品ですね。

 

また、見た目も作業着という感じはなくスポーティな感じなためバイクで着ていても違和感とかは全くなし。値段も上下セットで6800円と機能面から考えればかなり安いです。

 

結構人気商品なので品切れになることもあるくらい売れているウェアですので、信頼度はすごく高いですよ。

 

最後に

僕自身も冬場でもバイクに乗ったりするので、冬場に足が冷える感覚というのはほんと辛いことだと思っています。。だからこそ、遮風性や裏起毛といったズボンを選んで走行中に寒さに震えることの無いように対策をする必要があります。

 

寒さ対策をしておけば冬のバイクも楽しむことができますし、寒さによって集中力が低下し事故に繋がるというのを防げるので意識していきたいところです。

 

インナーパンツも大事ですが、まずは暖パンとかを買ってみて走ってみると寒さが段違いに変わるので是非お試しあれ。

スポンサーリンク