どうも!チカゲです(^^ゞ

 

冬が到来してどんどん寒くなってくると上着を重ね着するなんてことありますよね。バイクを運転するとなると、さらに強い風を体に受けるので尚更防寒しないと体が冷えてしまいます。

 

基本的に厚手の服を着れば防寒対策になりますが、厚手の服を着こむと今度は動きにくくなって運転が難しくなります。

 

そこで、薄くてもしっかり暖かいインナーシャツの出番です!

 

肌に直接触れるものでもあるので、素材などを見て選べば薄手でも十分暖かくなれます。

 

そこで今回は、寒い時期にオススメのインナーシャツ紹介です。また、上物であるインナーシャツの紹介となりますが、ズボンの寒さ対策記事もありますのでこちらも合わせてご覧ください。

合わせて読みたい
スポンサーリンク

暖かさを求めるならヒートテックは選ばない

冬に着るようなインナーで一番有名と言えるのはユニクロのヒートテックじゃないでしょうか。

 

毎年CMでもしているように暖かく過ごせるといった感じになっていますが、僕自身実際に使用してみてめちゃくちゃ暖かいというわけではないってのが本音です。

 

確かに薄手の生地で着ている時と着ていない時とでは違いはありますけど、凄い暖かいってわけではないですよね。

 

別にヒートテックを批判する気もないですし、ユニクロ商品愛用している身として今後も期待してますよ!安いですし。

 

ただ、今はユニクロ以外のインナーが注目を浴びているのも事実。そこで、今注目を浴びているインナーの紹介をしていきましょう。

 

圧倒的な暖かさを求めるならミズノのブレスサーモ

スポーツメーカーのMIZUNOが発売するインナーはブレスサーモと呼ばれる繊維が人から発散される水分を吸湿して発熱するという仕組みです。

 

最近だとブレスサーモが一番暖かいと言われており、Amazonレビューの中には寝るときに着ていたら熱くて眠れないって!って方がいるほど暖かくなります。

 

インナーであるため色はブラックとホワイトの2種類しかありませんがあまり問題はないでしょう。また、男性用と女性用どちらもあるので着れないという心配はありません。

 

しかし、値段が5000円前後と高めなため複数購入は難しいのがデメリットになりますね。しかし、確かな暖かさなので冬場のツーリングといった、遠出をする際に真価を発揮するかもしれませんね。

 

コスパを求めるならB.V.D.

マイクロアクリルファイバーによる柔らかな肌ざわりと吸湿発熱性に優れたレーヨンを使用しているインナー。こちらも体から発散される水分を吸湿して発熱するタイプです。

 

帯電防止加工も施されているので、冬場などの乾燥する時期に起きる静電気を防いでくれれるんです!僕は車に乗る度にバチッって静電気が来るので帯電防止加工は地味に嬉しいです(笑)

 

値段は2000円以下と比較的安めであるので2、3着は買っておいても損はないです。ヒートテックよりかは高めではありますが、お値段相当と考えるかどうかですね。

 

汗をかいても汗冷えしないジオライン

アウトドア商品で有名なブランド「mont-bell」が発売するインナーのジオラインは速乾性に優れおり、汗をかいてもすぐ乾いてくれるので汗冷えしません。どのインナーにも言えますが薄手でありつつも暖かさを備えているのでその点は安心ですね。

 

僕個人としては速乾性がなかなかなポイントで体質にもよりますが、バイクに乗る場合だと普段より着込むので走っていない時って汗をかきやすいんですよね。そういうときに、汗をすぐ乾かして体を冷やさないようにするってのは大きいですよ。

 

値段は3500円前後とちょっと高めですが、寒暖差がある日などで真価を発揮するインナーと言えますね。

 

バイクはインナー1枚で寒さに変化あり!

最後にですが、冬のバイクではインナーシャツをこだわることで暖かく、スリムな見た目で動きやすくなるというメリットがあります。かっこいいバイクをよりカッコよく乗るなら見た目もこだわりたいところですよね。

 

また、インナーシャツを大量に購入しなくても最低1着だけでも持っておけば、バイクに乗る日だけ着るというやり方でお財布にも優しいですし、防寒対策もちゃんとできます。

 

寒い時は本当に寒いので例え見た目には見えない部分でも、普段よりちょっとこだわってみることで冬場の運転に変化があるかもしれないので是非お試しあれ。

 

スポンサーリンク