どうも!チカゲです(^^ゞ

 

キーボードカバーって使用したことありますか?

キーボードの汚れを防ぐのに使用されますが、

実は汚れを防ぐ以外にもいい点があるんですよ!

 

僕はこれまで面倒というのもあって使用してませんが

友達が使用しているのを見てパソコンするなら

あった方がいいなって感じたんです。

 

そこで、今回はキーボードカバーについて

書いていこうかと思います。

 

キーボードカバーでお手入れが簡単!

まず、キーボードカバーのほとんどは

触った感じが柔らかく、滑りにくいという特徴があります。

 

ポリウレタンとシリコンゴムで汚れから守り、触りやすさを

パソコンカバーの素材として使用されることのある

ポリウレタンは耐久性で弾力感がよくて

シリコンゴムは汚れを吸着してくれます。

 

キーの隙間にゴミが入るのを防ぎ、水洗いも可能!

そして、キーボードカバーの利点として挙がるのが

キーの隙間にほこりといったゴミが入るのを防ぎます。

 

シリコンカバーは水洗いが可能なので

カバーが汚れてきたら一度外して

水洗いをして乾かせばいいだけ。

 

キーボードを掃除したことある方ならわかると

思いますが、キーの隙間に入ったゴミを取るのは

面倒ですよね(笑)

 

徹底的に掃除するならキーを全て剥がして

その後隙間のゴミを取り除くって手段になります。

 

慣れてないと掃除に30分以上はかかるけど、

カバーをしているだけで掃除をする必要がなくなりますよ。

 

キーボードカバーは飲み物をこぼしても大丈夫!?

キーボードは電子機器ですから液体が

中まで入ると壊れてしまいます!

 

このような経験ありませんか?

近くに飲み物を置いている状態で

パソコンを操作してて腕に当たって

こぼしてしまったこと。

 

僕は何度か経験したことあります(笑)

集中しすぎて「あ!?」ってなることが。

 

キーボードカバーをしておけば

こぼしたとしてもキーボードの中まで

濡れる心配なし!

 

汚れや故障から守ってくれる

保険みたいなものですね。

 

キーボードカバーはキータッチを意識する人には使いづらい?

汚れや故障からキーボードを守ってくれますが、

欠点としてキーボードの上に1枚被せるので

キータッチの好みが出てきます。

 

「ブヨッ」とした感触があるので苦手な人は使いづらいかと。

また、キー入力をよくする人だと感触の変化で

キータッチが今までと異なってミスタッチが

増えるってこともあります。

 

僕も使ってみた時は

キーボードサイズは普段使い慣れているものと同じなのに

タイピング速度が落ちてました。

慣れなのでしょうが、感触が変わるとこういうことも

起きてしまうので注意が必要です。

 

キーボードカバーは1000円前後がほとんど

カバーを買うにしろ値段は気になりますが

実際のとこカバー自体は安く1000円前後です。

特にエレコムのはシリコン製のフリータイプでどのキーボードにも

使用できるのに800円もしません。

by カエレバ

 

比較的に購入するハードルは低いのでお試しで使用してみるの

いいかもしれませんね。

 

キーボードカバーは普段使いであれば使用するべき

キーボードカバーについて書きましたが、

カバーで汚れや液体による故障を防いでくれます。

もし、カバーのキー部分にゴミが落ちても

外して水洗いなどすればすぐキレイにできるので。

 

普段使いであれば購入してカバーをしておくべきです。

 

反対に仕事でよく使用される場合は、

感触の変化から効率が落ちる可能性もあるので

ご注意を。

 

キーボード自体、安いという点もありますが

それでも汚れとかで買い替えるってなると

もったいないですよね。

少しでも買い替えという出費を減らす目的として

カバーを付けてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク