どうも!チカゲです(^^ゞ

 

ブルーライトカットメガネってご存知ですか?

PCメガネとも呼ばれていますね。

 

パソコンやスマホ、テレビなどから

発生するブルーライトという光を

カットしてくれるメガネです。

 

最近はよくメガネ屋とかにも

ブルーライトカットメガネのコーナーがあるほど

知名度は上がってきたと思いますが、

使用されているでしょうか?

 

普段からパソコンなどデスクワークをされる方や

「自分、スマホめちゃくちゃ見ます!」って方なら

使うべきアイテムだと僕は思ってます。

 

ブルーライトは紫外線に近いため、画面を見過ぎると

視力低下や、睡眠障害を引き起こすので。

 

↓ブルーライトについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

ブルーライトによる影響って?【不眠症になるかも】

 

今回は、

ブルーライトカットメガネの

効果や特徴について書いていきます。

 

スポンサーリンク

PCメガネで長時間でもラクラク!

まず、僕個人の使用感から。

結論としてブルーライトカットメガネの効果は実感してます。

 

元々システムエンジニアをしていたので

毎日8時間以上パソコン画面を見続ける生活でした。

 

目が痛いとか目の奥が重いと

感じることはほぼ毎日でしたし…

 

それでブルーライトカットメガネを買ってみて

使用してみると、ゼロになったわけではないけど

確実に目の痛みや目の奥が重いと感じることが

少なくなりました。

 

ブルーライトカットメガネは

長時間のパソコン使用で必須と言えるほどです。

 

PCメガネは色付きレンズが目を守る秘密

ブルーライトカットメガネは通常のメガネレンズと異なって

うっすらとした橙色であることが特徴です。

そして、レンズの色が薄いものもあれば濃いものもあります。

 

この色の濃さは軽減率によるもので、

軽減率が高いものほどレンズの橙色が濃くなります。

 

当然、軽減率が高いものほどブルーライトによる

影響は少ないので目が疲れにくくなってきます。

 

あえてデメリットとして挙げるなら

レンズ越しの色合いが変化してしまうことくらいです。

見え方としては若干黄色がかるイメージで、

軽減率が高くなるほど景色が黄色がかってきます。

 

PCメガネは軽減率によって普段使いも可能

レンズに橙色が入ってると先ほど言いましたが、

軽減率が低いとパッと見ではわかりにくいです。

例えば上の画像はどうでしょうか?

一見普通のメガネに見えますが、

ブルーライトカットメガネなんです。

 

軽減率は15%と低めではあるものの

これなら普段使いも全然いけますよね!

 

メガネをかけたまま外出してもあまり

気になることもありません。

 

反対に軽減率が上がるとレンズの色はどうなるかです。

今回は灰色のレンズを参照しましたが、

全然違いますよね。

 

軽減率が高くなるとこのように

サングラスのような濃さになるので

デスクワーク以外では使いにくいかと思います。

 

PCメガネは軽減率38%が一番使いやすい

僕が愛用しているJINSのメガネですが

軽減率は38%とちょっと高めです。

レンズに色が入ってるなと感じますが

濃すぎないのでそこまで人への印象が変わりません。

 

また、38%は長時間のスマホやパソコンを触る人向けであるため

実際に長時間パソコン画面を見てても目が疲れを感じることは減りました。

 

以上から、

普段使いや性能といった面から38%が最適だと思っています。

 

最後に

スマホやパソコンを操作するなら

ブルーライトカットメガネを一つ持っておくと便利です。

 

視力低下や睡眠障害にも繋がるブルーライトを

メガネをかけるだけで防ぐことができます。

 

普段使いを検討されるなら軽減率は15%~38%、

仕事としてガッツリ画面を見られるのであれば40%~75%

という具合に選ばれるといいです。

 

それと、メガネだけに頼りすぎず

適度に目を休めることも心掛けましょう!

視力は一生ものですから。