どうも!チカゲです(^^ゞ

 

最近、ブルーライトって言葉をよく耳にしませんか?

ブルーライトはスマホやテレビといった画面を

見続けていると体に影響があるんです。

 

最近眠れなくなったと思ったあなたは

ブルーライトが関係しているかも?

 

今回はブルーライトについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

ブルーライトはとても強い光

ブルーライトは青色光のことで、

可視光線(人の目で見ることができる光)中で

もっとも波長が短く、紫外線ともとれる

強いエネルギーを持っています。

 

可視光線の波長は400nm~780nmであるところ、

ブルーライトは380nm~500nm可視光線の範囲を超えているのです。

紫外線ともとれるブルーライトですが、

スマホやパソコン、LED照明などから発生しています。

 

ブルーライトは目や睡眠への影響あり!?

主に「目の痛み・疲れ」、「不眠」の2つです。

目の痛み・疲れ

  • 波長が短く散乱しやすいことから脳がピント合わせに苦労する。
  • 光のエネルギーの強さから、瞳孔を縮めるのに目の筋肉を酷使し、目や肩、首の凝りが発生してしまう。

ブルーライトの影響でドライアイになると考える方もいますが、

正確にはスマホやパソコンを集中してみていることで

まばたきの回数が減ることからドライアイになるんです。

 

不眠

ブルーライトから不眠がどう繋がるのか?って思いますよね。

 

実は結構関わりがあって、長時間ブルーライトを浴びることで

サーカディアンリズム(体内時計)が乱れが起き、

自律神経系や内分泌系、免疫系に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

簡単に説明しますと、ブルーライトを浴びていると

脳が「朝だ」と勘違いして睡眠に関わるホルモン分泌を

抑えてしまうってことですね。

 

反対にブルーライトを浴びなければ脳は「夜だ」と

判断して睡眠に関わるホルモン分泌を行います。

 

寝る前にスマホやパソコンを触るのは控えると

不眠になる可能性が低くなると言えますね。

 

さて、ここまでくるとブルーライトについて

分かってもらえたかと思います。

ブルーライトは強力な光であるため、

対策する必要があるのです。

 

画面の明るさを変えるだけでもブルーライト対策になる

対策を挙げるとしたら

  • 画面輝度(明かり)を下げる
  • ブルーライトカットを使用する

の2つになります。

画面輝度を下げることで、光の影響自体が小さくなるので効果ありです。

次にブルーライトカットの使用ですが、

これは様々な方法があるので順番に紹介していきます。

 

スマホならブルーライトカットのアプリを入れることができます。

僕が実際に使用しているアプリは無料配信されている

ブルーライト軽減フィルター」です。

 

googleストアから「ブルーライト軽減フィルター」で

検索をかけると出てくるのでインストールします。

 

 

 

ブルーライトカット率60%にした画面が右の画像となります。

これは結構使ってて目が疲れにくく感じたのでおすすめです。

 

他にはスマホ画面に貼る保護フィルムタイプがあります。

スマホショップやドン・キホーテとかで販売されてますよ。

パソコンの場合は、ブルーライトカットのメガネ(PCメガネ)を

使用することが対策になります。

普通のメガネと異なって、

レンズがうっすら黄色っぽくなっているのが特徴。

ブルーライトカット率15%~75%が出回っています。

 

↓ブルーライトカットメガネについてはこちらをどうぞ

【パソコンに最適!】ブルーライトカットメガネの特徴やオススメの軽減率

 

それと、

「メガネだから高そう」ってイメージもありますが

そんなことはありません。

100均などでもPCメガネが購入できるくらいです。

僕も学生時代に実際使用していましたし。

 

しかし、100均というのもあってデザインは否めません…

遠目から見てる分には問題ないですが、

近くで見ると安物って感じはあります。

 

デザインも気にするのであれば、

メガネ屋での購入をおすすめします。

大体3000円程で購入することができますよ。

 

最後に

ブルーライトについてや影響など書きましたが

目はとても大事です!視力低下とか嫌ですもんね。

ネット社会になってきたからこそちょっとした対策が大事。

画面見つめるときにかけるだけで

健康が保たれるかもしれませんよ。