どうも!チカゲです(^^ゞ

 

ネット社会の今、ブルーライトって言葉を

よく耳にしませんか?

 

ブルーライトというのはスマホやテレビから

発せられる光の一部であり、

実は体に結構な影響があるんですよ。

 

スマホやパソコンをよく触る人で

最近眠れなくなったって経験ないですか?

もしかするとブルーライトが関係しているかも?

 

今回は長時間浴びることで不調にも繋がる

ブルーライトについて書いていきます。

 

ブルーライトは対策をしておけば

長時間画面を見ることになっても

軽減することができますよ。

スポンサーリンク

ブルーライトはとても強い光!

ブルーライトは青色光のことで、

可視光線(人の目で見ることができる光)の中で

もっとも波長が短く、紫外線ともとれる

強いエネルギーを持っています。

 

可視光線の波長は400nm~780nmであるところ、

ブルーライトは380nm~500nm

可視光線の範囲を超えているのです。

 

紫外線ともとれるブルーライトを

日常生活の中だとスマホやパソコン、

LED照明などから自分たちは目にして

いるんですよね。

 

どれも現在の暮らしにはほぼ欠かせないし

全く浴びない生活っていうのは難しい…

 

ブルーライトは目や睡眠への影響あり!?

便利な世の中から切っても切り離せない

ブルーライトには体への影響が主に2つ

あります。

 

主な体への影響
  • 目の痛み・疲れ
  • 不眠

 

特に不眠はかなりの影響があって

一度不眠症になってしまうとなかなか

治せません。(本人談)

 

目の痛み・疲れ

症状や原因は以下のようになります。

  • 波長が短く散乱しやすいことから脳がピント合わせに苦労する。
  • 光のエネルギーの強さから、瞳孔を縮めるのに目の筋肉を酷使し、目や肩、首の凝りが発生してしまう。

 

ブルーライトの影響でドライアイになると

考える方もいますが、正確にはスマホや

パソコンを集中してみていることで

まばたきの回数が減るからドライアイに

なるんです。

 

ドライアイにならないためにも

目薬などを常備しておくといいですよ。

僕個人としては愛用しているデジアイ

おすすめとなります。

 

デジアイについては次の記事で

細かく紹介してますのでご覧ください。

デジアイの効果は抜群!?パソコンを触るならこの目薬!

 

 

不眠

ブルーライトと不眠がどう繋がるのか?

って思いますよね。

 

実は結構関わりがあって、長時間ブルーライトを

浴びることでサーカディアンリズム(体内時計)が

乱れてしまい、自律神経系や内分泌系、免疫系に

悪影響を及ぼしてしまいます。

 

簡単に説明すると、長時間のブルーライトを

浴びていると脳が「朝だ」と勘違いして

睡眠に関わるホルモン分泌を抑えてしまう

ってことです。

 

反対にブルーライトを浴びなければ脳は

「夜だ」と判断して睡眠に関わる

ホルモン分泌を行います。

 

寝る前にスマホやパソコンを触るのを

控えると不眠になる可能性が低くなると

言えますね。

 

ブルーライトは日常生活に支障が出るほど

強力な光であるため、対策する必要があります。

 

不眠症対策としてはリラックス状態を作る

ことが大切で、以下の記事で対策について

書いてありますのでよければご覧ください。

疲れ目に最適なめぐりズムとたった10秒で作れるホットタオルとは?

 

画面の明るさを変えるだけでもブルーライト対策になる

ブルーライトの対策は意外と簡単に

行うことができます。

 

対策例を挙げるとしたら

  • 画面輝度(明かり)を下げる
  • ブルーライトカットを使用する

の2つになります。

画面輝度を下げることで、全体的な光の

影響が小さくなるので効果ありです。

 

次にブルーライトカットの使用ですが、

スマホならブルーライトカットのアプリを

入れることができます。

 

僕が実際に使用しているアプリは

ブルーライト軽減フィルター」です。

 

googleストアで無料ダウンロードが可能な

アプリで検索をかけるとすぐ出てくるので

是非入れてみてください。

 

 
左:フィルター無し
右:フィルター有り

 

ブルーライトカット率60%にした場合の

画面が右の画像となります。

このアプリだと設定も簡単に行えるうえ、

実際に長時間使用してて目が疲れにくい

感じたのでおすすめします。

 

他にはスマホ画面に貼る保護フィルムタイプ

あって、スマホショップなどで販売されてます。

パソコンの場合は、ブルーライトカット効果のある

メガネ(PCメガネ)の使用で対策になります。

普通のメガネと異なって、レンズが

うっすら黄色っぽくなっているのが特徴。

一般的にはブルーライトカット率が

15%~75%と幅広い種類があります。

 

ブルーライトカットメガネについては

こちらの記事をご覧ください。

ブルーライトカットメガネの特徴やオススメの軽減率について

 

「欲しいけどメガネだから高そう」ってイメージも

ありますがそんなことはありません。

100均などでもPCメガネが購入できます。

僕も学生時代に実際使用していたので

性能としてはそこまで問題ないですよ。

 

しかし、100均という量産型となるので

デザインは否めません…

遠目から見てる分には問題ないですが、

近くで見ると安物って感じはあります。

 

デザインも気にするのであれば、

メガネ屋での購入をおすすめします。

大体3000円程で購入することができますよ。

 

ブルーライトは体への影響が大きく対策をきちんと行う必要がある!

今回、ブルーライトがどういうものか、

体への影響は?などを書きましたが

どうだったでしょうか?

 

誰しもが思うことで目はとても大事!

視力低下とか嫌ですもんね。

 

ネット社会になってきたからこそ

普段からのちょっとした対策が大事です。

 

目薬の常備やPCメガネを用意しておくなど

長時間画面見つめるときの対策をしておく

ことで健康を保つことができます。

 

目薬だけでもかなり変わるので是非

薬局等で買って試してみてください!