どうも!チカゲです(^^ゞ

 

突然ですが、あなたはどのような

キーボードをお使いですか?

 

「ノートパソコンだしキーボードとかね…」

「文字打てれば何でもいいんじゃない?」

なんて思いますよね。

 

僕個人ですが、キーボードによって

文字の打ちやすさが変わると感じます。

サイズとかキータッチの軽さなど

 

ちなみに僕はiBUFFALOのBSKBU03シリーズというものを

使用中です。写真が記事作成の直前に撮ったもの。

もう4年近くも使用してますがしっかり現役です。

 

そこで今回は、

キーボードの選ぶ基準を

紹介したいなと思います!

スポンサーリンク

キーボード選びは7つの点に着眼すれば確実

もちろん個人によって判断基準は変わってきますが

僕個人として以下の点でキーボードを選んでいます。

  • 全体サイズ
  • キーサイズ
  • テンキーがあるか
  • 有線か無線
  • キータッチ
  • 値段
  • 接続時のドライバー有無

思いついたものを並べてみたので

順番はあまり気にしないでください(笑)

 

意外と見る点は多いですが、

この中からピックアップしても

全然大丈夫です。

 

では、挙げた順番に見ていきましょうか。

 

全体サイズ

まずは、一番見て感じる全体サイズ。

様々ありますが、並べてみると

  • 45cm
  • 40cm
  • 35cm
  • 30cm
  • 22cm

これだけでも5種類ほどありますね。

45cmは学校でも使用されることの多い

一般的なサイズです。

35cmでコンパクトサイズと呼ばれています。

 

僕のキーボードが35cmほどになるので

コンパクトサイズに分類されますね。

 

手の大きさも結構関わると思うので

手が小さめの人は35cmを選んでもいいかと思います。

 

キーサイズ

キーサイズは出来れば大きめの方がいいです。

誤打しやすくなりますからね。

それに誤打で打ち直すのは結構イライラしちゃうし(笑)

BSKBU03はそれぞれのキーサイズが19mmあるので

全体がコンパクトサイズでも結構打ちやすいです。

 

19mmは1円玉と比べて

一回り小さいくらいのサイズになるので

参考にでもどうぞ。

 

「このサイズだと打ちやすいだろうな」

といった大体の判断がつくかと思います。

 

テンキーの有無

画像右の赤枠の部分がテンキーです。

正直これはExcelとかで数値入力をする方でない限り

ほとんど不要だと思います。

 

一応となりますが、

テンキーが無いキーボードを購入後に

「テンキーが欲しい」ってなった場合は、

USB接続のテンキーが販売されているので

それを購入って形になります。

 

有線?or 無線?

有線タイプか無線タイプかというのは

結構気にする方が多いんじゃないでしょうか。

 

有線だと配線が…

無線だと電池が…

 

という感じになるので

 

「電池を気にしていられない!」

って方は有線タイプ

 

「パソコン周りがごちゃごちゃしたくない!」

って方は無線タイプ

 

という判断基準でいいかと思います。

 

僕の場合は電池気にしたくなかったので

有線にしてます(笑)

それに無線タイプは電池残量で

途切れやすいと感じたためです。

(1ユーザーの感想なので悪しからず…)

 

キータッチ

キーのタッチ具合ですが使っていて

結構好き嫌いが出てくるものです。

しっかりとキーが出ているタイプもあれば

 

あまりキーが出ていないものもあります。

 

しっかりキーを押した感触が欲しいのであれば

キーがしっかり出ているタイプで、

僕みたいに押しやすさ重視で考えているなら

あまりキーが出ていないタイプを購入すると

いいかもしれません。

 

値段

一番重視しそうな値段ですが、

一般的に販売されているキーボードは

約1000円~約3000円といったとこでしょうか。

 

ゲーミングキーボードとかになると

1万円を超えるものも普通にあります。

 

安さ重視で購入しても操作性に

あまり影響が出ないのが、

キーボードの強みだと僕は思います。

 

接続ドライバーの有無

ドライバーの有無って見逃しがちですが、

意外と重要です。

パソコン操作になれていない方が

ドライバーをホームページから取ってきて

インストールまでするのはわかりにくいし、

何よりめんどくさいです。

 

もし、購入されるなら

ドライバーインストール不要

といった文言が書かれているキーボードがオススメ。

USB接続すると自動で認識して使用できます。

 

最後に

結構個人的な意見が多く含まれましたが、

キーボードを購入する判断基準となれば幸いです。

 

特に気にしない場合であれば、

ドライバーインストールが必要かどうかだけでも

気にかけると購入後に楽ができます(笑)

 

あまり、値段で性能の差というのもありませんので

キータッチやサイズなど自分に合ったキーボードを

見つけられるといいですね!