どうも!チカゲです(^^ゞ

 

あなたはバイクに乗る際、

手袋はどうしてますか?

 

バイク屋で装備一式購入したり、

適当に手袋見つけて購入したりなど

あると思います。

 

僕は運転していた当時は

ユニクロで売られていた

撥水加工の手袋を使用していましたが…

 

今回はどういった手袋がいいのか!

について記事を書いていきます。

 

スポンサーリンク

手袋は防寒から怪我の防止まで様々な役割を果たす

まず、手袋ってどういった役割があるのか?

ってところからです。

 

主な役割として

  • 手汗による滑り防止
  • 転倒時などによる擦り傷防止
  • 寒さ対策

だと僕は思います。

 

意外と運転中に風を受けている状態でも

手汗ってかくもので、スロットルを捻ろうとした時に

ツルっとなることがあります。

それで、バランスを崩して転倒してしまう

可能性があるんですよね。

 

また、転倒してしまった時に素手であると

擦り傷になってしまうため手袋を着用する

というのも理由になります。

 

最後の寒さ対策ですけど

バイクで車と同じ速度で走っていると

風の影響は直に受けますよね。

夏であれば問題ないですけど、冬になると

指先の感覚がなくなるくらい冷えます。

 

痛くなるし、とっさのブレーキといった場面で

指先が動かなくて間に合わないってことになる

可能性もありますからね。

 

こうして挙げてみると手袋は

かなり重要な装備ですよ。

 

手袋はデザインと機能で選ぶべき

先ほどは手袋の重要性がどうであるか

書きましたけど、じゃあどの手袋がいいの?

ってなります。

 

デザインはもちろんですけど、

それ以外で欲しいと思う特徴は3点

  • 撥水加工であるか
  • 防寒性
  • 袖を覆えるか

 

撥水加工は雨が降った時、

手袋が中まで濡れてしまうかです。

濡れてしまうと冷たくなりますし、

何よりつけてて嫌な感じになりますから。

 

次に防寒性。

これは走っていても指先が冷えないか?です。

冬に乗るのであればインナーボアが

ついているものがいいですね。

 

最後に袖を覆えるか。

これは手袋が袖を覆えるかってだけです。

覆うだけで肌の露出が無くなり

寒さ対策にもなるし、

怪我への対策にも繋がります。

 

最後に

手袋の役割について書きましたが、

挙げた点を満たしていれば

一般的な手袋でも問題ないと思います。

また、手袋を二重にするだけでも全然違います。

 

怪我対策や寒さ対策など

しっかりして楽しいバイクライフを

送ってください!