どうも!チカゲです(^^ゞ

 

バイク走行時のハンドルの滑り止め対策や転倒時の衝撃などから手を守ってくれたりなどとライダーであれば必ずお世話になるであろう手袋やグローブ。

 

あなたはバイクに乗る際の手袋はどのようなのを基準に選んでいますか?

 

バイク屋でヘルメットやプロテクターなどと一緒に装備一式で購入したり、適当に手袋見つけて購入したりするなどがあるかと思います。僕が運転していた頃はユニクロで売られていた撥水加工の手袋をメインに使っていて暖かさを基準に選んでいました。

 

しかし、暖かくても転倒時にはケガをしてしまうので丈夫なものがいいなど、手袋やグローブ選びは結構重要なのです。そこで今回は手袋を選ぶ際にここを基準にした方がいいという記事を書いていきます。

 

手はバイクを操る最も大事な部位です。暖かさも大事ですが動かしやすさや丈夫さなどしっかりと見ていただいて今後の手袋選びの参考にしてみてください。

手袋は防寒から怪我の防止まで様々な役割を果たす

まず、バイクを運転する際の手袋ってどういった役割があるのか?ってところからです。

 

主な役割として

  • 手汗による滑り防止
  • 転倒時などによる擦り傷防止
  • 風や雨による寒さ対策

だと僕は思います。

 

意外と運転中に風を受けている状態でも握りっぱなしになっていると熱がこもって手汗をかきます。その手汗をかいた状態でスロットルをひねろうとした時たまにツルっとなることがあるんです。ただ単にツルっと滑るだけならいいですが、走行姿勢の崩れに繋がるのでそのまま転倒してしまう危険性もあるんですよね。

 

また、転倒してしまった時に素手の状態だと地面と手で思いっきり擦りむいて酷い擦り傷になってしまうことも…

 

脅しではありませんが、素手での走行中による転倒は「おろし金で自分の手をこするようなもの」ってイメージを持つといいでしょう。

 

ちょっとした擦り傷で済めばいいですが、ひどいと指が無くなる可能性もありますからね。たかが擦り傷ですが大けが防止のために手袋を着用するというのが理由になります。

 

最後の寒さ対策ですが、バイクで車と違って風を直に体に受けます。夏であれば問題ないですけど、冬になると指先の感覚がなくなるくらい冷えます。痛くなるし、とっさにブレーキをかけるといった場面で指先が動かなくて間に合わないってことになる可能性もありますし。

 

こうして挙げてみると手袋は安全に走行するうえでかなり重要な装備って思えますよね!

 

手袋はデザインと機能で選ぶべき?

先ほどは手袋の重要性ってめちゃくちゃありますよねって感じで書きましたけど、「じゃあ選ぶならどの手袋がいいの?」ってなるかと思います。

 

もちろんデザインも入りますけど、それ以外で欲しい特徴は次の3点

  • 撥水加工であるか
  • 防寒性が高い
  • 裾が長く袖で覆えるか

 

手袋の撥水加工で中までビチャビチャに濡れてしまうことを回避!

撥水加工がしっかりしている手袋なら多少の雨が降ったとしても手袋が中まで濡れてしまう心配はありません。防水があまりされていないものだと雨で濡れてしまって走行中の風でより冷たくなります。手の体温が急に持っていかれる感覚になりますし、何よりベチャという感覚はつけてて不快でもありますね。

 

次に防寒性になりますが、これは走っていても指先が冷えないかってことになります。冬に乗るのであればインナーボア(裏起毛)がついているものがいいですね。

 

最後に服の袖で手袋の裾を覆えるのかについてです。文字通りとなりますが袖で手袋を覆うだけでも肌の露出が無くなり寒さ対策にもなります。他にも転んだ際に袖がめくれて、擦り傷につながる怪我も防げるのでオススメです。

 

とにかく肌を露出しなければ擦り傷ができる可能性も結構減りますし、熱が逃げないので暖かいってことですね!

 

最後に

手袋の役割について書きましたが、挙げた点を満たしていれば一般的な手袋でも問題ないと思います。もし、それらしい手袋を持っていないのなら手袋を二重にするだけでも暖かさは全然違いますよ。ただし、厚みによっては指が若干曲げにくいなどのデメリットがありますので注意してくださいね。

 

それでは、手袋よる怪我対策と寒さ対策をしっかりして楽しいバイクライフを送ってください!

スポンサーリンク