どうも!チカゲです(^^ゞ

 

以前、バイク免許取得までの

大まかな流れについて説明しましたが、

ちょっとしたアドバイスが

あるといいかなと思い

今回記事にしました。

 

豆知識感覚で読んでもらっていいので

気楽に読み進めてください。

 

スポンサーリンク

免許を取りたいと思ったら

まず、自分がどの免許を取得したいのか

というのを確認してください。

 

例えば250ccのバイクが乗りたいから

普通自動二輪免許を取るぞ!

って感じで

 

乗りたいバイクの排気量から

それにあった免許という考えです。

 

250ccのバイクが乗りたいのに

小型限定の免許をとっても

運転できませんから!

 

教習所に問い合わせて入校手続きをする

取る免許が決まったら、

次は教習所へ問い合わせです。

場所に関しては自分が

通いやすい教習所がいいです。

 

普通自動車免許の有無もありますが

約2ヶ月近く通うことになるので

遠い場所だと結構な負担になります。

 

また、大型自動二輪免許は

教習所によっては行っていないので

事前に教習があるかの確認は必要です。

 

手続きは印鑑、住民票、保険証といった

本人確認ができるものを

持参する必要があります。

 

実際に教習所に通い始めたら

いざ教習所に通い始めたら

学科を積極的に受講するのがオススメ。

 

技能は担当教官との

日程が合わないと進みません。

 

教官一人で何人もの生徒抱えているから

当然、自分の予定だけでは

受講できないですからね。

 

そこで、先に学科を受講しておけば

技能教習が入った時、

この学科受けないといけない!

ってことが無いので

スムーズに講習が進めます。

 

また実習の場合、

かかとがある靴が必須。

これはAT限定でもです。

 

僕が通っていた教習所では、

靴がない人は長靴を借りて

運転してました。(チカゲも含む)

 

過ぎたことだから言うけど

ダサかった(笑)

 

靴は持参しましょう。

卒業検定の様子

いざ卒業検定を受けるってなったとき

「卒業検定はどのような状況で行うの?」

って思うかもしれないので

ここで軽く書きたいと思います。

 

自動車の場合は

教官が助手席に座りますが

バイクの場合、

後ろから追ってくる状態になります。

 

後ろから追ってくるとなると

何をすればいいの?

ってなるかと思います。

 

やることは

事前に決まっているルートの走行。

ルートは運転する前に確認します。

 

ただし、ルートを間違えると

減点対象になるので

ルート暗記も必要になります。

 

卒業検定はルート暗記も必要って

事前に知っていたら

当日に対処しやすいと思います。

 

最後に

今回のちょこっとアドバイスは

どうだったでしょうか。

意外と役に立つんじゃないかと

思っての記事でした。

 

へぇ~知らなかったって

思ってもらえると嬉しいです!