どうも!チカゲです(^^ゞ

 

バイクって楽しそう、興味ある!

だけど免許がよくわからない…

って思ったことありませんか?

 

バイクと言っても

小型二輪とか大型二輪とかで

必要な免許が違ってきます。

 

もし、乗りたいバイクが見つかっても

これってどの免許で乗れるの?って

最初はなると思います。

 

カタログを見て

50cc?

250cc?

750cc?

何それ?

全然わからないよ!

 

そこで、今回は

簡単にだけど免許の分け方について

書いていきます!

 

スポンサーリンク

主な免許

バイクの免許は4種類あります。

  • 原付免許
  • 小型限定自動二輪免許
  • 普通自動二輪免許
  • 大型自動二輪免許

名前だけ見ると

漢字だらけで難しそう…

って思うかもしれないけど

難しくはないので気楽に

見てもらっても大丈夫ですよ。

 

原付免許

原付って言葉はほとんどの人が

聞いたことがあるでしょ?

よく街中で走っている小型バイク。

画像の様なスクーター型が一般的です。

 

原付免許で運転できるバイクは

50cc以下のバイクになります。

※ccとは排気量のこと

 

写真と同じ車種のスクーターが

今でも実家に残ってます。

とっくに自賠責とか切れているので

乗ることはできませんが…

 

小型限定自動二輪免許

小型限定と呼ばれることが多い免許。

小型限定自動二輪免許で運転できるバイクは

125cc以下のバイクとなります。

 

小型限定は免許費用の安さや

教習の手軽さから結構オススメです。

 

また、小型自動二輪車両の場合は

ナンバープレートが黄色とピンクで表されます。

 

排気量が

50cc~89ccなら黄色

90cc~125ccならピンク色

見たらすぐわかるので豆知識程度に

覚えておくのもいいかもしれないですね!

 

普通自動二輪免許

小型と大型の間であるため

中型と呼ばれることもあります。

普通自動二輪免許で運転できるバイクは

400cc以下のバイクとなります。

 

僕の愛車であったフォルツァZ君は

この免許の区分に入ります。

 

250ccや400ccのバイクは

小型限定で運転できるバイクから

一気にサイズも大きくなるので

乗り始めは苦労すると思います(;^_^

しかし、その分走りが格段にいいです。

 

原付からフォルツァZに

ランクアップした際、

スロットルのひねり具合の

調整が難しかったものの

簡単に速度が出る

爽快感があったほど。

 

 

大型自動二輪免許

最後に大型自動二輪免許。

この免許取れば全てのバイクを

運転することができます。

 

僕が乗りたいと思っている

ハーレーダビッドソンは

大型自動二輪免許が必要になるので

いつか取りに行きたいと思ってます。

 

しかし、大型自動二輪の場合

教習を行っていない自動車学校もあるので

事前に教習があるかどうか

確認しておくのが必要です。

 

ATとMTについて

ここで注意!

原付免許以降は

AT限定とういうものが

それぞれ免許にあります。

 

AT限定は言葉のとおり、

AT仕様のバイクしか乗れません。

限定が無ければMT仕様のバイクにも

乗ることができます。

 

ATとは「オートマチック・トランスミッション」のこと

MTとは「マニュアル・トランスミッション」のこと

 

ATはギアの操作が必要ありません。

MTは自分でギア操作を行います。

 

これだけだとわかりにくいので

想像しやすいもので例えると

自転車のママチャリとマウンテンバイク

 

ママチャリはただ漕ぐだけ。

しかし、マウンテンバイクは

走っているとギア1⇒ギア2って

変えたりしますよね?

 

こういう操作がバイクにもあって

免許も分けられているんです。

 

AT限定ってデメリットしかないじゃん!

って読んていて思うかもしれないですが、

教習費用のメリットがあります。

 

僕が実際に確認した時の費用ですが

AT限定でとる場合、限定無しと比べて

約2万円教習費用が安かったです。

 

それと実技の講習時間も

3、4時間分短かめでした。

 

費用や時間をとるなら

AT限定の方がいいってことです。

 

まとめ

意外とバイク免許の分け方って

簡単だなって思えたのではないでしょうか。

 

バイクは排気量によって

必要免許が分けられます。

 

原付は50cc

小型限定は125cc

普通自動二輪は400cc

大型自動二輪は全て

と覚えておくといいですよ。

 

個人的に普通自動二輪免許を取得すれば

乗れるバイクの視野が格段に増えるので

オススメ。

 

また、免許ごとの費用とか時間といった

詳しい内容も記事にしていきたいと

思っています。