どうも!チカゲです(^^ゞ

 

パソコンの中身について

興味が出てきたのはいいけど、

パソコンの必要最低限のパーツって何?

って疑問はありますよね。

 

僕みたいにまだほとんど知識のないって方が

無作為に調べても混乱するだけだし…

 

今回はパソコンを構成するうえで

必要となる基本的なパーツは何なのか?

という必要最低限の記事を

書いていこうと思います。

スポンサーリンク

パソコンに必要なパーツはたった6種類

パソコンを動かすのに必要なパーツは

  1. マザーボード
  2. CPU
  3. HDD(ハードディスク)
  4. メモリ
  5. 光学ドライブ
  6. 電源

思ったより少ないです!

 

他にももっとパーツが必要なのでは?って

思いますけど、実際これだけで動くので

ハードルが低く思えますね。

 

マザーボード

まず、パソコンを構成するうえで

一番の基礎とも言えるマザーボード。

 

人間で言う「身体」にあたる部分で

他のパーツと接続していきます。

 

マザーボードについては

【簡単に知りたいシリーズ】マザーボードの性能・選び方

 

CPU

CPU(シーピーユー)はパソコンの処理に

関わるパーツになります。

動画や音楽の再生、インターネットの利用

といった操作の裏でCPUが莫大な計算

しているんですよね。

 

人間で言うと

「脳の計算する部分」となります。

 

CPUについては以下記事となります。

【簡単に知りたいシリーズ】CPUの性能・選び方

 

HDD

HDDはデータを保存するパーツになります。

人間で言うと

「脳の記憶する部分」になります。

しかし、人間の脳と同じように

記憶できる量には限界があります。

※ものすごく記憶力のいい人は別です

 

HDDについては以下記事となります。

【簡単に知りたいシリーズ】HDDの性能・選び方

 

メモリ

メモリは作業を行う机のようなものです。

しかし、机というイメージだと

まだ漠然としてるので僕なりのイメージ。

 

机の上で2つ同時に作業を行おうとしたとき、

机の大きさが小さいとお互い作業するのに

必要な場所を取り合ってしまい

作業がなかなか進みませんよね?

 

メモリというのは

作業する机の広さってなります。

大きいほど同時に行える作業が増えます。

 

メモリーについては

【簡単に知りたいシリーズ】パソコンメモリーの性能・選び方

 

光学ドライブ

CDとかDVDなどのディスクを

読み込みや書き込みを行うパーツです。

 

パソコンを使うのにOSというものを

入れないといけないのですが、

OSはディスクからインストールするので

光学ドライブが必要になるんです。

他にもデータのバックアップ

使うことになります。

 

何で光学ドライブが必要なの?

最低限のパーツなら必要ないんじゃ?

という疑問を持ってました。

 

OSをディスクからインストールするって

行程を忘れていたので反省です。

 

電源

パソコン自体は機械なので、

電気がないと動くことは出来ません。

 

そして、電源は各パーツへと

電気を送るパーツとなるのです。

 

これは、心臓とも言えますね。

 

電源ユニットについては

【簡単に知りたいシリーズ】電源ユニットの性能・選び方

 

パソコンは+αの部分も重要!

パソコンを構成するうえで

必要なパーツは全部で6点です!

 

普段使用しているパソコンって

意外と中身が単純なのでは?

と思えてもらえると嬉しいです。

 

しかし、実際には挙げたもの以外にも

中身は詰まっています。

 

6点は骨組みのようなもので本格的に

パソコンを作ろうとすると、

他にも必要となるパーツがそこらかしこに…

(SSDやグラボなどなど)

 

少しずつ記事にしていけるよう

他のパーツに関しても勉強していきます!